キッチンOS

料理の失敗から解放!レシピアプリと調理器をシームレスに連動するスマート調理家電Hestan Cue

 

ステーキ肉を買ってきたけれど、焼き加減や時間がわからず失敗してしまったことはないだろうか?

スマート調理家電Hestan Cueがあれば、もう悩むことはない。

ステーキ肉の厚ささえわかれば、あとはミディアムでもレアでも、完璧に仕上げてくれる。

といっても、すべての工程を機械がやる自動調理ロボットではない

手を動かす料理の楽しみは、しっかりと残されている。しかも、使えば使うほど、料理の腕はシェフに近づいていく。

出典:Hestan Cue

Hestan Cueは、レシピアプリに欲しかったもう1つの機能-調理家電とのシームレスな連動機能をそなえたスマート調理家電

勘と経験に頼るしかなかった調理を、「科学」で管理し、何度やっても同じ味を再現してくれる。

Hestan Cueは料理のあいまいさを消し、ディテールを言語化。センサー内蔵の調理家電がアプリと連動して、失敗のない料理を実現してくれる

Hestan Cueで家庭料理がシェフの味に

出典:Hestan Cue

Hestan Cueはレシピアプリと調理器をシームレスに連動し、自動温度調節機能で失敗のない料理を約束する。

Hestan Cueが優れているのは、シェフのレシピ動画をアプリに載せただけでなく、レシピと調理器を連動させ、レシピのステップ毎に調理器の温度が自動で調整されることだ。

アプリにはシェフが考えた数百のレシピがあり、各レシピにはステップ毎の動画がついている。

好きなレシピを選んだら、動画を見ながら手を動かせばよい。

難しい料理でも、材料の切り方、スライスの仕方、ソースのつくり方、肉を裏返すタイミングなど、すべてのステップの動画が用意されているので、動画のとおりに手を動かすと、失敗しないようになっている。

オレンジの切り方、バターを入れて次の調味料を入れるタイミングまで、これでもかというくらい、初心者や料理が苦手な人を置いてきぼりにしない、懇切丁寧な内容になっている。

アプリで作りたい人数分を選ぶと必要な材料分量が変わるので、無駄なく必要な分だけ作ることができる。

出典:Hestan Cue

Hestan Cueのスマート調理器は、フライパン、ヒーター、アプリから構成される。フライパンとヒーターにはセンサーが内蔵されており、アプリとシームレスに連動しているので、レシピの温度を正確に再現する。

料理を始めると、ステップ毎に自動で温度調節してくれる。肉を裏返すタイミングもビデオが教えてくれる。焼き時間もアプリ上に残り時間が表示される。

Hestan Cueがあれば、ステーキの火加減で悩むこともなくなる。

出典:Hestan Cue

ステーキ肉の厚さを測って、希望の焼き加減を選ぶと、焼き時間から裏返すタイミングまでアプリが教えてくれ、フライパンの温度も自動で調節してくれる。

出典:Hestan Cue

ユーザーが望みの焼き加減を選ぶだけで、タイミングから温度まで完璧に制御してくれる。

ユーザーはHestan Cueを使ううちに、シェフの料理の秘訣、テクニックも習得できるようになる。

アプリにあるレシピはプロのシェフが考えたもの。レシピには所要の準備時間、調理時間、材料、ビデオがついている。

新製品「Chef’s Pot」をリリース

出典:Hestan Cue

Hestan Cueは公式サイトでフライパン、鍋、ヒーターを単品またはセットで販売している。

同社はこのほど、新しい鍋「Chef’s Pot」をリリースした。

新製品「Chef’s Pot」 出典:Hestan Cue

Chef’s Potは深みのある鍋タイプで、揚げる、じっくり調理する、キャンディを作るなど8つの調理機能を備え、あらゆるタイプの料理に対応している。

Hestan Cueのスタン―ドタイプのフライパンは199.95ドルヒーターとセットで購入する場合は、399.95ドル

新しくリリースされた「Chef’s Pot」は単品で299.95ドル、ヒーターとセット購入の場合は499.95ドルとなる。

安い買い物ではないが、「勘」に頼って料理するのではなく、「科学で料理」するHestan Cueなら失敗の心配がない。

出典:Hestan Cue

難しい料理だって自宅でシェフの味を再現できると考えれば、決して高くないのではないだろうか。

現在は公式サイト、アマゾンなどで販売しているが、日本にはまだ導入されていない

Hestan Cueはカリフォルニアを拠点とするスタートアップで、2015年に設立された。

同社のように、レシピを通じて調理家電を制御する動きは今後、ますます主流になっていくだろう。

Hestan Cueのサービス内容に、レシピ+調理家電の連動に加えて食材調達機能まで追加されたら、買出しから、料理の準備、家電の制御までがすべて1つのアプリで完結するようになる。

数年後には、これがキッチンの「常識」になっている気がする。

 

※アイキャッチ画像の出典:Hestan Cue

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。  

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。  

メールマガジンにご登録いただくと、

週に1回、フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. ラーメン自販機のYo-Kai Expressが家庭用調理機『Ta…
  2. サムスンがIoTアプリに買い物機能を備えた「SmartThing…
  3. 材料毎に投入タイミングを制御するスマート調理ロボットOliver…
  4. 夕飯の準備は出社前の2分で完了!冷蔵機能のあるスマート調理器具S…
  5. 多才な料理ロボットのカナダYPCテクノロジーズが約1億4千万円を…
  6. インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2…
  7. 家庭用チョコレートメーカーChocomake|自分好みのチョコ作…
  8. 米Bowlton Kitchensの1時間に300の調理が可能な…

おすすめ記事

微生物発酵でサステイナブルな着色料を開発するデンマーク企業Chromologics

植物ベースまたは細胞農業によって肉、魚、乳製品に取り組むフードテック企業は増えて…

植物性刺身を開発するOcean Hugger Foodsが復活|タイ企業Nove Foodsと提携して今年後半に海外展開へ

コロナウイルスにより一時は操業停止に追い込まれた植物性代替魚企業Ocean Hu…

世界初!アレフ・ファームズが3Dプリンターで培養リブロース肉を開発

イスラエルのアレフ・ファームズ(Aleph Farms)が培養リブロース肉の3D…

中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土への展開を狙う

中国の植物肉ブランドHey MaetはShuangta Food(双塔食品)より…

アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子を開発、培養肉の生産コスト削減を目指す

アイスランド・ORF Geneticsの技術によって、今後数年のうちに培養肉の商…

自宅を農家にする室内農業のGardynが約10億円を調達

水耕栽培キットを開発するGardynがシリーズAで1000万ドル(約10億円)を…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

情報を論理的に読み解く方法を学べる書籍

【運営者おすすめ】

 

▼今ならKindle unlimitedで無料で読めます▼

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP