キッチンOS

米Bowlton Kitchensの1時間に300の調理が可能な料理ロボット、在庫管理も自動化

 

このニュースのポイント

 

●Bowlton Kitchensは料理・在庫管理を自動で行うフードロボットを開発

1時間に300の料理を調理可能

コストはこれまでの1/3に削減可能

●2019年のプレシードで11万5000ドルを調達

 

 

米カリフォルニア発のBowlton Kitchensは、調理時間がこれまでの1/2に、コストが1/3になるフードロボットを開発した。

1時間に300の料理が可能な料理ロボットで、作れる料理は、サラダ、スープ、スパゲッティなど。

Bowlton Kitchensのフードロボットの全体像 出典:Bowlton Kitchens

これはシェフ13人が働くのに等しい作業量だという。

具体的な調理時間は、

サラダ1皿は1分、

スープは2分、

火を使う料理は3分

 

目的は、忙しい時間帯の食事・デリバリーを支援することだという。

 

1時間に300の料理を自動で作れるだけではなく、トッピングを選べるのが特徴だ。

顧客は好みに応じたトッピングを選び、メニューを自由にカスタマイズできる

出典:Bowlton Kitchens

材料はセントラルキッチンで用意され、クラウドキッチン、ファーストフード、自販機、移動販売車などに搬入される。

専用ソフトによる在庫管理システム

出典:Bowlton Kitchens

Bowlton Kitchensは料理を自動化するだけでなく、在庫管理もすべて自動化している。

これにより、

 

必要な材料の注文

期限切れ材料の廃棄

期限切れ間近の材料のディスカウント

 

が可能となる。

画像のように、期限切れの材料が入った容器は自動的に運ばれ、廃棄される仕組み。

出典:Bowlton Kitchens

さらに、専用アプリでキッチンのワークフローを管理し、リアルタイム分析をする。

自社システムやデリバリープラットフォームとの統合もできるという。

容器にいれられた材料は、7日間保存できる

マップ包装(modified atmosphere packaging、ガス置換包装技術)を採用することで、長く鮮度を保持している。

マップ包装は、容器内の空気をその食品の保存に適したガスに置換し、包装する方法をいう。

ガスには、酸化を防ぎ、色や香りを自然な状態に保つ窒素ガスや、色や鮮度を保つ酸素ガス、細菌やカビの繁殖を抑制する炭酸ガスが使われる。

 

こうしたマップ包装が施された容器は、ロボット本体に6000個収容される

これは料理800皿分に相当するボリュームだ。

出典:Bowlton Kitchens

出典:Bowlton Kitchens

ソフト・ハード面を統合することで、調理時間をこれまでの1/2に、コストを1/3にまで節減できるようになる

同社によると、下記のとおり各項目で約1/2~1/3の節減を実現している。

導入前 導入後
労働コスト 28% → 9%
使用スペース 10%   → 5%
食品廃棄コスト 3%    →
1%

 

Bowlton Kitchensは2019年に設立したスタートアップ。

これまでにプレシードラウンドで11万5000ドル(約1200万円)を調達しているが、出資者は公開されていない。

確認した限り、海外メディアではまだ取り上げられておらず、詳細についてはBowlton Kitchensに問い合わせている。追加情報がわかり次第、追記する予定だ。

他社のフードロボット

Bowlton Kitchensのようにフードロボットに取り組む企業として、カナダのYPCテクノロジーズがいる。

トヨタグループのファンドから出資を受けている同社は、介護施設、病院を想定した料理ロボットを開発している。

1時間に100の料理を作れる点では、Bowlton Kitchensと似ているが、自動化率、トッピングのアレンジ、在庫管理の点ではBowlton Kitchensはより効率性を追求していると言える。

YPCテクノロジーズは材料の補充など人の介入が必要となるが、Bowlton Kitchensは材料をセットすれば、あとはロボットがすべてを担う

具体的な導入計画や価格について現在Bowlton Kitchensに問い合わせ中だが、ホームページによると、装置の配達、設置、メンテナンスはすべて同社が担当。ソフトウェアとハードウェアのアップデートは無料だという。

省スペース、コンタクトレス、自動化はいずれもwithコロナの社会で特に必要とされるものだ。Bowlton Kitchensのフードロボットはこれらすべてを満たしている。

Bowlton Kitchensの今後に注目したい。

参考情報

bowlton.comホームページ

crunchbase.com/organization

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 800DegreesとPiestroが提携し完全自動のピザ自販機…
  2. インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2…
  3. フランス・パリにPazziによるピザロボットレストランがオープン…
  4. フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 20…
  5. インド発!ドーサ、ロティ、ビリヤニを作るMukunda Food…
  6. カクテルに3DプリントするPrint a Drink、企業向けの…
  7. トッピングから焼き上げまで3分で完成するピザ自販機Piestro…
  8. 自律型サービスロボットを開発したBear Roboticsがシリ…

おすすめ記事

ダノンとBrightseedが提携を拡大、AIを活用して植物の隠された可能性を追求

世界大手の食品・飲料企業ダノンはバイオテック企業Brightseedとの提携を拡…

牛に頼らず酵母で乳タンパク質を再現するフランス企業Bon Vivant

フランス、リオンを拠点とするスタートアップ企業Bon Vivant(ボン・ビバン…

オーストラリアの培養羊肉企業Magic Valley、アニマルフリーな「骨付きラムチョップ」の開発も視野に

現在、世界には60社ほどの培養肉企業があるが、スタートアップの多くは、牛肉、豚肉…

世界初|MeliBioがミツバチを使わない「本物のハチミツ」を試食会で発表

ミツバチを使わずに代替ハチミツを開発するMeliBioが、世界初となる代替ハチミ…

蜜蜂を使わずにハチミツを作る米MeliBioがプレシードで約9400万円を調達

代替肉、代替ミルクなど代替タンパク質に取り組む企業が増える中…

培養ハイブリッド肉を開発する米New Age Meatsが約2億1千万円を調達

カリフォルニアを拠点とする培養肉スタートアップのNew Age Meatsがシー…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/19 17:57時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/19 11:49時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/19 23:06時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP