3Dプリンター

ホールカットの植物サーモンを開発するOshi、年内にアメリカで発売へ

 

ホールカットの植物由来サーモンを開発するイスラエル企業Plantishは今月、今年後半に予定しているアメリカでの発売に先立ち、社名をOshiに変更したことを発表した。

選択肢が少ないホールカットの代替魚

出典:Oshi

世界の魚消費の70%以上が丸ごとの魚や切り身などホールカットになるため、Oshiは代替シーフード市場ではまだ選択肢が限られているホールカットの植物サーモンを導入することでこの分野に変革を起こそうとしている。

技術的な複雑さから、従来の代替シーフード市場ではホールカットの選択肢が少なく、フィッシュフィンガーやフライドフィッシュなどミンチした魚に焦点があてられてきた。Oshiは独自の3Dプリンティング技術でこれらの課題を克服し、革新的で持続可能な植物シーフード生産を可能とした。

2021年3月に設立されたOshiはマメ科植物と藻類抽出物を原料に、3Dプリンティング技術で繊維構造を再現した植物サーモンを開発している。同社サーモンは、タンパク質、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸、ビタミンB群など、本物のサーモンと同じ栄養価を備えている。

共同創業者兼CEO(最高経営責任者)のOfek Ron氏は、「『オーシャン』という言葉に由来する新しい社名は、消費者の共感を呼ぶ優れたシーフード製品を提供するというという当社の価値と約束を表しています。私たちはより健康的で環境に優しい食料システムを推進しながら、従来のシーフードに代わる持続可能で美味しい代替品の提供を目指しています」とコメントしている。

年内にアメリカで発売へ

出典:Oshi

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Oshi

 

関連記事

  1. 極限環境微生物で代替パーム油を開発するシンガポール企業Biteb…
  2. クラフト・ハインツがAIを活用するフードテック企業NotCoと合…
  3. Vowが絶滅マンモスのDNAから培養マンモスミートボールを作製
  4. オーストラリアのCauldronが約9.3億円を調達、「より小さ…
  5. ビヨンドミートが新しいビヨンドバーガーを5月に全米小売で発売
  6. 精密発酵でカゼインを開発するMuu、韓国のロッテ精密化学とMOU…
  7. 杏子の種から植物ミルクを開発するKern Tecが約19億円を調…
  8. Mycorenaが菌類由来の代替脂肪「Mycolein」の発売を…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

米イート・ジャスト、年内または2022年に30億ドルのIPOを目指す

植物卵・培養肉を開発するアメリカのイート・ジャストが、今年第4四半期から2022…

牛を使わずに本物と同等のカゼインを開発するエストニア企業ProProtein

エストニアを拠点とするProProteinは微生物を活用して、牛を使うことなく主…

培養肉セミナー動画(日本細胞農業協会理事・岡田健成氏)|2024年3月開催

今月25日、培養肉の研究開発に取り組むかたわら、日本細胞農業協会で理事を務める岡…

ドイツのBluu Seafoodが欧州で初めて培養魚製品を発表、2023年にアジア上市を目指す

ドイツの培養魚企業Bluu Seafood(旧称Bluu Biosciences…

米SCiFi Foodsが培養牛肉製品で初のLCAを実施、環境メリットを証明

培養牛肉を開発するアメリカ企業SCiFi Foodsは、培養牛肉製品について初と…

代替油脂のパイオニアCUBIQ Foodsが約7.8億円を調達、カーギルと戦略的パートナーシップを締結

写真はイメージ植物肉の需要増加に伴い、サステイナブルで本物に近い代替油脂の開…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/14 13:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/14 22:28時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/15 02:14時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/14 18:57時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/15 11:32時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/14 21:54時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP