代替プロテイン

英Multus Biotechnologyが約12億円を調達、増殖培地工場の建設へ

 

イギリスのスタートアップ企業Multus Biotechnologyは、世界初の増殖培地工場を建設するため、シリーズAラウンドで950万ドル(約12億円)を調達したことを発表した

Multusは培養肉を大量生産するための重要な成分となる増殖培地を開発しており、イギリスに世界初となる培地生産工場の建設を計画している。

英Multus Biotechnologyが約12億円を調達、増殖培地工場の建設へ

出典:Multus Biotechnology

Multusは手頃で高性能かつ拡張可能な増殖培地の開発にあたり、データサイエンスと自動化を組み合わせ、従来とは異なる増殖培地成分のライブラリをスクリーニングしている。公式サイトによると、増殖培地の作成では精密発酵技術も使用している。

Multusは自社の増殖培地について、培養肉に限らず、乳製品、皮革など細胞農業製品の低コスト化、スケールアップを可能にするものだとしている。

同社は2021年7月にシードラウンドで160万ポンド(当時約2億4000万円)を調達し、最初の製品となる動物血清を含まない「Proliferum M」を発売した。

Proliferum M」は、哺乳類、鳥類、魚介類の筋肉、脂肪、結合組織の細胞を成長させることが実証されている。Multusはまた、食品として安全な増殖培地を生産するため、昨年12月にISO 220001認証を取得している。

世界初の増殖培地に特化した生産施設

出典:Multus Biotechnology

Multusは今回調達した資金で、イギリスに世界初の増殖培地用の工場を建設し、手頃で食品グレードの増殖培地を商用生産することで、培養肉の大衆化を促進する。また、高性能な増殖培地製剤と食品グレードな原材料の製品開発を加速する。

「この資金を使用して、細胞農業産業を手頃な価格でスケールアップするために、新成分の発見、スマートな製剤設計、食品として安全な増殖培地生産におけるイノベーションを促進できることを嬉しく思います。

培養肉をすべての人にとって持続可能で手頃な選択肢にする上で、私たちの増殖培地に対する独自のアプローチが重要な役割を果たすことを確信しています」(Multus CEOのCai Linton氏)

今回のラウンドはMandi Venturesが主導し、SOSVBig Idea VenturesSynBioVenに加え、旭化成も参加した。また、調達した資金のうち250万ドルは、欧州で最も競争力のあるスタートアップ助成金プログラムであるEICアクセラレーターを通じ、Innovate UKから授与されたものとなる。

 

参考記事

Multus Biotechnology announce a USD$9.5m Series A investment roudn to build a world first growth media facility

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Multus Biotechnology

 

関連記事

  1. 植物肉企業Plantedが約100億円を調達、植物由来の鶏胸肉を…
  2. 代替母乳のBiomilqがシリーズAで約24億円を調達
  3. アレフ・ファームズがアジアへの培養肉導入加速に向けてタイ・ユニオ…
  4. 「発酵」で免疫力のある代替母乳の開発に挑むアメリカ企業Helai…
  5. 精密発酵でアニマルフリーなチーズを開発する独Formoが約55億…
  6. ひよこ豆タンパク質粉末を開発するChickPが約9億円を調達
  7. ソーラーフーズがフィンランド薬局年金基金から約13億円を調達
  8. 精密発酵で脂肪を開発するNourish Ingredientsが…

おすすめ記事

Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2022年までの商品化を目指す

このニュースのポイント ●シンガポールのShiok Meatsが培養…

動物を殺さずに動物性脂肪を開発する英Hoxton Farmsが約3.9億円を調達

イギリスのスタートアップ企業Hoxton Farms(ホクストン・ファームズ)が…

ソーラーフーズがフィンランド薬局年金基金から約13億円を調達

フィンランド企業ソーラーフーズ(Solar Foods)は今月17日、フィンラン…

インド発!ドーサ、ロティ、ビリヤニを作るMukunda Foodsの自動調理ロボット

日本でも人気の高いインド料理。このインド料理を自宅で手間をかけずに作れる…

分子農業で代替タンパク質と成長因子を開発するスタートアップ企業4社

分子農業(Molecular Farming)とは、植物を「バイオリアクター」「…

培養フォアグラを開発する仏Gourmeyが約11億円のシード資金を調達、仏政府も支援

培養フォアグラを開発するフランス企業Gourmeyが1000万ドル(約11億円)…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/29 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/29 20:35時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/30 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/30 06:55時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/29 16:38時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP