キッチンOS

家庭用チョコレートメーカーChocomake|自分好みのチョコ作りに

 

イスラエルのスタートアップは自宅でチョコレートを作れるChocomakeを開発している。

Chocomakeは、調理台に置けるコンパクトなチョコレートメーカー。使い方はアプリからレシピを選び、材料を入れるだけ。あとはChocomakeが混合、テンパリング(温度調整)を自動でやってくれる。完了したら、好みの型にチョコレートを流し込んで固めれば出来上がりだ。

何を加えるかは自分で決められる。ビター、ヴィーガン、アレルギーフリーなチョコレートを自分で作れる。

出典:Chocomake

Chocomake創業者のLiora Omerは、糖分を抑えたりヴィーガンなど食事制限のある人や自分でチョコレートを作りたい人をターゲットにしている。

出典:Chocomake

現在はまだ試作段階で、価格は未定(商品名は変更の可能性あり)。本体のほか特別レシピ用のキットの販売も考えている。レシピはカスタマイズ可能だという。

Chocomakeと似たチョコレートメーカーには、CocoTerraがある。アメリカのシリコンバレー発で、世界で最初に登場した家庭用チョコレートメーカーだ。

CocoTerraも価格は未定だが、

①カカオニブをすりつぶす

②精製

③練り上げる

④テンパリング(温度調整)

⑤型に流し込む

の全工程を装置がやってくれる。

ChocomakeもCocoTerraもコーヒーメーカーほどの大きさで似ているが、両者の違いは次の2点

カカオニブをすりつぶす 型のタイプ
Chocomake 複数の型に流し込める
CocoTerra リング型のみ

カカオニブとは、カカオ豆を砕いたあと、皮を取り除いた部分のこと。 

3Dプリンターで作るチョコレートが複雑な形状の製造を得意とするのと比べると、ChocomakeやCocoTerraは味を個人の好みにカスタマイズできるのが魅力だ。

ChocomakeやCocoTerraを喜ぶのはヴィーガンだけではないはずだ。カフェやレストランが集客やオリジナル商品で差別化するうえで有効なツールになるだろう。

 

参考記事:

Chocomake’s Countertop Device Lets You Make Your Own Chocolate

アイキャッチ画像の出典:Chocomake

 

関連記事

  1. 精密発酵でカカオバターを開発する米Seminal Bioscie…
  2. ベースフードをお試しした感想⇒継続決定【まずいは嘘】|口コミ・評…
  3. 代替ハチミツの米MeliBioが約6.7億円を調達、今春より生産…
  4. 料理の失敗から解放!レシピアプリと調理器をシームレスに連動するス…
  5. アボカドの芽の凍結保存に初めて成功|オーストラリアのクイーンズラ…
  6. MeliBio、高級レストランで蜜蜂フリーなハチミツの提供を期間…
  7. フィンランドの研究チームが細胞培養によるコーヒー生産に成功
  8. コーヒー副産物のアップサイクルに取り組むKaffe Bueno、…

おすすめ記事

フィンランドの研究チームが精密発酵による代替卵白の開発に成功

フィンランドの研究チームは精密発酵技術により、動物を使うことなく卵白タンパク質の…

韓国の培養肉企業CellMEATが約4億7千万円を調達、培養肉の量産とコストダウンを目指す

韓国の培養肉企業CellMEATがプレシリーズAで450万ドル(約4億7千万円)…

培養魚のBlueNalu(ブルーナル)がヨーロッパ進出へ向け冷凍食品大手のノマド・フーズと提携

培養魚を開発する米BlueNalu(ブルーナル)がヨーロッパ進出へ向け動き出した…

チョコレート大手のマース、精密発酵由来の乳タンパク質を使ったチョコレート製品を発売

米チョコレート大手のマースは16日、精密発酵で開発されたアニマルフリーな乳タンパ…

Esco Asterが培養肉の製造承認をシンガポールで取得

シンガポールの医薬品受託製造開発機関(CDMO)であるEsco Asterが、シ…

スイスの食品大手ジボダン、ビューラー、ミグロスが共同で培養肉の実証プラント建設を発表

スイスの大手食品企業が培養肉市場に参入する。ジボダン、ビューラー、ミグロスは共同…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/30 20:07時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(12/01 13:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(12/01 06:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(11/30 16:04時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP