代替プロテイン

牛を手放し「型破り」な転身を実現したイギリス農家と、それを支援するRefarm’d

▼10/26培養肉セミナーのご案内(画像をクリック)

-------------

 

畜産農家のなかには、古くからのやり方はよくないと思いながらも、ほかに生計を立てる方法がなく、仕方なく続けている人もいる。

祖父の代から受け継がれた農場を自分の代で廃業し、新しいことを始めることに恐怖と重圧を感じる人もいる。動物を殺すことに良心の呵責を感じながらも、どうすることもできないで自分を責める人もいる。

イギリスで農家を運営するジェイ・ワイルド氏もその1人だった。

しかし、ワイルド氏は父親から受け継いだ農場を変えることを決意。

近隣の農家との関係は希薄になり、「おかしな農場」と批判されたが、畜産から植物性ミルクの生産へとシフトした今、「夢が現実になった」と語っている

畜産農家のビジネスモデル転換を支援するRefarm’d

イギリス・アシュボーンにある農家Bradley Nook Farmは2017年、植物性乳製品のビジネスへ転換することを決めた。

以前は乳産業を営み、有機牛肉も生産していたが、畜産を廃業。

現在は、倫理的でサステイナブルなプラントベースのオーツ麦ミルクを生産している。

ヴィーガン農家へ転換したジェイド夫妻 出典:Refarm’d

Bradley Nook Farmのビジネスモデルの転換を支援したのは、ロンドンを拠点とするスタートアップ企業Refarm’dだった。

Refarm’dは農家が「変身後」に生産する植物性ミルクを販売するプラットフォームを提供する。

農家が作る代替ミルクはRefarm’dのサイトで販売され、ユーザーは定期購入や単回購入など選ぶことができる。

このプラットフォームがあるおかげで、農家はビジネスモデルを変えた後に、商品が売れるか心配しなくてすむ。

畜産農家からヴィーガン農家への「型破り」なシフト

出典:Refarm’d

Bradley Nook Farmを運営するジェイ・ワイルド氏、カジャ・ワイルド氏の物語は15分のドキュメンタリー映画『73 Cows』にまとめられている。

映画では、牛たちを屠殺場でこれ以上殺すことができないと苦しむワイルド氏が、良心の呵責に苦しみながらも、ビジネスシフトする過程で直面する恐怖心、重圧など、心のうちが語られている。

牛を手放すことは、それまでの人生を否定するような「型破り」な転換であり、「怖かった」とドキュメンタリーの中で語っている。

ヴィーガン農家に転換するにあたり、ワイルド氏夫妻は牛を屠殺場へ送るのではなく、ノーフォークにあるサンクチュアリ(Hillside Animal Sanctuary)に移すことを決めた。

しかし、すぐに新しいビジネスにシフトできたわけではなかった

ジェイド氏はRefarm’dと出会い、同社の農家を非難するのではなく、日常生活を徐々に変えながら生計を立てることができるというコンセプトに感銘を受けたと語っている。

出典:Refarm’d

ジェイド夫妻が作るオーツ麦ミルクはRefarm’dのサイトで販売されている。

定期購入型で販売されるオーツ麦は、すべて配送直前に作られる新鮮なもの。

現在、デリバリーの受け取り方法は、指定された10の受取場所で受け取るか、農場で直接受け取るかのいずれかとなっている。再利用可能な瓶を使用しており、使用済みの瓶は次の配達時に回収される。

ワイルド夫妻の農家はRefarm’d の最初のパートナーとなった。同社はワイルド氏夫妻の農家のほかに、スイスでもこれまでに2つの農場のビジネスシフトを支援している。

代替食品への移行には農家への支援が不可欠

Refarm’dは自身がヴィーガンであるGeraldine Starke氏が創業したスタートアップ。

Geraldine Starke氏 出典:Refarm’d

畜産による動物虐待に心を痛めていたStarke氏は、自ら調査を実施。

元農家、現役農家に話を聞き、実際には彼らの多くが畜産からのシフトを望んでいることを知るしかし、農家にある選択肢は、全く違う仕事を選ぶことで、それは農家がこれまで蓄積したものを手放すことを意味した。

そこで、このギャップを埋めるための生き残り策を考え、生産者、顧客をつなぐプラットフォームとなるRefarm’dが生まれた

Refarm’dはプラントベースミルクから事業を始めたが、今後はチーズ、ヨーグルト、バター、クリームなどにも展開したいと考えている。また、酪農家だけでなく、動物肉を扱う畜産農家のビジネス転換も支援したいと考えている。

Starke氏は、動物肉を作るためのプロセスや知見を活用して植物肉を作れると考えているが、代替肉へのシフトはより複雑で知見が求められるため、農家が比較的着手しやすいプラントベースミルクから始めたという。

オータリーによる転職支援サービス

出典:Refarm’d

農家を持続可能なビジネスへシフトする支援を最初に実施したのは、スウェーデン企業オータリーだった。

2017年、オータリーはAdam Arnesson氏のビジネス転換を支援した。

Arnesson氏が栽培するオーツ麦は、羊、豚、牛用の動物飼料に使われていたが、オータリーの支援を受けて、現在ではオーツ麦ミルクの原料として使用されている。

このほか、鶏と牛の飼育から、キノコを生産する農家へキャリアチェンジした事例もある。

温室効果ガスの排出量や森林伐採、水の大量消費など、畜産の限界や問題点が指摘されているが、ビジネスシフトをしたくても、代々にわたり受け継がれてきた「歴史」が重圧となったり、変化を起こすことに恐怖を感じたりして、行動に移せない農家もいる。

持続可能な社会を実現するためには、既存の畜産業にいる人たちを批判するのではなく、彼らが置かれた状況を理解することが第一歩となる。

代替肉、代替乳製品は必要だが、既存産業の生き残り策も考えなければ、共創は難しい

Refarm’dのように、既存の畜産農家がそれまでの知見を活かして、新しいビジネスに参入できるようにする支援が日本でも求められている。

 

▼ワイルド夫婦を描いたドキュメンタリー映画『73 Cows

 

参考記事

Dairy Farmers Ditch Cows To Make Oat Milk Delivered In Reusable Bottles

Dairy Farmers: How to Go From Dairy to Plant Milk, From a Farm to a Sanctuary

 

 

▼10/26培養肉セミナーのご案内(画像をクリック)

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 昆虫由来の代替タンパク質に取り組むTebritoが約1億円を調達…
  2. 植物食品のゲームチェンジ:Motif FoodWorksが植物性…
  3. タイソンフーズが出資するFuture Meatが培養鶏肉のコスト…
  4. 中国発の培養肉企業CellXが資金調達、2021年に試作品発表へ…
  5. 廃棄大麦から代替タンパク質を開発するEverGrain|世界最大…
  6. ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rap…
  7. 植物性卵・培養鶏肉を開発するイート・ジャストが新たに約219億円…
  8. 動物を殺さずに動物性脂肪を開発する英Hoxton Farmsが約…

おすすめ記事

培養ハイブリッド肉を開発する米New Age Meatsが約2億1千万円を調達

カリフォルニアを拠点とする培養肉スタートアップのNew Age Meatsがシー…

ドバイが次のフードテックハブになる?UAEがドバイにフードテックバレーを設置

フードテックに国をあげて力を入れている代表例はシンガポールだが、今後はこのリスト…

【完全食】ベースクッキーの実食レビュー|罪悪感のない間食にぴったり【口コミ・評判】

橋本社長の理念に惚れてから始めた完全栄養食ベースフード。今年6月に新しく…

子どもが培養肉を知るための絵本のクラファンがスタート

動物を殺さずに、動物から採取した細胞を培養して生産される動物肉を培養肉という。…

フィンランドの研究チームが細胞培養によるコーヒー生産に成功

フィンランド技術研究センター(VTT)の研究チームは、細胞農業によりコーヒー豆を…

とうもろこしから作られる砂糖|植物繊維のアップサイクルで砂糖を開発する英The Supplant Company(サプラント)

代替品でもなく、人工的に合成されたものでもなく、自然由来で健康に優しい砂糖が登場…

第2回Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(10/25 15:15時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(10/26 09:08時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(10/25 20:00時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP

Fatal error: Uncaught wfWAFStorageFileException: Unable to save temporary file for atomic writing. in /home/xs648694/foodtech-japan.com/public_html/wp-content/plugins/wordfence/vendor/wordfence/wf-waf/src/lib/storage/file.php:35 Stack trace: #0 /home/xs648694/foodtech-japan.com/public_html/wp-content/plugins/wordfence/vendor/wordfence/wf-waf/src/lib/storage/file.php(659): wfWAFStorageFile::atomicFilePutContents('/home/xs648694/...', '<?php exit('Acc...') #1 [internal function]: wfWAFStorageFile->saveConfig('livewaf') #2 {main} thrown in /home/xs648694/foodtech-japan.com/public_html/wp-content/plugins/wordfence/vendor/wordfence/wf-waf/src/lib/storage/file.php on line 35