Foovo Deep

GOOD MeatとADMが戦略的パートナーシップを締結、培養肉生産を加速

 

世界で最初に培養肉販売を実現したイート・ジャスト傘下のGOOD Meatは17日、シカゴを拠点とする穀物加工大手のアーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(ADM)と共同開発合意を締結したと発表した。

ADMが培養肉企業と戦略的パートナーシップを締結するのはこれが初。

GOOD MeatとADMが培養肉生産の加速で提携

GOOD Meatの製造中のバイオリアクター 出典:GOOD Meat

イート・ジャストの共同創業者兼CEOのジョシュ・テトリック氏は「この提携は、生産コストの削減、特に細胞に供給する栄養素のコスト削減に焦点をあてている。現在の生産能力は数百万ポンドではなく、数千ポンドだ。この提携は、シンガポール、アメリカ、ほかの地域で数千万ポンドの大量生産を加速させる鍵となる」とコメントしている。

牛や鶏などの動物がトウモロコシや大豆などの飼料を消費して、アミノ酸、ビタミン、脂肪などの栄養素を吸収するように、培養肉の生産でも細胞には、品質、コスト、量の点で最適な増殖培地が必要となる。

増殖培地からアミノ酸、ビタミンなど必要な栄養を得た細胞は成長、増殖して培養肉になる。GOOD Meatの生産プロセスでは、肉の形状やより繊維質のある肉厚な食感を再現するために、3Dプリンティング技術と、温度と圧力勾配を利用した押出成形技術を利用している

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:GOOD Meat

 

関連記事

  1. ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rap…
  2. インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2…
  3. 米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerToma…
  4. 【世界初】The EVERY Companyが動物由来の卵と同等…
  5. シンガポール展示会(Agri-Food Tech Expo As…
  6. 昆虫で食品廃棄物をアップサイクルするLIVIN Farmsが約8…
  7. Big Idea Venturesの第3コホートに参加する15社…
  8. アニマルフリーなチーズを作るChange Foodsが約2.3憶…

おすすめ記事

砂糖削減に取り組むBetter Juice、ドイツにパイロット施設の設置を発表

砂糖削減テックに取り組むイスラエルのBetter Juiceは、ドイツにパイロッ…

培養油脂のMission Barnsが食肉加工企業と提携、培養ソーセージのスケールアップ生産を完了

植物性原料を使った代替肉が普及するなか、代替肉をより本物に近づける試みとして、細…

「本物のようにほぐれる」ホールカットの代替タラを開発するアイルランド企業Sea&Believe

アイルランドのスタートアップSea&Believeは、ビーガン向けホール…

米Jellatech、細胞培養によるⅠ型コラーゲンの生産に成功|動物を犠牲にしない「本物のコラーゲン」

アメリカ、ノースカロライナ州を拠点とするJellatechは、独自の細胞株の培養…

ドイツのAlife Foodsがアニマルフリー培養培地を用いて培養シュニッツェルを開発

ドイツのフードテックスタートアップAlife Foodsは、欧州のスパイス大手F…

3Dプリンターを活用する上海企業CellXが培養豚肉のサンプルを発表

3Dプリンターを活用して培養肉を開発する中国の培養肉企業CellXが培養豚肉のサ…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/30 20:07時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(11/30 13:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(11/30 06:10時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(11/30 16:04時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP

Fatal error: Uncaught wfWAFStorageFileException: Unable to save temporary file for atomic writing. in /home/xs648694/foodtech-japan.com/public_html/wp-content/plugins/wordfence/vendor/wordfence/wf-waf/src/lib/storage/file.php:35 Stack trace: #0 /home/xs648694/foodtech-japan.com/public_html/wp-content/plugins/wordfence/vendor/wordfence/wf-waf/src/lib/storage/file.php(659): wfWAFStorageFile::atomicFilePutContents('/home/xs648694/...', '<?php exit('Acc...') #1 [internal function]: wfWAFStorageFile->saveConfig('livewaf') #2 {main} thrown in /home/xs648694/foodtech-japan.com/public_html/wp-content/plugins/wordfence/vendor/wordfence/wf-waf/src/lib/storage/file.php on line 35