Foovo Deep

食べられるコーヒーカップを開発したCupffeeが約2.6億円を調達

 

コーヒーとともに食べられるカップを開発したブルガリア企業Cupffeeは、プレシードラウンドで180万ユーロ(約2億6000万円)を調達した。Cupffeeが開発したのは、コーヒーを飲み終えたら、そのまま食べることのできるカップだ。

ラウンドはアーリーステージのテック企業に出資するブルガリアのベンチャーキャピタルEleven Venturesが主導した。このラウンドには、欧州イノベーション評議会 (EIC)からの130万ユーロ(約1億9000万円)の助成金も含まれており、Cupffeeは使い捨てのコーヒー文化から、持続可能なコーヒー文化への移行を目指す先駆者になろうとしている。

食べられるカップでコーヒー文化を持続可能なものに

出典:Cupffee

Cupffeeによると、毎年160億個ものプラスチックカップが消費されている。環境意識が高まる今、使い捨てカップでコーヒーをテイクアウトする毎日の習慣を見直すため、Cupffeeは環境に優しい解決策を提供している。それが、Cupffee独自の技術と天然の原料で作られた「食べられるカップ」だ。

同社のカップは、オーツ麦ふすま、小麦粉、水など7つの材料で作られたアニマルフリーなカップとなる。85度の温度まで耐えることができ、液体を注いでから40分間はサクサクした状態を保持できる。1日置いておいても、液体が漏れることはないという。

カップは保護カートンホルダーに収まっているため、カップの表面に触れることなく使用できる。110mL、220mLの2サイズがあり、注文するコーヒーによって使い分けが可能だ。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Cupffee

 

関連記事

  1. Those Vegan Cowboysが精密発酵で作成されたチー…
  2. 古細菌の力で二酸化炭素をタンパク質に変換|オーストリア企業Ark…
  3. 微生物発酵でシーフードを開発するAqua Cultured Fo…
  4. 細胞培養により持続可能で高品質なカカオを生産するCelleste…
  5. Change FoodsがUAEへの精密発酵タンパク質の工場計画…
  6. 精密発酵セミナー動画-2023年4月開催-
  7. 牛を使わずに乳製品を開発するDe Novo Dairy|南アフリ…
  8. 昆虫で食品廃棄物をアップサイクルするLIVIN Farmsが約8…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

ダノンが精密発酵への取り組みを強化、ミシュランら3社とフランスでプラットフォーム構築へ

ダノンが精密発酵への取り組みを強化する。今月12日、ダノンは、Miche…

ロティ、ピザなどのフラットブレッドを90秒で作る家庭用フードロボットRotimatic

コロナウイルスの影響によりレストランの閉鎖を経験した今、デリバリー、家庭用フード…

GOOD Meat、世界最大の培養肉用バイオリアクターの製造へ

イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatはバイオプロセス機器のリーディング…

ベルギーのPaleoがペットフード業界に参入|精密発酵ミオグロビンを使用したペットフードの特許を出願

精密発酵でヘムを開発するベルギー企業Paleoが今月、ペットフード業界への参入を…

独Cultimate Foods、培養脂肪を使用したハイブリッドバーガーを発表

ドイツの培養脂肪企業Cultimate Foodsは先月、アクセラレーターPro…

Picnicがピザ組み立てロボットの予約注文受付をスタート

ピザ組み立てロボットを開発するPicnicが、予約注文の受付を開始したことを発表…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/19 13:05時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/19 22:32時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/20 02:17時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/19 18:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/20 11:33時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/19 21:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP