Foovo Deep

中国の培養肉企業Jimi Biotechnologyが100%培養鶏肉の開発に成功

 

中国・杭州を拠点とする培養肉企業Jimi Biotechnology(极麋生物)は、「中国初の」100%培養鶏肉の開発に成功したことを発表した。

同社によると、この培養鶏肉は植物性の足場を使用せずに作製されたものとなる。

中国初の100%培養肉

出典:Jimi Biotechnology

植物性の足場を動物細胞と混合して製品開発している培養肉企業もあるなか、Jimi Biotechnologyは100%培養肉は、本物の肉に味・栄養がより近く、消費者に受け入れられやすいと考えている。

同社創業者兼CEO(最高経営責任者)の曹哲厚氏は、植物性足場を含んだ培養肉製品は本当の意味での培養肉とは言えず、消費者心理・商品力の面で、肉好きな消費者を満足させられないと考えている。こうした理由から同社は4カ月前、植物性足場を使用しないことを決め、100%培養肉の製品化を目標とした。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Jimi Biotechnology

 

関連記事

  1. 「砂糖を再発明する」妥協なき代替砂糖の開発に挑戦するイスラエル企…
  2. SuperMeatの培養肉試食に特化したレストランがオープン|顧…
  3. ネスレ、アニマルフリーな乳製品開発で精密発酵スタートアップと提携…
  4. Calystaの単細胞タンパク質FeedKind、水産養殖への使…
  5. Novameatが約7億円を調達、独自3Dプリント技術による代替…
  6. 米培養肉UPSIDE Foodsが世界で初めてFDAの安全性認可…
  7. 植物性の全卵を開発するYo Eggが米国進出を実現、ビーガン落と…
  8. 中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

ドバイが次のフードテックハブになる?UAEがドバイにフードテックバレーを設置

フードテックに国をあげて力を入れている代表例はシンガポールだが、今後はこのリスト…

培養魚のBlueNalu(ブルーナル)がヨーロッパ進出へ向け冷凍食品大手のノマド・フーズと提携

培養魚を開発する米BlueNalu(ブルーナル)がヨーロッパ進出へ向け動き出した…

Better Juiceの砂糖削減技術を使用したフルーツジュースが今年市販化へ

フルーツジュースの砂糖を減らす技術を開発するBetter Juice(ベタージュ…

スピルリナ由来の代替肉、スナックバーを開発するインド企業Naka Foods

インドのフードテック企業Naka Foodsは、スピルリナ由来の栄養スナックバー…

Change Foodsが約13億円を調達、精密発酵の市場投入を加速するパートナーシップを締結

精密発酵によりチーズを開発するChange Foodsは、シードラウンドで追加の…

イスラエル政府が培養肉コンソーシアムに約23億円の助成金を提供

イスラエル経済産業省傘下のイスラエル・イノベーション庁(Israel Innov…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/28 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/28 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/29 00:19時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/28 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/28 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/28 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP