Foovo Deep

ベルギーのPaleoがペットフード業界に参入|精密発酵ミオグロビンを使用したペットフードの特許を出願

 

精密発酵でヘムを開発するベルギー企業Paleoが今月、ペットフード業界への参入を発表した。同時に、ペットフードへの精密発酵ミオグロビン使用に関する特許出願を発表した。

プレスリリースによると、ペットフードへのミオグロビン使用に関する特許出願は同社が初だという。

※正確には特許出願は2022年6月になされており、2023年11月に特許が公開されたタイミングで特許出願の事実を発表したというプレスリリースになる。

この発表は、Paleoがアジアにおける事業拠点としてシンガポールに事務所を開設した10月のニュースに続くものとなる。

ペットフード業界の市場規模は2023年の1,033億ドルから、2030年には1,392億ドルになると予想されており、成長しているカテゴリーだ。

ビーガンペットフードや植物性ペットフードに対する世界的な需要が高まり、ペットフード購入者の主な購入動機としてサステナビリティを重視する意識が高まるなか、Paleoは自社の精密発酵ミオグロビンの用途としてペットフード市場への参入を模索している。

共同創業者兼CEO(最高経営責任者)のHermes Sanctorum氏は、「私たちは現在、当社のミオグロビンを配合する可能性や、ペットフード用途として共に開発することに興味のあるペットフードメーカーに連絡を取っているところです」と述べている。

ミオグロビンを使用したペットフード特許を読み解く

出典:Paleo

Paleoが精密発酵で開発するのが、動物の筋肉に存在するミオグロビンだ。ミオグロビンは、植物性食品の見た目や味を、色、匂い、風味の点で肉や魚のようにする主要なタンパク質となる。同社はこれまでに、牛、鶏、豚、羊、マグロ、マンモスの6種のヘムタンパク質を開発している

Paleoの出願特許は2件確認されており、いずれも発明者の1人が共同創業者Andy de Jong氏となる。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Paleo

 

関連記事

  1. 分子農業パイオニアの英Moolec Science、SPAC経由…
  2. 代替マグロの切り身を開発する米Impact Food、年内の市販…
  3. 代替母乳のBiomilqがシリーズAで約24億円を調達
  4. 米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerToma…
  5. 英Jack & Bryがジャックフルーツを使った代替切…
  6. 菌糸体ステーキ肉の開発に挑むスペイン企業Libre Foods
  7. 酵母由来の代替パーム油で2023年上市を目指す英Clean Fo…
  8. 培養肉企業アレフ・ファームズが約116億円を調達、2022年に最…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

Motif FoodworksがSolar Biotechとの提携を拡大、精密発酵タンパク質の「AWS」が加速

精密発酵プラットフォーマーSolar Biotech(ソーラー・バイオテック)は…

ドイツのBluu Seafoodと中国のCellXが「細胞農業を現実のものとする」ために協業

ドイツの培養魚企業Bluu Seafoodと中国の培養肉企業CellXは今月、持…

代替脂肪セミナー動画-2022年9月開催-

2022年9月に開催した代替脂肪セミナーの視聴用ページです。会員の方だけ…

NotCoが約95億円を調達、食品業界向けのAIプラットフォーム構築へ

チリのフードテック・ユニコーン企業NotCoは12日、シリーズDラウンドで700…

Esco Asterが培養肉の製造承認をシンガポールで取得

シンガポールの医薬品受託製造開発機関(CDMO)であるEsco Asterが、シ…

米Upside Foodsが新たに培養鶏ひき肉製品を発表

カリフォルニア州を拠点とするUpside Foodsは、新たな製品として培養鶏ひ…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/27 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/27 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/28 00:18時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/27 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/28 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/27 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP