Foovo Deep

【現地レポ】シンガポール・スーパーマーケットでの精密発酵食品の販売状況を調査

 

微生物を工場として特定成分を生成する精密発酵に対する関心は国内でも高い。最近ではフィランドのOnego Bioが多額の資金調達に成功するなど、注目度の高い領域だが、市場への普及度をはかる目安となるのが現地のスーパーマーケットだと思っている。

精密発酵で作られた乳タンパク質がこれまでに導入された地域は、アメリカ香港シンガポールに限られている(ほかのタンパク質では、他の国にも導入されている。詳細はこちらから

Foovoがシンガポールのスーパーで精密発酵食品を最初に調査したのは2022年11月。それ以来、代表企業のパーフェクトデイの再編が報じられ、現地での取り扱いが気になっていた。

今回、再びシンガポールのスーパーマーケットの売り場を見る機会があったので、乳製品を中心に、現地での取り扱いの状況をお伝えする。

シンガポールスーパーでの精密発酵食品の取り扱い

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

 

関連記事

  1. 培養魚のブルーナル、粗利率75%を達成するための技術開発を発表
  2. Esco Aster、2025年までにシンガポールに新たな培養肉…
  3. 韓国の培養肉スタートアップSpace Fらが政府から助成金を獲得…
  4. 米培養肉UPSIDE Foodsが世界で初めてFDAの安全性認可…
  5. プラントベース×精密発酵を手掛けるAll G Foodsにオース…
  6. 精密発酵プラットフォームの提供を目指すFermify、カゼインサ…
  7. マレーシアの培養肉企業Cell AgriTechが2024年末ま…
  8. チェコの培養肉企業Mewery、チェコ政府から約3200万円の助…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

Remilk、イスラエルで精密発酵タンパク質の認可取得が間近

イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は19日、イスラエルのフードテック企業が牛…

培養魚のWanda Fishがタフツ大学と独占的ライセンス契約を締結

イスラエルの培養魚スタートアップWanda Fishは、培養魚の開発でタフツ大学…

アレフ・ファームズ、タイ初の培養肉工場建設でBBGI、Fermbox Bioと提携|慎重なスケールアップ戦略で持続可能な市場進出へ

イスラエルの培養肉企業アレフ・ファームズは先月、タイに培養肉工場を建設することを…

イスラエルの培養肉・代替肉企業6社まとめ

 2021年になってから、イスラエル発の培養肉企業・植物肉企業のニュースが続ている。…

韓国の代替肉企業Zikooinが約26億円を調達、植物肉工場を来年稼働

韓国の代替肉スタートアップZikooinは先月、2300万ドル(約26億円)を調…

CellMeatは自社開発したウシ胎児血清フリーの培地を用いて細胞培養による独島エビのプロトタイプを開発

韓国のCellMeatは細胞培養用のウシ胎児血清(FBS)フリー培地を開発し、こ…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/20 21:44時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 01:22時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/21 11:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/20 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP