代替プロテイン

Remilkの精密発酵乳タンパク質がシンガポール当局の認可を取得

 

イスラエルの精密発酵企業Remilkは23日、シンガポール食品庁(SFA)から販売認可を取得したことを発表した同社はシンガポールでの認可取得と共に、アメリカ食品医薬品局(FDA)から「異議なし」のレター(No questions letter)を受け取ったことも発表した。

シンガポールでの認可取得により、Remilkはシンガポール国内で精密発酵により生成された乳タンパク質を販売できるようになる。

Remilkは昨年6月、FDAの要求事項に準拠してGRAS自己認証を取得し、アメリカでタンパク質の販売ができるようになった。FDAによる「異議なし」のレターは、Remilkのアニマルフリーなホエイタンパク質がGRAS基準の下、食品に安全に使用できるという専門家パネルによる全会一致の結論をFDAが受け入れたことを示している。

つまりFDAが、Remilkの精密発酵によるホエイタンパク質の安全性をさらに認めたこととなる。

出典:Remilk

Remilkのホエイタンパク質は、牛由来のホエイタンパク質と同等でありながら、動物細胞を使用せず、微生物を「生産工場」とする精密発酵で生成されている。

植物由来の代替乳製品と違い、精密発酵によるタンパク質は従来の動物由来のものと生物学的に同等でありながら、環境に与える影響の少なさから持続可能なタンパク質源として注目されている。

代表企業とされる米パーフェクトデイの乳タンパク質は、アイスクリーム、クリームチーズ、プロテイン粉末、ミルクなどで製品化されており、アメリカ、香港、シンガポールで販売されている。

出典:General Mills

Remilkについては、食品大手General Millsが今年1月、Remilkの乳タンパク質を使用したクリームチーズ「Bold Cultr」の販売を開始した。

しかし、General MillsのコーポレートベンチャースタジオG-Worksが「Bold Cultr」に対する資金提供の優先度を下げる決定を下したため、「Bold Cultr」は今月で終了することとなった

Remilkの乳タンパク質を使用した最初の製品がクローズされたことはRemilkにとって好ましくないニュースだが、FDAによる安全性承認、シンガポールでの認可取得により、販路を開拓していくと予想される。

2019年にAviv Wolff氏Ori Cohavi氏によって設立されたRemilkは、昨年1月にシリーズBラウンドで1億2000万ドル(当時約139億円)を調達し、累計調達額は1億3130万ドル(約178億円)となる

昨年4月にはデンマークに工場の建設計画を発表していたが、西ヨーロッパの既存施設における生産能力を確保するため、建設時期を遅らせることを明らかにしている

 

参考記事

REMILK RACKING UP REGULATORY APPROVALS

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Remilk

 

関連記事

  1. イスラエル農務省が設立した培養ティラピアを開発する培養魚企業E-…
  2. ユニリーバ、植物性の代替肉・代替乳製品の年間売上目標を約1200…
  3. 培養シーフードのAvantが約14億円を調達、来年パイロット工場…
  4. Remilkがデンマークに世界最大の精密発酵工場建設を発表
  5. スウェーデン企業Hooked Foodsがドイツのスーパー400…
  6. 中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土へ…
  7. アレフ・ファームズがスイス当局に培養肉の申請を提出、欧州で初
  8. インドの代替卵企業Evo Foodsが約8900万円を調達

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

マイコプロテインの英ENOUGHが年産1万トンの工場をオランダに建設、年内上市を計画

マイコプロテインを使った代替タンパク質を製造するイギリスのENOUGH(旧称3F…

プラスチック使用削減のために食用スプーンを開発したIncrEDIBLE Eats

食事で使用されるプラスチック製品を減らすために、食べられるスプーンが登場した。…

ロティ、ピザなどのフラットブレッドを90秒で作る家庭用フードロボットRotimatic

コロナウイルスの影響によりレストランの閉鎖を経験した今、デリバリー、家庭用フード…

黄エンドウ豆から代替チーズを開発する英スタートアップ、英政府系機関から助成金を獲得

ノッティンガム大学のスピンオフベンチャーであるThe Good Pulse Co…

スイスの小売大手ミグロスがビーガンゆで卵を発売

スイスの小売大手ミグロスが植物性のゆで卵の発売を発表した。ミグロスの子会社ELS…

韓国の培養肉企業CellMEATが約4億7千万円を調達、培養肉の量産とコストダウンを目指す

韓国の培養肉企業CellMEATがプレシリーズAで450万ドル(約4億7千万円)…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/15 12:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/15 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/16 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/15 17:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/15 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/15 20:58時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP