Foovo Deep

【2021年10月】代替シーフードの投資動向/大手、スタートアップの参入・提携状況

今月のセミナーをお見逃しなく▼(画像をクリック)

 

本記事は、2021年1月~9月までの代替シーフードの投資状況、大手×スタートアップの提携事例、大手の代替シーフード参入状況、スタートアップ同士の提携状況をまとめたものとなる。

大手企業の代替シーフードへの参入状況

出典:ネスレ

カーギルは植物性ホタテをカーギルのプラントベースブランドPlantEverの1つとして、2020年に中国のローソンで発売

・ブラジルの食肉企業JBSに買収されたSeara Alimentos(ブラジル)はタラやフィッシュスティックを開発。

ネスレは9ヵ月の開発を経て植物性マグロ製品「Vuna」を発売。ネスレブランドGarden Gourmetとしてスイスで販売している。Vuna以外の製品も開発予定。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

今月のセミナーをお見逃しなく▼(画像をクリック)

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 海藻由来の代替タンパク質を開発する米Trophic|大豆に代わる…
  2. 香港グリーンマンデーがマクドナルドと提携、全店舗で植物肉メニュー…
  3. 植物性卵・培養鶏肉を開発するイート・ジャストが新たに約219億円…
  4. Yコンビネーターが支援する米培養肉企業Orbillion Bio…
  5. 微生物を活用してアニマルフリーなチーズを開発するFormo、年内…
  6. 菌糸体から代替肉を作るMeati Foodsが約29億円を資金調…
  7. オーストラリアv2foodが約57億円を資金調達、植物性代替肉で…
  8. 3Dプリンターを活用する上海企業CellXが培養豚肉のサンプルを…

おすすめ記事

Redefine Meatが3Dプリント肉を2021年前半に販売、イスラエルの食肉販売会社と提携

3Dプリンターを使って植物ベースの代替肉を開発するイスラエル企業Redefine…

代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替マグロ寿司の提供を目指す

サンフランシスコのフードテック企業Kuleanaは、クロマグロを使わない「リアルな寿司」を開発中だ。…

培養ハイブリッド肉を開発する米New Age Meatsが約2億1千万円を調達

カリフォルニアを拠点とする培養肉スタートアップのNew Age Meatsがシー…

Motif FoodWorksが約249億円を調達、植物肉をアップデートさせる成分の市販化に向けて加速

植物ベース食品のアップデートに取り組む米フードテック企業Motif FoodWo…

代替肉のビヨンド・ミートがマクドナルド、ヤム・ブランズとの提携を発表

カリフォルニアを拠点とする代表的な代替肉企業ビヨンド・ミートは、マクドナルドとヤ…

アイルランド企業Evoccoは食料品レシートから気候変動への影響を可視化するアプリを開発

気候変動に対する問題意識はあっても、普段の生活で自分の行動が気候変動にどのような…

【12月】Foovoセミナーのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,881円(12/08 16:00時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(12/09 09:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(12/08 20:43時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP