Foovo Deep

昆虫で食品廃棄物をアップサイクルするLIVIN Farmsが約8.5億円を調達

 

代替タンパク質の1つとして昆虫タンパク質生産に取り組むオーストリア企業LIVIN Farmsは、完全に自動化された昆虫工場用の、スケーラブルなモジュラーシステム「HIVE PRO」を開発した。

食品廃棄物の処理業者や大手食品メーカーは「HIVE PRO」を使用することで、有機廃棄物や副産物を昆虫由来のタンパク質、油脂、肥料にアップサイクルできる。

昆虫養殖事業の立ち上げを短縮化する、昆虫養殖モジュール「Hive PRO」

「Hive PRO」のイメージ 出典:LIVIN Farms

Livin Farmsのサービスは、クライアント企業の現場に直接設置可能な「Farming as a Service」といえる。「Hive PRO」は、有機廃棄物の昆虫用飼料への加工、昆虫の飼育、ロボットアームによるハンドリング、製品加工を可能とする。

Livin Farmsが提供する隔週毎の幼虫の出荷とモニタリングサービスに加え、導入企業は「Hive PRO」を使用して食品廃棄物を昆虫の餌として活用し、1週間以内に幼虫を成長させ、販売用の高価値な最終製品に加工できる。

操作は簡便で、設置には、水やエネルギーなど商業ビルにみられる基本的なインフラがあればよいという。

Livin Farmsの主なクライアント企業について、創業者のKatharina Unger氏は海外メディアThe Spoonによるインタビューで、「毎年、最低数千トンの有機副産物を入手できる大手の食品・飼料加工会社や農業関係者」だとしている。

これらの企業は通常、廃棄物処理にコストをかけている。しかし、「Hive PRO」を導入することで、廃棄物を昆虫の餌に活用し、収益を生み出すことが可能となるわけだ。

12日で約16,000倍のバイオマスに

出典:LIVIN Farms

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:LIVIN Farms

 

関連記事

  1. 精密発酵で天然着色料を開発するPhytolonがギンコ・バイオワ…
  2. イスラエルの培養肉企業Steakholder Foodsが日本で…
  3. 代替マグロの米Kuleanaが販路拡大、オンラインストアでの販売…
  4. スウェーデン企業Mycorenaが世界初となる菌類由来の代替油脂…
  5. 精密発酵の米パーフェクトデイ、約130億円の資金調達とともに創業…
  6. ノルウェー研究評議会が5年間の細胞農業プロジェクトに出資、培養肉…
  7. 中国の培養肉Joes Future Foodが約12億円を調達、…
  8. Motif FoodWorksが約249億円を調達、植物肉をアッ…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

イスラエルのMarineXcell、独自の核初期化技術で細胞培養によるエビ、ロブスター、カニ開発に挑む【創業者インタビュー】

左からYosef Buganim教授、Leonardo Berezowsky氏、Gadi Lipin…

モサミートが培養肉の工業生産に向けて生産施設を拡大

オランダの培養肉企業モサミート(Mosa Meat)は先月、生産施設を7,340…

イスラエルのMeaTechが新たに培養豚肉の開発始動を発表

3Dプリンターを活用して培養肉を開発するイスラエル企業MeaTechが、培養豚肉…

ビヨンドミートが代替ミルクにも参入か?ビヨンドミルクの商標を出願

アメリカの代表的な代替肉企業ビヨンドミートが、代替ミルクへの参入を進めている可能…

ネスレが精密発酵ホエイを使用したプロテインパウダー製品を発売|2回目の製品販売

大手食品メーカーのネスレが、精密発酵ホエイを使用したプロテインパウダー製品を発売…

培養肉開発用の成長因子を低コストで量産するCore Biogenesisが約3.2億円を調達

フランスのCore Biogenesisが2020年11月にシードラウンドで26…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/18 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/19 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP