ロボット

Moleyが自動調理ロボット「モーレイ・ロボット・キッチン」の販売を開始

 

調理ロボットを製造するイギリスのモーレイロボティックス(Moley Robotics)が、完全に自動化されたロボット・キッチン「モーレイ・ロボット・キッチン」の販売を発表した。

モーレイ・ロボット・キッチンとは、2015年に話題を呼んだ全自動調理のロボットキッチン。

2019年に販売するとされていたが、ホームページの情報は更新されずにいた。

このほど、5年の沈黙を経て、モーレイロボティックスはついに製品の発売を発表した

料理だけでなく後片付けもする調理ロボット・モーレイ

出典:Moley Robotics

モーレイ(Moley)は、料理だけでなく、料理後の片付けまでやってくれる。キッチンとシェフを融合させ、自動化した料理ロボットといえるだろう。

キッチンの上を右に左に動き、2本のアームを使って、鍋や材料を取り出し、混ぜる、切るのほか、蛇口をひねる、材料を注ぐ、皿に盛りつけるなどの作業ができる。

出典:Moley Robotics

2本のロボットアームがシェフの料理を再現する。アームに搭載されたカメラ・センサーで、食材がこぼれていないか常にチェックし、汚れを発見すると、内蔵されたUV光で滅菌する。

料理が完了したら、自分で片づけ、キッチンの表面をふき、消毒をしてくれる。

人が調理するときは、ロボットアームはキッチンの片側にしまうことができるので、キッチンの主役の座を奪われることはない。

調理器具の配置を正確に把握

モーレイは、どの調理器具が、どこに置かれているかをリアルタイムで把握する。

たとえ、置き場所が間違っていてもだ。

調理器具には特別な標識がつけられており、鍋、ポットや他の器具が配置されている場所を正確に把握する

キッチンの片側には調理スペースが設置され、必要な時に、自動で調理器具が出てくる仕組みだ。

出典:Moley Robotics

2015年の発表当初、作れるレシピは1つだけだった。

現在はレシピ数が30にまで増えており、毎月レシピは追加されて、最終的に5000個まで増えるという。

ユーザーはキッチンに内蔵されたタッチスクリーンから、好きなレシピを選ぶことができる。

すべての情報がタッチスクリーンに表示されるので、人が料理するときも、キッチンに接触せずに、引き出しを開けたり、器具や食材を探したりできる

キッチン全体を保護するスクリーン

出典:Moley Robotics

キッチン全体には、保護スクリーンがついているので、モーレイが調理中、熱湯がはねてやけどしたり、スープがはねたりして困ることはない。

モーレイが調理を開始するとスクリーンは自動で閉まり、人やペットが料理の「邪魔」をするのを防止する。自分で料理したい場合は、保護スクリーンは開けたままにできる。

必要な調理アイテムは自動で運ばれる

出典:Moley Robotics

キッチンの奥には器具を補完するスペースがあり、料理に必要なアイテムはすべて自動で運ばれる

このスペースも自動で開閉できる。複数のセンサーが搭載され、ロボットがリアルタイムで器具の場所を把握するのに役立っている。

温度を変えられる8つの冷蔵庫

キッチン上部には8つの冷蔵庫を内蔵。

出典:Moley Robotics

異なる食材を、温度を変えて保管することができる。

8つの冷蔵庫は自動で開き、ロボットでも人でも操作できる。

冷蔵庫に収容された材料容器の中身は、システムによって追跡されており、補充や交換のタイミングを教えてくれる

モーレイロボットキッチンの価格

モーレイは、家庭用と商業用どちらもターゲットとしている

販売されるタイプは2つで、

ロボットアームなしのモーレイキッチンは12万8000ポンド(約1700万円)

ロボットアーム付きのモーレイキッチンは24万8000ポンド(約3000万円)

100人のエンジニア、30人のキッチンデザイナーが協業し、5年をかけて開発された。関連特許は70にのぼる。

「テスラのように安くしたい」

モーレイによると、最初の購入者の詳細は公開されていないが、来年には「最初の購入者」がモーレイ・ロボット・キッチンを入手するという。

CEOのMark Oleynik 出典:Moley Robotics

家庭用としては家を買うような価格だが、CEOのMark Oleynikテスラの電気自動車になぞらえて、さらにコストダウンを実現したいと考えている。

テスラが最初、高価なロードスターを製造・販売してから、手の届くモデル3をリリースしたように、

「テクノロジーが進化するにつれて、テスラの電気自動車のように、大衆向けのさまざまな価格帯のバージョンを生み出していきたいと思っています」

と語っている。

家を1軒買えるほどのスマートキッチン、モーレイ。

10数年後には、5人に1人がモーレイに料理を作ってもらう時代になっているかもしれない。

参考記事

Moley’s Robotic Kitchen Goes on Sale

This robotic kitchen is the ultimate smart home gadget, but you can’t afford it

 

おすすめ記事

アイキャッチ画像の出典:Moley Robotics

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. Numilkが家庭用植物ミルクメーカーを発表、クラファンの累計支…
  2. xRoboticsのピザロボットがピザ店での試験運用を完了、80…
  3. 未来のバーテンダーはロボット?Rotenderはドリンクを大量に…
  4. パーソナライズ化された次世代自販機のBolkが約5億円のシード資…
  5. The Food Robotics Summit2021に登場し…
  6. ピザ自販機のカナダ企業PizzaFornoがアメリカへ進出
  7. 中国OrionStar(猎户星空)がバリスタロボットRoboti…
  8. 自律型サービスロボットを開発したBear Roboticsがシリ…

おすすめ記事

韓国の培養肉スタートアップSpace Fらが政府から助成金を獲得

韓国の培養肉スタートアップ企業であるSpace Fは、パートナー企業の4社ととも…

フランス・パリにPazziによるピザロボットレストランがオープン!

フランスを拠点とする食品スタートアップのPazziが、フランス、パリにピザロボッ…

世界初!シンガポールOsomeFoodが開発したマイコプロテイン由来の代替ゆで卵

シンガポールを拠点とするOsomeFoodは、世界初となるマイコプロテイン由来の…

培養肉企業アレフ・ファームズ、培養コラーゲン事業への参入を発表

※写真はアレフ・ファームズが2024年の上市を目指す培養コラーゲンのプロトタイプ…

植物の葉から食用タンパク質を開発するLeaft Foodsが約19億円を調達

代替タンパク質の原料は細胞培養、微生物発酵から、えんどう豆、大豆、オーツ麦など植…

培養ロブスターを開発する米Cultured Decadenceが約1億7000万円を調達、州政府による細胞農業企業への初出資

細胞農業スタートアップのCultured Decadenceがプレシードで160…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/05 18:34時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/06 12:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(07/05 23:47時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/06 14:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP