Foovo Deep

トッピングから焼き上げまで3分で完成するピザ自販機Piestro

 

新型コロナウイルスの影響により、人との接触を減らせる「次世代自販機」が海外では注目を集めている。

サラダを作るChowbotics、ラーメンを作るYo-Kai Express、スムージー専門のBlendidなどは、これまでの注文されたものだけを提供する従来型の自販機ではなく移動型レストランという方がふさわしい。

新型コロナの収束が見えない中、これら次世代自販機の黄金時代がまさに始まろうとしている。

特に、競争の激化が予想されるのがピザ市場だ。

このメディアでもBasil StreetPizzaFornoなどのピザ自販機を紹介してきたが、Piestroはまだ市場に出ていないものの、他社にはない差別化戦略で熱い自販機ピザ市場を狙っている。

トッピングからわずか3分でピザを焼き上げるPiestro

Piestroはキオスク型で、中に搭載されたロボットアームがピザ生地を回転させながら、ソース、チーズなどのトッピングを行う。

出典:Piestro

トッピングが完了したピザは加熱器に送られ、焼き上げられる。焼きあがったピザは箱に入れられ、自販機の前で待つ人に提供される。

ピザが完成するのにかかる時間は3分。注文は自販機のタッチスクリーン、アプリ、顔認証で行える。

Basil Street、PizzaFornoなどのように、注文を受けてトッピング済みのピザを焼くのではなく、その場でトッピングされて焼かれる点でレストランのピザにより近い

出典:Piestro

Piestroは現在試作品を開発している段階で、2つの市場参入戦略を考えている。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

  1. 培養魚のWanda Fishがタフツ大学と独占的ライセンス契約を…
  2. NotCoが約95億円を調達、食品業界向けのAIプラットフォーム…
  3. 微細藻類を活用するカナダのProfillet、ホールカットの植物…
  4. ブラジル初の培養脂肪企業Cellva Ingredientsが約…
  5. ロボットハンバーガー店のCreatorがリニューアル、「パーソナ…
  6. 精密発酵企業Formoがバイオテック企業Brain Biotec…
  7. 大豆を使ってチーズを開発するNobell Foodsが約82億円…
  8. ネスレも細胞農業による代替母乳産業に参入か?

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

Upside Foods、シカゴ近郊に商用規模の培養肉工場を建設する計画を発表

アメリカの培養肉企業Upside Foodsは、イリノイ州シカゴ近郊のグレンビュ…

分子農業パイオニアの英Moolec Science、SPAC経由の上場を計画

植物を活用して動物由来と同等のタンパク質を開発するイギリスの分子農業スタートアッ…

精密発酵でカカオを使わずにチョコレートを開発する独QOAとは

ドイツ、ミュンヘンを拠点とするスタートアップ企業QOAは、カカオを使わないチョコ…

培養魚スタートアップのFinless Foodsが植物性マグロにも参入、2022年までに市販化へ

培養魚を開発するアメリカのFinless Foodsが、植物性代替マグロに参入す…

カカオのアップサイクルに取り組むKoaが約21億円を調達、廃棄カカオで農家の追加収入を実現

カカオのアップサイクルに取り組むスイスとガーナのスタートアップ企業Koaは先月、…

Space Fが韓国初の培養鶏肉と牛肉、そして培養豚肉プロトタイプを発表

韓国の培養肉企業SpaceFは、既存の培養豚肉プロトタイプをさらにアップグレード…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/19 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/19 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP