3Dプリンター

ホールカットの植物サーモンを開発するOshi、年内にアメリカで発売へ

 

ホールカットの植物由来サーモンを開発するイスラエル企業Plantishは今月、今年後半に予定しているアメリカでの発売に先立ち、社名をOshiに変更したことを発表した。

選択肢が少ないホールカットの代替魚

出典:Oshi

世界の魚消費の70%以上が丸ごとの魚や切り身などホールカットになるため、Oshiは代替シーフード市場ではまだ選択肢が限られているホールカットの植物サーモンを導入することでこの分野に変革を起こそうとしている。

技術的な複雑さから、従来の代替シーフード市場ではホールカットの選択肢が少なく、フィッシュフィンガーやフライドフィッシュなどミンチした魚に焦点があてられてきた。Oshiは独自の3Dプリンティング技術でこれらの課題を克服し、革新的で持続可能な植物シーフード生産を可能とした。

2021年3月に設立されたOshiはマメ科植物と藻類抽出物を原料に、3Dプリンティング技術で繊維構造を再現した植物サーモンを開発している。同社サーモンは、タンパク質、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸、ビタミンB群など、本物のサーモンと同じ栄養価を備えている。

共同創業者兼CEO(最高経営責任者)のOfek Ron氏は、「『オーシャン』という言葉に由来する新しい社名は、消費者の共感を呼ぶ優れたシーフード製品を提供するというという当社の価値と約束を表しています。私たちはより健康的で環境に優しい食料システムを推進しながら、従来のシーフードに代わる持続可能で美味しい代替品の提供を目指しています」とコメントしている。

年内にアメリカで発売へ

出典:Oshi

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Oshi

 

関連記事

  1. 分子農業スタートアップMiruku創業者に聞く「ベニバナによる乳…
  2. 培養肉でメキシコ初のスタートアップMicro Meatは量産化段…
  3. ビーガンチーズを開発するMiyoko’s Creameryが約5…
  4. 米培養肉Upside Foods、カリフォルニアに培養肉工場を開…
  5. アレフ・ファームズ、イギリスで培養肉の申請書類を提出
  6. ビヨンドミートが代替ミルクにも参入か?ビヨンドミルクの商標を出願…
  7. ビールの醸造で発生する廃棄大麦をアップサイクルするReGrain…
  8. イスラエルの培養肉・代替肉企業6社まとめ

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

ビヨンドミートが新しいビヨンドバーガーを5月に全米小売で発売

代替肉巨人のニュースが止まらない。ビヨンドミートが新しい植物肉バーガーを…

【世界初】米The Every Companyがアニマルフリーな「本物の卵白」を発売

カリフォルニアを拠点とするThe EVERY Companyは23日、世界初のア…

Meatable、シンガポールへ培養豚肉餃子の導入を目指してESCO Asterと提携

オランダの培養肉Meatableは、世界で最初に培養肉製造認可を取得したシンガポ…

アニマルフリーな乳製品を開発する英Better Dairyが約2億2千万円を資金調達

このニュースのポイント イギリスBetter …

パーフェクトデイが約390億円を調達、今秋にアニマルフリーなクリームチーズを発売

アニマルフリーな乳製品を開発する米パーフェクトデイがシリーズDラウンドで3億50…

iPS細胞で培養肉を開発するオランダ企業MeatableがシリーズAで約50億円を調達

オランダの培養肉企業MeatableはシリーズAラウンドで4700万ドル(約50…

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

培養魚企業レポート好評販売中

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(09/25 10:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(09/24 19:24時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/24 22:55時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/25 16:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(09/25 09:28時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(09/24 18:49時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP