代替プロテイン

香港グリーンマンデーのヴィーガンカフェGreen Commonが中国初上陸、1号店が上海にオープン

 

このニュースのポイント

 

●香港グリーンマンデーのヴィーガンカフェGreenCommonが上海にオープン

●中国本土で初めての実店舗

2021年1月にはシンガポールにGreenCommon第1号店をオープン予定

 

 

香港を拠点とする植物性代替肉企業グリーンマンデーが運営するGreenCommonの第1号店が中国上海に誕生した。

GreenCommonはグリーンマンデー傘下のヴィーガンカフェ。

今回のオープンは、アジアで10店舗目、中国本土では第1号店となる。

グリーンマンデーは2019年11月、中国アリババ傘下のECサイト天猫への出店を発表、通販で中国市場に参入していたが、中国本土における実店舗でのオフライン販売はこれが初めてとなる。

中国本土のGreenCommon第1号店

記念すべきGreenCommon1号店は、広さは317㎡、席数は103。

中国の著名な作家・張愛玲の母校聖マリア女学校の旧跡で、現在はビジネスとショッピングの中心地である上海の長寧来福士広場に23日にオープンした。

入口全体がガラス張りで、外から店内の様子がよく見える透明感のあるデザインになっている。

グリーンマンデーCEOのDavid Yeungは、今回の中国本土進出について、「グリーンマンデーだけでなく、植物ベースの代替食に取り組む企業すべてにとって、非常に画期的なニュース」だと語る。

新しくオープンする店は、グリーンマンデーの主力ブランド・オムニポークをはじめ、世界的に有名な植物ベースの代替肉・代替乳製品ブランドが提供される。

顧客はイートインだけでなく、さまざまな代替食品を購入することもできる。

次はシンガポールにオープン予定

グリーンマンデーによると、次にGreen Commonをオープンする場所はシンガポールで、時期は2021年1月だと明かしている。

同社は、シンガポールの飲食店や大手小売りでオムニフーズのOmniMeat LuncheonOmniMeat Stripsの販売を2021年1月に開始することも明かしている。

CEOのDavid Yeung 出典:グリーンマンデー

2021年には中国・アジアで旗艦店をさらにオープンしたいとしており、香港発の代替肉パイオニアの進出の勢いは止まらない。

グリーンマンデーがヴィーガンカフェGreen Commonを香港にオープンしたのは2015年。

2018年にはフードテック部門となるオムニフーズを設立し、アジア発の代替豚ひき肉・オムニポークのブランドをデビューさせた。

9月にはアジアの植物肉企業では最大規模となる約73億円の資金調達に成功している。

出典:グリーンマンデー

10月には香港・マカオのマクドナルドで植物性メニューの販売を開始。その翌日には、香港のセブンイレブン全店舗でオムニポークを使った商品「オムニイーツ(OMN!EAT)」の販売を開始するなど、次々に大手とのコラボを実現している。

上海にオープンするGreen Commonは、イートインできるほか、韓国Alpha Foodsの代替チキンナゲット、スペインHeuraの代替チキン、米Califia Farmsの代替ミルクやヨーグルトなど、世界的に有名な植物ベースの代替肉・代替乳製品ブランドを購入することができる

出典:グリーンマンデー

もちろん、グリーンマンデーのオムニポークの製品も購入できる。

オムニポークは、遺伝子組換え材料、コレステロール、ホルモン剤、抗生物質を含まず、大豆、えんどう豆、しいたけ、米を主な原材料とする。同社フードテック部門であるオムニフーズにより、カナダで開発されている。

カフェで提供されるメニューのほとんどは、Green Common上海店用に特別につくられたもので、中国人の好みを意識したものとなっているという。

上海にいる人はいちど訪れてみてはいかがだろう?

 

参考記事

Green Common Shanghai: Green Monday Celebrates First Mainland China Store Milestone

打造绿色膳食崭新理念 引领未来生活新潮流 Green Common绿客门内地首店 正式落户上海长宁来福士广场

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:Green Monday

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. スーパーミート、システムのオープンソース化で培養肉の商用化を加速…
  2. 世界初!シンガポールOsomeFoodが開発したマイコプロテイン…
  3. 6つの豆をベースに代替魚を開発する米Good Catchがシンガ…
  4. 韓国の培養肉企業SeaWithは2022年末までにレストランでの…
  5. スイスの培養肉企業Mirai Foodsがシードで約2億3千万円…
  6. ビヨンドミートが新しいビヨンドバーガーを5月に全米小売で発売
  7. アレフ・ファームズが培養肉のパイロット生産施設を今夏にオープン、…
  8. スイスの食品大手ジボダン、ビューラー、ミグロスが共同で培養肉の実…

おすすめ記事

農業に塩水を活用するRed Sea Farmsが約17億円を調達、北米展開も視野に

作物の栽培に塩水を活用するRed Sea FarmsがシリーズAで600万ドル(…

中国代替肉企業Hey MaetがプレシリーズAで数百万ドルを資金調達

コロナ後に誕生した中国発の代替肉スタートアップ企業Hey Maetが再び資金調達…

ナイジェリア初の植物肉企業VeggieVictoryに世界の投資家が注目

ナイジェリア初の植物ベース代替肉企業VeggieVictoryが投資家の注目を集…

細胞培養によるカキを開発するアメリカ企業Pearlita Foodsとは

細胞を培養して動物肉、魚肉を開発する企業が近年、増加している。培養肉の開発が進む…

培養肉アレフ・ファームズ、安価でオープンな増殖培地の開発でWACKERと提携

イスラエルの培養肉企業アレフ・ファームズとドイツの化学メーカーWACKERは、培…

精密発酵でアニマルフリーなチーズを開発する独Formoが約55億円を調達

微生物発酵でアニマルフリーなチーズを開発するドイツ企業FormoがシリーズAで5…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/05 18:34時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/06 12:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(07/05 23:47時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/06 14:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP