代替プロテイン

オーストラリアのVowが約67億円を調達、来年始めにシンガポールで培養肉発売へ

 

オーストラリアの培養肉企業Vowは、シリーズAラウンドで4920万ドル(約67億円)を調達した。ラウンドはBlackbirdProsperity7 Venturesが主導し、Toyota VenturesSquare Peg CapitalPeakbridgeTenacious Venturesが参加した。

このニュースは工場開設に続く発表となる。Vowは10月、オーストラリア、ニューサウスウェールズ州シドニー郊外のアレクサンドリアに年間30トンの培養肉を生産できる同社初の工場「Factory 1」を開設した

Vowは資金調達にあわせ、培養肉ブランド「Morsel」の立ち上げも発表した。国際的なシェフと協力して作成された「Morsel」は培養ウズラ肉であり、来年初めにもシンガポールの高級レストランで発売される見込みだという。これまでに培養肉の販売認可を取得したのはアメリカのイート・ジャストに限られるが、第2の企業が登場する可能性が高まってきた。

現在、「Morsel」の専用サイトでは予約を受け付けている。

多くの培養肉企業が牛肉、豚肉、鶏肉を開発対象とするのに対し、Vowはカンガルー、アルパカ、ヤギ、スイギュウなど一般には食されない種の培養肉を開発することで他社との差別化を図っている。

出典:Vow

テッククランチの報道によると、「Factory 1」では数日間で1キログラム~10キログラムの培養肉を生産しているという。Vowは2024年に既存工場の100倍の培養肉を生産できる「Factory 2」を稼働することを計画しており、今回の資金調達はスケールアップ促進にあてられるだろう。

オーストラリア・ニュージーランド食品基準機関(FSANZ)担当者によると、オーストラリアでは申請から認可が下りるまでの期間は約1年間とされている

VowのCEO兼共同創業者のGeorge Peppou氏はテッククランチに対し、今後1年以内にシンガポールとオーストラリアで「Morsel」を販売できると見込んでいることを語っている。これに対しアメリカについては、規制の枠組みが不明瞭な部分があるとし、市場投入のタイミングは予測できていないという。

Vowは工場、資金、母国とシンガポールでの認可待ちに加え、もう1つの武器を有している。

同社は精密発酵で脂肪を開発するオーストラリアのNourish Ingredientsと提携しており、肉の風味に欠かせない脂肪を培養肉に組み込むことができる。Nourish Ingredientsとの提携により、Vowの提供する培養肉は動物肉の模倣にとどまらず、動物肉を上回る食体験を提供できる可能性を秘めている

イート・ジャストに続き、シンガポール進出を目指す培養肉企業はVowだけではない。オランダのMeatableモサミートは10月、相次いでシンガポールの培養肉製造受託認可を有するCDMO、Esco Asterとの提携を発表した。Meatableはシンガポールレストランとの培養ハイブリッド肉製品の開発を進めており、次に認可を取得する企業に注目が集まっている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vow(@itsjustvow)がシェアした投稿

 

参考記事

Vow’s first cultured meat product close to Singapore unveiling after $49.2M Series A

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Vow

 

関連記事

  1. 培養サーモンの米Wildtype、レストラン・小売との提携を発表…
  2. ShiruがAIプラットフォームで開発した最初の製品「OleoP…
  3. 3Dプリンター製サーモンを開発するRevo Foodsが約1億9…
  4. 伝統的なチーズ製法で植物チーズを開発するデンマーク企業FÆRM
  5. 鶏を使わずに卵白タンパク質を開発するフィンランド企業Onego …
  6. カナダのBurcon NutraScienceはヒマワリの圧搾粕…
  7. Ÿnsectのミールワームタンパク質、アメリカでペットフード製品…
  8. 米Atlantic Fish Co、世界初の培養ブラックシーバス…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

代替母乳を開発するTurtleTreeがシリーズAで約34億円を調達

シンガポール、アメリカを拠点とする代替母乳企業TurtleTreeがシリーズAラ…

藻類で培養肉用培地のコストダウンを図る東京女子医科大学、培養廃液もリサイクル

2021年8月29日に第3回細胞農業会議(日本細胞農業協会・培養食料研究会主催)…

細胞培養により持続可能で高品質なカカオを生産するCelleste Bio

イスラエルに拠点を置くCelleste Bioは、細胞培養により代替チョコレート…

細胞農業によるキャビア製造でGeneus Biotechがヴァーヘニンゲン大学と研究提携

細胞農業企業の多くが牛肉や鶏肉、チーズなどの製造に力を注ぐ中、高級食材であるキャ…

小麦胚芽由来の低コスト成長因子を開発する名大発スタートアップNUProteinの挑戦

食糧危機・環境問題の解決策として期待される培養肉の生産コスト低減を目指して、コム…

規格外・余剰農産物のB2B販売プラットフォームを提供するFull Harvestが約26億円を調達

規格外・余剰の農産物をB2Bで販売するプラットフォームを構築するFull Har…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/18 12:26時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/17 21:43時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/18 01:20時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/17 18:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/18 11:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/17 21:15時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP