Foovo Deep

中国代替肉企業Hey MaetがプレシリーズAで数百万ドルを資金調達

 

コロナ後に誕生した中国発の代替肉スタートアップ企業Hey Maetが再び資金調達に成功した。

プレシリーズAラウンドで数百万ドルを調達(調達額は非公開)。これは過去4ヶ月でHey Maet の2回目の資金調達となる。

シリコンバレーの国際的なアクセラレータープラットフォームOnePiece Workのバックアップを受け、Hey Maetは2020年に上海に設立された。

Hey Maetの植物ベースの代替肉は、わずか8ヵ月で、北京、上海、広州など主要都市のレストランのメニューに導入されている。

調達した資金で研究開発に注力

出典:Hey Maet

中国のほとんどの代替肉企業と異なり、Hey Maetは独立した研究施設を持つ中国初の植物肉企業

Hey Maetの研究チームには、カリフォルニア大学バークレー校、ウィンスコンシン大学、MTI、ヘルシンキ大学出身の植物肉専門家が結集している。

創業者Chichi Hong自身も10年以上にわたりベジタリアンで、代替肉市場の視察のためアメリカ、カナダ、欧州、イスラエルの培養肉、3Dプリント肉の企業などを訪問している。

Hey Maetの創業者Chichi Hong 出典:Hey Maet

Chichiは今回の資金調達について次のように語り、調達した資金でさらに研究開発に力をいれる姿勢を示している。

「食品開発には良心が必要です。アメリカなど多くの植物ベースで代替肉開発に取り組む企業を見てきましたが、こうした企業は莫大な時間を研究開発に投入しています。マーケティングに資金をあてるのは開発の後、つまり、投資する価値のある製品ができてからということです。

マーケティング費用が足りないことはまずありません。足りないのは、マーケティングする価値のある優れた製品なのです

世界水準の開発技術を獲得

Hey Maetによると、植物ベースの代替肉開発で難しいのは、植物タンパク質を伸ばして動物タンパク質の形状や構造に形作ることだという。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

  1. サケ・マス・コイを開発する欧州初の培養魚Bluu Bioscie…
  2. ユニリーバ、植物性の代替肉・代替乳製品の年間売上目標を約1200…
  3. タイソンフーズが出資するFuture Meatが培養鶏肉のコスト…
  4. Biftekがシンガポールの培養肉企業へ最初の増殖培地サンプルを…
  5. GOOD Meatが培養肉生産に無血清培地を使用する認可をシンガ…
  6. マクドナルドが植物肉バーガー「マックプラント」の試験販売をスウェ…
  7. MeaTech、3Dプリンターによる培養シーフードの開発でUma…
  8. 培養魚企業ブルーナル、回転ずしチェーン「スシロー」を展開するフー…

おすすめ記事

規格外・余剰農産物のB2B販売プラットフォームを提供するFull Harvestが約26億円を調達

規格外・余剰の農産物をB2Bで販売するプラットフォームを構築するFull Har…

培養魚の米Wildtype、培養魚の試食ができる実証プラントの稼働をまもなく開始

細胞培養により培養サーモンを開発するWildtypeが、実証プラントの稼働をまも…

ビヨンドミートが代替鶏肉ビヨンドチキンテンダーを北米で発売

ビヨンドミートが北米で代替鶏肉商品を発売した。そら豆・えんどう豆を原料に…

培養フォアグラを開発する仏Gourmeyが約11億円のシード資金を調達、仏政府も支援

培養フォアグラを開発するフランス企業Gourmeyが1000万ドル(約11億円)…

精密発酵のImagindairy、シードラウンドの資金調達を約35億円で完了

精密発酵で乳製品を開発するイスラエル企業Imagindairyは18日、シードラ…

細胞シート工学で培養肉を開発するEvolved Meatsが約2.7億円を調達

細胞シート工学を活用した培養肉開発を進めるカナダ企業Evolved Meats(…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/07 17:04時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/07 20:40時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/07 14:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/07 07:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(02/07 16:42時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP