Foovo Deep

食べられるコーヒーカップを開発したCupffeeが約2.6億円を調達

 

コーヒーとともに食べられるカップを開発したブルガリア企業Cupffeeは、プレシードラウンドで180万ユーロ(約2億6000万円)を調達した。Cupffeeが開発したのは、コーヒーを飲み終えたら、そのまま食べることのできるカップだ。

ラウンドはアーリーステージのテック企業に出資するブルガリアのベンチャーキャピタルEleven Venturesが主導した。このラウンドには、欧州イノベーション評議会 (EIC)からの130万ユーロ(約1億9000万円)の助成金も含まれており、Cupffeeは使い捨てのコーヒー文化から、持続可能なコーヒー文化への移行を目指す先駆者になろうとしている。

食べられるカップでコーヒー文化を持続可能なものに

出典:Cupffee

Cupffeeによると、毎年160億個ものプラスチックカップが消費されている。環境意識が高まる今、使い捨てカップでコーヒーをテイクアウトする毎日の習慣を見直すため、Cupffeeは環境に優しい解決策を提供している。それが、Cupffee独自の技術と天然の原料で作られた「食べられるカップ」だ。

同社のカップは、オーツ麦ふすま、小麦粉、水など7つの材料で作られたアニマルフリーなカップとなる。85度の温度まで耐えることができ、液体を注いでから40分間はサクサクした状態を保持できる。1日置いておいても、液体が漏れることはないという。

カップは保護カートンホルダーに収まっているため、カップの表面に触れることなく使用できる。110mL、220mLの2サイズがあり、注文するコーヒーによって使い分けが可能だ。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Cupffee

 

関連記事

  1. 培養肉用の安価な食用足場を開発するエストニア企業Gelatex|…
  2. 二酸化炭素でタンパク質を作るArkeon Biotechnolo…
  3. 培養魚のB2B製造ソリューションの提供を目指すUmami Bio…
  4. イスラエル大手食品会社Tnuva、代替タンパク質特化のR&Dセン…
  5. AIエンジンで代替タンパク質を開発するThe Live Gree…
  6. モサミートがEUから助成金を授与、Nutrecoと共同で培地コス…
  7. Shiruが「見た目も挙動も動物油脂のような」植物性代替脂肪「O…
  8. 米The Live Green Co、精密発酵によるヒト母乳脂肪…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

培養魚を開発するAvant MeatsがシンガポールのA*STARと提携、共同研究所の設立を発表

培養魚を開発する香港のAvant Meatsが、シンガポール科学技術研究庁(A*…

培養脂肪の英Hoxton Farmsが約32億円を調達、ロンドン市内にパイロット工場建設へ

培養脂肪を開発する英Hoxton Farms(ホクストン・ファームズ)はシリーズ…

植物肉企業Plantedが約100億円を調達、植物由来の鶏胸肉を発売

植物由来の代替肉を製造販売するスイス企業Plantedは1日、シリーズBラウンド…

植物の葉から食用タンパク質を開発するLeaft Foodsが約19億円を調達

代替タンパク質の原料は細胞培養、微生物発酵から、えんどう豆、大豆、オーツ麦など植…

培養魚のB2B製造ソリューションの提供を目指すUmami Bioworks、年内にシンガポールで申請へ【創業者インタビュー】

世界のシーフード消費が増えるなか、絶滅の危機に瀕している魚種を細胞培養により開発…

ブロックチェーンを活用して透明性の高いサーモン養殖に取り組むKvarøy Arctic

国連食糧農業機関(FAO)によると、世界の養殖魚生産量は1990年から2018年…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/15 12:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/15 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/16 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/15 17:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/15 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/15 20:58時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP