Foovo Deep

中国代替肉企業Hey MaetがプレシリーズAで数百万ドルを資金調達

 

コロナ後に誕生した中国発の代替肉スタートアップ企業Hey Maetが再び資金調達に成功した。

プレシリーズAラウンドで数百万ドルを調達(調達額は非公開)。これは過去4ヶ月でHey Maet の2回目の資金調達となる。

シリコンバレーの国際的なアクセラレータープラットフォームOnePiece Workのバックアップを受け、Hey Maetは2020年に上海に設立された。

Hey Maetの植物ベースの代替肉は、わずか8ヵ月で、北京、上海、広州など主要都市のレストランのメニューに導入されている。

調達した資金で研究開発に注力

出典:Hey Maet

中国のほとんどの代替肉企業と異なり、Hey Maetは独立した研究施設を持つ中国初の植物肉企業

Hey Maetの研究チームには、カリフォルニア大学バークレー校、ウィンスコンシン大学、MTI、ヘルシンキ大学出身の植物肉専門家が結集している。

創業者Chichi Hong自身も10年以上にわたりベジタリアンで、代替肉市場の視察のためアメリカ、カナダ、欧州、イスラエルの培養肉、3Dプリント肉の企業などを訪問している。

Hey Maetの創業者Chichi Hong 出典:Hey Maet

Chichiは今回の資金調達について次のように語り、調達した資金でさらに研究開発に力をいれる姿勢を示している。

「食品開発には良心が必要です。アメリカなど多くの植物ベースで代替肉開発に取り組む企業を見てきましたが、こうした企業は莫大な時間を研究開発に投入しています。マーケティングに資金をあてるのは開発の後、つまり、投資する価値のある製品ができてからということです。

マーケティング費用が足りないことはまずありません。足りないのは、マーケティングする価値のある優れた製品なのです

世界水準の開発技術を獲得

Hey Maetによると、植物ベースの代替肉開発で難しいのは、植物タンパク質を伸ばして動物タンパク質の形状や構造に形作ることだという。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

  1. 微細藻類で代替タンパク質を開発するBrevelが約25億円を調達…
  2. イスラエルのFuture Meatが培養肉の生産コスト削減に再び…
  3. タバコ植物で成長因子を開発するBioBetterがパイロット工場…
  4. 香港発の植物肉企業TN Meatが代替肉製品の販売をスタート、中…
  5. 米Thrilling Foods、層状の脂肪を含んだビーガンベー…
  6. カンガルーの培養肉を開発するオーストラリア企業Vow、食の変革に…
  7. 精密発酵でアニマルフリーなチーズを開発する独Formoが約55億…
  8. 精密発酵でカカオを使わずにチョコレートを開発する独QOAとは

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

米イート・ジャスト、新しい培養鶏肉製品で再びシンガポール当局の販売許可を取得

アメリカのフードテック企業イート・ジャストが培養肉で再び快挙を成し遂げた。…

ドバイが次のフードテックハブになる?UAEがドバイにフードテックバレーを設置

フードテックに国をあげて力を入れている代表例はシンガポールだが、今後はこのリスト…

Hyphenが世界初のロボットメイクラインを発売、レストラン作業を効率化

カリフォルニアを拠点とするHyphenは、外食産業向けの新しいキッチンプラットフ…

精密発酵でカゼインを開発するEden Brewが約37億円を調達

オーストラリアの精密発酵企業Eden BrewがシリーズAラウンドで2,500万…

微細藻類で代替タンパク質を開発するBrevelが約25億円を調達|色も風味もニュートラルなタンパク質

イスラエルのバイオマス発酵スタートアップのBrevelは今月、シードラウンドで1…

米The Every Company、精密発酵で作られた史上初の液状卵EVERY Eggを発表

精密発酵で卵白タンパク質を開発する米The Every Companyが、鶏に依…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/18 12:26時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/17 21:43時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/18 01:20時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/17 18:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/18 11:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/17 21:15時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP