Foovo Deep

ブロックチェーンを活用して透明性の高いサーモン養殖に取り組むKvarøy Arctic

 

国連食糧農業機関(FAO)によると、世界の養殖魚生産量は1990年から2018年までに527%増加した

世界的に本物の魚に代わる植物由来または細胞由来の代替魚の開発が加速しているが、依然として世界で消費される魚の大部分は養殖由来となる。

ノルウェーを拠点とするKvarøy Arcticは、過去30年にわたり家族経営により北極圏でサーモンを養殖してきた。Kvarøy Arcticがほかの養殖漁業者と異なるのは、業界で初めてブロックチェーンを導入していることだ。

ブロックチェーンで魚飼料の各原料までも追跡

出典:Kvarøy Arctic

多くの顧客は、自分が消費する食品がどこから来たものなのか、どのように飼育されたのか、何を飼料としてきたのかを確認したいと思っている。

Kvarøy Arcticは透明性とトレーサビリティを高めるため、業界でいち早くブロックチェーン技術を導入した

同社は2020年6月、IBMが提供するブロックチェーン技術を活用した食品業界向けのITソリューションFood Trustへの参加を表明し、イクラからパッケージ製品まですべての段階で、顧客が会社に責任を負わせることができるシステムを構築した。

これにより、直接収集された変更されていない「真の」データへ顧客のアクセスを促し、顧客が本当に欲しいものを購入できるようにしている。

出典:Kvarøy Arctic

「魚がどこで飼育され、どのように餌を与えられ、どのように選ばれたかについて基本的なデータはたくさん持っていました。しかし、これらのデータはすべて断片化されており、別々に保管されていました」。(CEOのAlf-Gøran Knutsen氏)

ブロックチェーンを導入した新しいシステムにより、イクラ、スモルト、収穫、加工に関するデータをブロックに統合した。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 培養肉企業アレフ・ファームズ、培養コラーゲン事業への参入を発表
  2. 分子農業で代替タンパク質と成長因子を開発するスタートアップ企業4…
  3. Sophie’s BioNutrientsが微細藻類を活用したチ…
  4. 「代替タンパク質大国」を目指すイスラエルの今をクローズアップ-2…
  5. スイスの食品大手ジボダン、ビューラー、ミグロスが共同で培養肉の実…
  6. スティックブランドの米Slim Jimがメタバース参入に向けて商…
  7. 精密発酵企業Formoがバイオテック企業Brain Biotec…
  8. 他社の発酵製品の市場投入を早めるSolar Biotechが約2…

おすすめ記事

培養魚のWanda Fishがタフツ大学と独占的ライセンス契約を締結

イスラエルの培養魚スタートアップWanda Fishは、培養魚の開発でタフツ大学…

中国代替肉企業Hey MaetがプレシリーズAで数百万ドルを資金調達

コロナ後に誕生した中国発の代替肉スタートアップ企業Hey Maetが再び資金調達…

FDAがSensientのチョウマメ由来の青色着色料を承認

FDAがSensientのチョウマメ由来の抽出物を着色料として承認した。Sens…

コオロギタンパク質を生産するエントモファームズが約3億円を調達

コオロギタンパク質粉末を開発するEntomo Farms(エントモファームズ)が…

中国の植物肉企業Starfieldが約114億円を調達、湖北省に自社工場を設立

中国の代替肉スタートアップ企業Starfield(スターフィールド)は、シリーズ…

世界初!米Biomilqが細胞培養でヒトの母乳を体外で作製することに成功

ノースカロライナ州を拠点とするスタートアップ企業Biomilqが、ヒトの母乳を体…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/03 18:34時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/03 12:14時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(07/03 23:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/03 14:35時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP