代替プロテイン

連続細胞培養技術を開発する英CellulaREvolutionが約1億4千万円を調達

>> <<

 

イギリスを拠点とする培養肉スタートアップCellulaREvolutionが今月、100万ポンド(約1億4千万円)を調達した。

CellulaREvolutionはニューカッスル大学のスピンオフベンチャーで、2019年に設立された。

同社は、培養肉、細胞治療が直面する次の2つの課題を解決するための技術を開発している。

・細胞を増殖させるために動物由来の血清を使用していること。

・細胞培養で利用可能な表面積がスケールアップするうえで大きな制限になっていること。

 

つまり、コスト・量産という2つの課題の解決に焦点をあてている。

無血清・大量生産を可能とするCellulaREvolutionの連続細胞培養

出典:CellulaREvolution

CellulaREvolutionによると、小さなステーキ肉には100億個の接着細胞が含まれており、これだけの細胞を生産するには、従来のバッチ生産では1つのバイオリアクターで1ヶ月要する

同社の技術を使うと、1ヵ月を数日に短縮できるという。

CellulaREvolutionは、

●細胞培養から動物由来の血清を除去

 

●バッチ生産から連続生産へのシフト

を可能とする技術を提供する。

 

これにより、培養肉の生産コストを削減しつつ、生産量を増やすことが可能となる。

公式サイトによると、製品は次の2つ。

①無血清条件でも細胞増殖を高めるペプチドコーティング

②接着細胞の連続生産を可能とするバイオリアクター

 

①のペプチドコーティングにより、高価で、倫理的に問題となる動物由来の血清を培養プロセスから取り除くことができ、コストを抑えて、より安定した細胞培養ができるようになる。

出典:CellulaREvolution

②のバイオリアクターで、これまでよりも収量の高い細胞生産を見込める。

出典:CellulaREvolution

一般に、細胞の大量培養には連続培養バッチ培養がある。

バッチ培養は培地に細胞を播種した後、新たに培地の供給や培養液の取り出しを行わない。そのため、細胞は増殖するが、次第に栄養分は消費され、ある細胞密度に達すると細胞は増殖できなくなる。操作やシステムは単純だが、得られる細胞の数は少ない。

これに対し、連続培養は培養系に新しい培養液を連続的に追加し、細胞を含まない培養上清を排出して、細菌が一定の濃度・一定の増殖速度で増殖しつづけるように工夫した培養法をいう。

 

CellulaREvolutionのバイオリアクターが採用するのは後者で、これまでの生産プロセスを使用する場合、1㎡の連続生産には約7000㎡が必要になるという。

培養肉が市場に流通するためには、コストダウンは避けられない課題であり、CellulaREvolutionの技術はこれを可能とする。

同社の技術は培養肉以外にも、細胞治療や医薬分野にも活用できるが、培養肉が特に成長を見込める分野だと考えている

今回のラウンドにはCPT CapitalStephan Schmidt氏Orange Light VenturesNorthstar VenturesNorth East Innovation FundsNorthern Accelerator Seed Investment Fundが参加した。

CPT Capitalはメンフィスミーツ、アレフ・ファームズ、BlueNaluなどの培養肉企業にも出資しているベンチャーキャピタルで、CellulaREvolutionへの出資について次のように述べている。

「世界で高まる食料ニーズを満たすため、彼らの取り組みは培養肉を工業畜産に代わる現実的、実行可能かつ魅力的なものにするために極めて重要です」。

コストダウンに取り組む世界の培養肉スタートアップ

出典:CellulaREvolution

CellulaREvolutionのほかにも、培養肉のコストダウンに取り組むスタートアップが増えている。

イスラエルのFuture Meatは今月、ハイブリッド鶏肉の生産コストを約780円/約113gまで削減したことを発表した。

アメリカのCulture Biosciencesは各スタートアップが初期投資をかけずにいちはやく研究を開始できるように、AWSのバイオ版ともいえるクラウドでバイオリアクターを使えるサービスを提供している。

New Age Meatsは自動化とデータサイエンスを活用して培養肉の製造期間短縮、コストダウンを追求する。今月に約2.1億円を調達した。

イート・ジャストの培養チキン 出典:イート・ジャスト

2020年の終わりには米イート・ジャストが世界に先駆けて、シンガポールで培養肉の販売許可を取得している。

今年になってわずか2ヵ月弱の間に、資金調達を実施した培養肉企業はVowNovameatBlueNaluBioTechMirai FoodsFuture MeatHoxton FarmsNew Age Meatsと8社あり、勢いが続いている。

先日にはイスラエルの培養肉企業Meat-Techがナスダック市場へのIPOを申請した。

イート・ジャストに続く培養肉のブレイクスルーが今年また起こる可能性がある。

 

参考記事

CellulaREvolution Raises £1M for its Continuous Cell Culture Technology

CellulaREvolution Bags US$1.37 Million To Scale Continuous Cell Culturing Tech System

血栓止血誌3(2)技術講座

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:CellulaREvolution

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 代替エビを開発するNew Wave Foodsが約18億円を調達…
  2. 中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植…
  3. 6つの豆タンパク質から代替魚を開発する米Good Catch、カ…
  4. 香港の代替肉企業グリーンマンデーが植物ベースの代替魚に参入!
  5. グリーンマンデーのインスタント食品、香港のセブンイレブン全店で販…
  6. 幅広い植物肉製品を開発するHungry Planetが約27億円…
  7. インドの代替卵企業Evo Foodsが約8900万円を調達
  8. ビヨンドミートが欧州での小売展開を拡大

おすすめ記事

マイクロ流体チップによる農業用栄養分析デバイスを開発したNordetectが約1億6千万円を調達

室内垂直農業用の検査デバイスを開発するデンマーク企業Nordetectが、シード…

二酸化炭素から動物飼料用のタンパク質を作るDeep Branchが約10億円を調達

二酸化炭素から代替タンパク質を開発するDeep BranchがシリーズAで800…

Aleph Farmsと三菱商事が日本での培養肉導入に向けて協業

イスラエルの培養肉スタートアップAleph Farms(アレフファームズ)と三菱…

動物を使わないチーズを作るChange Foodsが約9100万円を資金調達、生乳市場の破壊へ乗り出す

このニュースのポイント ●Change Foodsがプレシードで約9…

「食べられる」食品包装用フィルムをインド・ロシア研究チームが開発

インドとロシアの研究者は、果物、野菜、肉、水産物を包装するための食用の食品フィル…

蜜蜂を使わずにハチミツを作る米MeliBioがプレシードで約9400万円を調達

代替肉、代替ミルクなど代替タンパク質に取り組む企業が増える中…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP