Foovo Deep

GOOD MeatとADMが戦略的パートナーシップを締結、培養肉生産を加速

 

世界で最初に培養肉販売を実現したイート・ジャスト傘下のGOOD Meatは17日、シカゴを拠点とする穀物加工大手のアーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(ADM)と共同開発合意を締結したと発表した。

ADMが培養肉企業と戦略的パートナーシップを締結するのはこれが初。

GOOD MeatとADMが培養肉生産の加速で提携

GOOD Meatの製造中のバイオリアクター 出典:GOOD Meat

イート・ジャストの共同創業者兼CEOのジョシュ・テトリック氏は「この提携は、生産コストの削減、特に細胞に供給する栄養素のコスト削減に焦点をあてている。現在の生産能力は数百万ポンドではなく、数千ポンドだ。この提携は、シンガポール、アメリカ、ほかの地域で数千万ポンドの大量生産を加速させる鍵となる」とコメントしている。

牛や鶏などの動物がトウモロコシや大豆などの飼料を消費して、アミノ酸、ビタミン、脂肪などの栄養素を吸収するように、培養肉の生産でも細胞には、品質、コスト、量の点で最適な増殖培地が必要となる。

増殖培地からアミノ酸、ビタミンなど必要な栄養を得た細胞は成長、増殖して培養肉になる。GOOD Meatの生産プロセスでは、肉の形状やより繊維質のある肉厚な食感を再現するために、3Dプリンティング技術と、温度と圧力勾配を利用した押出成形技術を利用している

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:GOOD Meat

 

関連記事

  1. インポッシブルフーズがオーストラリア・ニュージーランド進出へ向け…
  2. 誰もが食べられるグルテンを開発するUkko、食品アレルギーにパラ…
  3. Zero Cow Factoryが約5.2億円を調達|カゼインタ…
  4. 培養肉スタートアップのモサミートが約58億円を資金調達
  5. Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2…
  6. 酵母クリームのCultivated Biosciences、20…
  7. 精密発酵でアニマルフリーなチーズを開発する独Formoが約55億…
  8. イスラエルのEver After Foodsが「破壊的な」培養肉…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

培養魚のBlueNalu(ブルーナル)がヨーロッパ進出へ向け冷凍食品大手のノマド・フーズと提携

培養魚を開発する米BlueNalu(ブルーナル)がヨーロッパ進出へ向け動き出した…

イスラエルのChickPがひよこ豆由来のビーガンマヨネーズを開発

イスラエルのChickPが、ひよこ豆を原料とした植物性マヨネーズを開発した。…

バイオ3Dプリンターで代替肉を開発するスペイン企業Cocuusが約3.5億円を調達

スペインのスタートアップ企業であるCocuusは、プレシリーズAで250万ユーロ…

BlueNaluがアジアへの培養魚販売に向けて三菱商事、タイ・ユニオンと提携

培養魚を開発するアメリカ企業BlueNalu(ブルーナル)が、三菱商事、アジアの…

独GoodBytzが開発した1日3,000食を調理できるロボットキッチン

ドイツのスタートアップ企業GoodBytzは、1日最大3,000食を調理できるロ…

世界初!アレフ・ファームズが3Dプリンターで培養リブロース肉を開発

イスラエルのアレフ・ファームズ(Aleph Farms)が培養リブロース肉の3D…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/20 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/20 11:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP