Foovo Deep

中国の培養肉企業Jimi Biotechnologyが100%培養鶏肉の開発に成功

 

中国・杭州を拠点とする培養肉企業Jimi Biotechnology(极麋生物)は、「中国初の」100%培養鶏肉の開発に成功したことを発表した。

同社によると、この培養鶏肉は植物性の足場を使用せずに作製されたものとなる。

中国初の100%培養肉

出典:Jimi Biotechnology

植物性の足場を動物細胞と混合して製品開発している培養肉企業もあるなか、Jimi Biotechnologyは100%培養肉は、本物の肉に味・栄養がより近く、消費者に受け入れられやすいと考えている。

同社創業者兼CEO(最高経営責任者)の曹哲厚氏は、植物性足場を含んだ培養肉製品は本当の意味での培養肉とは言えず、消費者心理・商品力の面で、肉好きな消費者を満足させられないと考えている。こうした理由から同社は4カ月前、植物性足場を使用しないことを決め、100%培養肉の製品化を目標とした。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Jimi Biotechnology

 

関連記事

  1. 精密発酵でカゼインを開発するタイのMuu、来年の商用生産を目指す…
  2. 「米ぬか」をタンパク質源に:食糧と競合しない米タンパク質で収益性…
  3. 代替肉の「テスラ」を目指す上海の代替肉企業YouKuaiが約7.…
  4. スイスの食品大手ジボダン、ビューラー、ミグロスが共同で培養肉の実…
  5. AIエンジンで代替タンパク質を開発するThe Live Gree…
  6. 米Apeel Sciencesがアボカドの熟度を即座に把握する新…
  7. おがくずと微生物で脂肪を開発するエストニア企業ÄIOが約1.4億…
  8. BioBetterはタバコ植物を活用して培養肉用の成長因子を開発…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

中国の培養肉企業Jimi Biotechnologyが100%培養鶏肉の開発に成功

中国・杭州を拠点とする培養肉企業Jimi Biotechnology(极麋生物)…

英Jack & Bryがジャックフルーツを使った代替切り身魚を発表

イギリスを拠点とするスタートアップJack & Bryは今月、ジャックフ…

FDA、GOOD Meatの培養鶏肉の安全性を認める Upside Foodsに続き世界で2社目

米イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatは21日、同社の培養鶏肉について…

The Every Company、アニマルフリーな卵白タンパク質を使ったスムージーを発売

The Every Companyのアニマルフリーな卵白タンパク質粉末を使ったス…

キッチンカーで植物肉を広めたい|学生団体Planmeetがクラウドファインディングをスタート

植物肉という食の選択肢を広げるために、早稲田大学などの学生による学生団体Plan…

アニマルフリーな乳タンパク質を開発するイスラエルRemilkが約11億円を調達

イスラエルを拠点とするRemilkがシリーズAラウンドで11…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/20 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/20 11:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP