代替プロテイン

Juicy Marblesが植物由来の骨付きリブ肉の開発に成功、今月より限定販売をスタート

 

スロベニアの代替肉企業Juicy Marblesは今月、骨付きの代替リブ肉を発表した。同社は、骨付きの代替リブ肉の開発は世界初の試みだと述べている。

この骨付きリブ肉は、骨も肉も植物タンパク質でできているため、骨まで食べることができる。大豆タンパク質、ヒマワリ油、レッドビートなどを原料に使用しており、今月28日より最初の500個が限定販売される。

The Guardianの報道によると、欧州・アメリカから販売され、一般販売は2024年初頭を予定している。Juicy Marblesは最初の限定販売でフィードバックを集め、製品のレシピ、名前、パッケージなどを調整する考えだという。

植物肉を食べて残った骨は、揚げたり焼いたりして食べたり、観葉植物の土に埋めたり、愛犬のおやつにしたりできる。約15分で用意できるJuicy Marblesのリブにより、時間のかかる調理プロセスをスキップすることができる

食用の骨を追加した理由

出典:Juicy Marbles

食べられる骨を追加した理由について、Juicy Marblesは自社のインスタグラムに下記のように投稿している

「(製造が)より簡単になるので、骨を追加しないことも検討しました。ですが、骨なしリブという概念について、どんなに努力しても、マーブル本社の誰もがしっくりこなかったのです。骨がなければ、ただの肉の塊です。骨は手を使わないといけません。骨はラック(肉)をいくつかの部分に分割します。忘れてはならないのは、「リブ」という名前は骨に由来していることです」。

「骨を使用すると決めた段階では、最初の目標は骨を堆肥化できるようにすることでした。しかし、タンパク質から開発してみると、食べられることが分かったのです。このことに気づいたのは(開発)プロセスの後半になってからでしたが、みんな賛成しました」。

試験販売を経て、スーパーと長期契約を締結

出典:Juicy Marbles

2019年に設立されたJuicy Marblesは、最初からホールカットの代替肉に焦点をあててきた。2021年には霜降りも再現した100%植物性のフィレミニヨンステーキの開発に成功。最近では菌類由来の代替脂肪の使用も検討している

昨年12月にはホールカットロースをイギリスで発売した。今年2月には、イギリスのスーパーWaitroseの精肉コーナーで期間限定でフィレミニヨンステーキを販売した。Waitroseでの限定販売は4日で在庫がなくなるという盛況ぶりで、この成功により、Juicy Marblesは今年6月、Waitroseと長期契約を締結している

骨付きリブ肉はフィレミニヨン、ロースに続く同社3つ目の製品となる。

「売上は右肩上がり」

出典:Juicy Marbles

アメリカでは植物肉の小売売上が前年比7.3%減に転じ、Nowadaysなど一部企業が事業停止を決断するなど、業界全体は苦戦を強いられている。こうした状況の中、Juicy Marblesは「新しい会社ですが、売上は右肩上がりです」と述べ、業績が好調であることをThe Guardianに明かしている

同社はさまざまな代替肉製品を開発し、味、価格、利便性の点で動物由来製品に匹敵し、最終的にはそれを超えることを使命としている。2030年までに食肉消費を半分に削減することを目指すJuicy Marblesの新しい製品が、消費者にどう評価され、受容されるのか、今後が注目される。

 

参考記事

New plant-based pork ribs to feature edible vegan bones

Juicy Marbles Unveils the World’s First Plant-Based Ribs with Edible Bones

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Juicy Marbles

 

関連記事

  1. 培養魚企業ブルーナル、回転ずしチェーン「スシロー」を展開するフー…
  2. シンガポールの培養魚企業Umami Meatsが日本進出を発表
  3. マイコプロテイン由来の代替肉を開発するMycorenaが約30億…
  4. AngelList初のローリングファンド、Sustainable…
  5. 「本物のようにほぐれる」ホールカットの代替タラを開発するアイルラ…
  6. イスラエルのBELIEVER Meats、アメリカで世界最大の培…
  7. 菌糸体から代替肉を開発するMushlabsが欧州イノベーション会…
  8. 米NovoNutrients、牛タンパク質と同品質のCO2由来タ…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

モサミートが培養肉の工業生産に向けて生産施設を拡大

オランダの培養肉企業モサミート(Mosa Meat)は先月、生産施設を7,340…

培養ウナギ肉の開発に取り組む北里大学・池田大介准教授にインタビュー

写真はイメージ画像日本で江戸時代から食されてきたウナギは絶滅危惧種に指定…

米NovoNutrients、牛タンパク質と同品質のCO2由来タンパク質の生産に成功

カリフォルニア、サニーベールを拠点とするNovoNutrientsは、二酸化炭素…

中国初の菌糸体タンパク質スタートアップ70/30、今年後半に全国販売へ

世界的にバイオマス発酵、精密発酵による代替タンパク質の開発が進む中、中国でも最初…

リング型カクテルメーカーBarsys 360|自宅のミクソロジーを新たな高みに

家庭用カクテルメーカーを開発する米スタートアップ企業Barsysがユニークな新し…

精密発酵で乳タンパク質・乳脂肪を開発するPhyx44が約1.7億円を調達

アジアに新たな精密発酵企業が登場した。インドのPhyx44は、シードラウンドで1…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/18 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/18 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP