代替プロテイン

代替肉の「テスラ」を目指す上海の代替肉企業YouKuaiが約7.9億円を調達

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

「10年前にテスラが登場したとき、テスラは車を持つ人すべてをターゲットにはしていませんでした。しかし、テスラの最終目的はあらゆる車を電気自動車にすることです。

これは私たちがやっていることにとても似ています。

当社の目的はZrouをあらゆるキッチン、食卓に、毎月登場させること。これが持続可能な未来につながるからです」。

こう語るのは中国の植物肉スタートアップYouKuaiの創業者・CEOであるフランクリン・ヤオ氏(Franklin Yao)。

YouKuaiは植物性の代替豚肉製品Zrouを開発する、2019年創業の上海企業。

大豆、ココナッツオイル、コンニャクを原料とするZrouは、100gあたりのタンパク質10gを含む。

Zrouはすでに、中国のホテル、インターナショナルスクール、オフィスの食堂など100箇所で提供されている。

この中には、上海のディズニーランドも含まれ、今後はさらに500店のホテルチェーンと提携し、Zrouを提供していく予定。

フランクリン・ヤオ氏 出典:YouKuai

すでに中国国内で展開しているYouKuaiは、市場参入にあたり効率的なアプローチを採用している。

ミシュラン星付きレストラン、高級リゾート、有名シェフとのコラボは、他社スタートアップの多くも取り入れている戦略だが、YouKuaiはさらにインフルエンサーSNSによるマーケティング戦略も採用。

インフルエンサーやアーリーアダプターから構成されるコミュニティを作り、ブランド認知拡大に力をいれている。こうすることで、プラントベースへの移行に意識の高い若年層へ訴求している。

YouKuaiは今月、シリーズAラウンドで730万ドル(7億9000万円)を調達した。

シンガポールを拠点とする投資会社TRIRECが主導し、個人投資家Thibault Villet氏(Mei.comの共同創業者)が参加した。この調達により、これまでの調達総額は880万ドル(約9億6000万円)となった。

YouKuaiは調達した資金で、中国・海外での展開を拡大するほか、代替肉を使ったインスタント食品も発売したいとしている。

出典:Zrou

YouKuaiは2022年には海外進出を目指している。

ロンドン、マレーシア、香港、マカオ、シンガポール、ニューヨーク、ロサンゼルス、ミラノの販売業者と交渉を開始していることから、来年にはアジア、イギリス、アメリカ、イタリアのいずれの、あるいは複数国でデビューするかもしれない。

中国は世界最大の豚肉消費国で、豚肉消費量は世界の半分を占める。

中国ではアフリカ豚コレラによる豚肉価格の高騰、供給不足、豚の大量殺処分が問題視されており、豚肉のほとんどを国内産でまかなってきた中国にとって代替肉は有望な解決方法となる。

同じ問題意識から、中国では代替肉に取り組むスタートアップが相次いで誕生しており、Hey MaetHero ProteinHaofoodZhenmeatグリーンマンデーなど競争は激しくなっている。

巧みなマーケティング戦略で急速に展開するYouKuaiが「上海発の世界のフードブランド」になれるのか、今後が注目される。

 

参考記事

Shanghai Startup YouKuai Closes US$7.3M Series A To Expand Zrou Plant-Based Pork Brand

Chinese plant-based meat startup bags $7.3m to drive its ‘Tesla of food’ dream

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:Zrou

 

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 「発酵」で免疫力のある代替母乳の開発に挑むアメリカ企業Helai…
  2. シンガポールの代替肉企業Next Genがシードで約10億円を調…
  3. 牛を使わずに乳製品を開発するDe Novo Dairy|南アフリ…
  4. タイソンフーズが出資するFuture Meatが培養鶏肉のコスト…
  5. 蜜蜂を使わずにハチミツを作る米MeliBioがプレシードで約94…
  6. 動物を使わないチーズを作るChange Foodsが約9100万…
  7. 香港グリーンマンデーの代替豚肉オムニポークが米国上陸
  8. 中国Dicosが米イート・ジャストの代替卵をメニューに追加、50…

おすすめ記事

SJW Roboticsがアジア料理を作る自律型ロボットレストランの試作品を公開

カナダ、トロントを拠点とするSJW Roboticsは、アジア料理を作る完全自律…

代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替マグロ寿司の提供を目指す

サンフランシスコのフードテック企業Kuleanaは、クロマグロを使わない「リアルな寿司」を開発中だ。…

未来のバーテンダーはロボット?Rotenderはドリンクを大量に作る自販機ロボットを開発

海外の自動販売機の中には、これまでの決まったものだけ注文する仕組みではなく、ドリ…

植物性チーズを開発するスウェーデン企業Stockeld Dreamery、今年前半に初商品の発売へ

植物性チーズのシェアは大きくないが、代替チーズに取り組む企業は増えつつある。…

ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rapteinを開発|大豆にかわる新しい植物性タンパク質となるか?

万能の肥料として活用されるなたね(菜種)油粕。なたね油粕とは、アブラナか…

アレフファームズがブラジル食肉大手BRFと培養肉の開発・ブラジル導入で提携

イスラエルのアレフファームズとブラジル大手の食肉メーカーBRFは、培養肉の開発と…

Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/16 16:27時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(01/16 10:13時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(01/15 21:23時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP