代替プロテイン

イスラエルの培養肉企業Believer Meats、アブダビでの事業展開を視野にAGWAと提携

 

イスラエルの培養肉企業Believer Meats((旧称Future Meat Technologies)がアブダビでの培養肉生産能力と規制ルートの促進に向けて、アブダビで今月発足した新規食品・水産業を推進するクラスター、AGWAAgriFood Growth & Water Abundance)との提携を発表した

Believer Meatsがアブダビの新クラスターAGWAと提携

出典:BELIEVER Meats

AGWAは、アブダビ皇太子兼アブダビ執行評議会議長であるSheikh Khaled bin Mohamed bin Zayed Al Nahyan閣下が今月上旬、承認し発足したばかりの新クラスター

食料不足や水不足に対処するための世界的な取り組みで主導的な役割を果たすことを目指している。

AGWAは2045年までに1,280億ディルハム(約5兆5070億円)の投資を誘致し、60,000以上の雇用を創出、アブダビ経済に900億ディルハム(約3兆8720億円)をもたらすと予測されている。

Believer Meatsはアブダビでの培養肉の商用化活動を支援する拠点を同エリアに設立するほか、人材育成に特化したBeliever Meats Innovation Academyの設立も目指す。両者はアブダビでの培養肉製品の規制ルート、ハラール認証基準の確立でも協力する。

Believer Meatsがアブダビを拠点に研究開発、製品開発を行うことは、食料安全保障と水不足への取り組みで世界をリードするというAGWAの目標に合致する。

Believer Meatsにとっては、自社の技術が他の地域でも拡張可能かつ再現可能であるか実証する機会を得られることになる。AGWAとの提携は、持続可能で強靭な食料システムを世界規模で構築するというBeliever Meatsのビジョンに合致するものとなる。

提携の背景にあるUAEの国家戦略

出典:Believer Meats(イスラエルにあるパイロット工場)

アラブ首長国連邦(UAE)は2018年、「食料安全保障国家戦略2051(National Food Security Strategy 2051)」を発表し、2051年までにUAEを「世界の食料安全保障指数」で世界一にするとの目標を設定した。

UAEは野菜、肉、家禽、トマトなどの基本的食料の国内自給率を2025年までに70%2030年までに100%に引き上げることを目指している

その一環として、米AeroFarmsは研究開発用途では65,000平方フィート(約6030㎡)という世界最大の屋内垂直農場を2023年2月、アブダビに設置。開所式にはUAE気候変動・環境大臣も参加した。同施設にはアブダビ投資庁 (ADIO)も支援している

Believer MeatsとAGWAの提携の背景にも、UAEの食料自給率向上に向けた国家戦略が関係しているのは明白だ。

ADIOのBadr Al-Olama局長はBeliever Meatsとの提携は、「最も優れたイノベーターを誘致する」という目標が実現したものだとコメント。

「アブダビに拠点を置くことで、Believer Meatsは培養肉の最高のイノベーションと製品を迅速かつ安全に地域全体に提供できるようになり、この地域の輸入食品への依存を根本的に変えることができます」とAl-Olama局長は述べている。

出典:BELIEVER Meats

Believer Meatsは現在、ノースカロライナ州に「世界最大の」培養肉工場を建設中であり、年末までに稼働を予定している。稼働すると年間2600万ポンド(約11800トン)の生産能力を有するものとなる。同社は今月、ノースカロライナ州に設立されたベゾス持続可能タンパク質センターとの提携も発表した

2024年6月の時点で培養肉の販売が認められた地域はシンガポール、アメリカ、イスラエルに限定され、販売が実現したのはシンガポール、アメリカのみとなる。詳細な販売・認可の状況はこちらから

 

参考記事

AGWA and Believer Meats to Develop Cultivated Meat Capabilities in Abu Dhabi

2023年末までに基本的食料の国内自給率50%目標を掲げる

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Believer Meats/AGWA

 

関連記事

  1. 培養肉企業Meatableがオランダに新しいパイロット工場を開設…
  2. CulNet Systemからイネ、微細藻類を活用した低コストで…
  3. GOOD MeatとADMが戦略的パートナーシップを締結、培養肉…
  4. ビヨンドミートとペプシコの合弁会社Planet Partners…
  5. 【2024年1月16日】Foovo初の現地セミナー開催のお知らせ…
  6. 培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラ…
  7. 世界初!アレフ・ファームズが3Dプリンターで培養リブロース肉を開…
  8. ジャガイモで乳タンパク質を開発|イスラエルのFinally Fo…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

培養シーフードのAvantが約14億円を調達、来年パイロット工場を稼働

香港の培養シーフード企業Avantが先月、シリーズAラウンドで1080万ドル(約…

エンドウ豆由来の代替ミルクを展開する米Ripple Foodsが約72億円を調達

黄エンドウ豆由来の代替ミルクを開発・販売する米Ripple Foodsが4,92…

米Nepra Foods、製パン用の代替卵白粉末の商用生産を開始

コロラドを拠点とするNepra Foodsは、製パン卸売業者向けの独自の代替卵白…

【現地レポ】ソーラーフーズ、ソレインを商用生産する工場を稼働/ソレイン使用のシンガポールレストランを訪問

フィンランド企業ソーラーフーズ(Solar Foods)は今月15日、代替タンパ…

米Liberation Labs、アメリカで精密発酵工場の建設を開始

米Liberation Labsは先月、アメリカ、インディアナ州リッチモンドで専…

インド発!ドーサ、ロティ、ビリヤニを作るMukunda Foodsの自動調理ロボット

日本でも人気の高いインド料理。このインド料理を自宅で手間をかけずに作れる…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/14 13:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/14 22:28時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/15 02:14時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/14 18:57時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/14 11:31時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/14 21:54時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP