3Dプリンター

ホールカットの植物サーモンを開発するOshi、年内にアメリカで発売へ

 

ホールカットの植物由来サーモンを開発するイスラエル企業Plantishは今月、今年後半に予定しているアメリカでの発売に先立ち、社名をOshiに変更したことを発表した。

選択肢が少ないホールカットの代替魚

出典:Oshi

世界の魚消費の70%以上が丸ごとの魚や切り身などホールカットになるため、Oshiは代替シーフード市場ではまだ選択肢が限られているホールカットの植物サーモンを導入することでこの分野に変革を起こそうとしている。

技術的な複雑さから、従来の代替シーフード市場ではホールカットの選択肢が少なく、フィッシュフィンガーやフライドフィッシュなどミンチした魚に焦点があてられてきた。Oshiは独自の3Dプリンティング技術でこれらの課題を克服し、革新的で持続可能な植物シーフード生産を可能とした。

2021年3月に設立されたOshiはマメ科植物と藻類抽出物を原料に、3Dプリンティング技術で繊維構造を再現した植物サーモンを開発している。同社サーモンは、タンパク質、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸、ビタミンB群など、本物のサーモンと同じ栄養価を備えている。

共同創業者兼CEO(最高経営責任者)のOfek Ron氏は、「『オーシャン』という言葉に由来する新しい社名は、消費者の共感を呼ぶ優れたシーフード製品を提供するというという当社の価値と約束を表しています。私たちはより健康的で環境に優しい食料システムを推進しながら、従来のシーフードに代わる持続可能で美味しい代替品の提供を目指しています」とコメントしている。

年内にアメリカで発売へ

出典:Oshi

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Oshi

 

関連記事

  1. ホームメイド料理をデリバリーするShefが約22億円を調達
  2. スウェーデンHookedが初となる約1800万円を調達、代替ツナ…
  3. ADMが精密発酵スタートアップNew Cultureと戦略的パー…
  4. 細胞農業で脱カカオを進めるフィンランドのチョコレートメーカーFa…
  5. Space Fが韓国初の培養鶏肉と牛肉、そして培養豚肉プロトタイ…
  6. SavorEatがパーソナライズ化された3Dプリント植物肉バーガ…
  7. 細胞培養によるカキを開発するアメリカ企業Pearlita Foo…
  8. イスラエル農務省が設立した培養ティラピアを開発する培養魚企業E-…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

再生医療学会・培養肉シンポジウムレポート|再生医療研究者が「培養肉」をテーマに集結

先月開催された第21回日本再生医療学会総会では初の試みとして、「培養肉開発の現状…

精密発酵のImagindairy、シードラウンドの資金調達を約35億円で完了

精密発酵で乳製品を開発するイスラエル企業Imagindairyは18日、シードラ…

Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の市場アクセス改善を本格支援

このニュースのポイントApeel Science…

ソーラーフーズ、シンガポールでソレインの販売認可を取得

二酸化炭素と微生物を活用して代替タンパク質ソレインを開発するソーラーフーズ(So…

機能性成分としての培養タンパク質粉末を開発する韓国のSimple Planet、年内に北米支店を設立

韓国の培養肉企業Simple Planetは今年後半に北米に支店を設立し、商品化…

Mycorenaが菌類由来の代替脂肪「Mycolein」の発売を発表

スウェーデン企業Mycorenaが菌類由来の代替脂肪「Mycolein(マイコレ…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/27 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/27 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/27 00:17時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/27 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/27 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/27 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP