Foovo Deep

精密発酵で乳タンパク質・乳脂肪を開発するPhyx44が約1.7億円を調達

 

アジアに新たな精密発酵企業が登場した。インドのPhyx44は、シードラウンドで120万ドル(約1億7000万円)を調達した

Phyx44は精密発酵によりホエイタンパク質、カゼインタンパク質、乳脂肪の開発に取り組んでいる。ホエイやカゼインに特化して乳タンパク質を開発する精密発酵企業は増えているが、乳タンパク質に加え脂肪というカテゴリーに着目する企業は少ない。

この点で、Phyx44は1社で乳製品に必要な成分をカバーする「フルスタックプレーヤー」といえる。今回のラウンドにはシンガポールの培養シーフード企業Shiok Meatsの共同創業者Sandhya Sriramも参加した。

「脂肪」を含む乳成分開発に取り組む独自アプローチ

出典:Phyx44

Phyx44創業者のBharath Bakaraju氏は、「脂肪には十分な関心が寄せられていません。私たちは主要な乳タンパク質と共に主要成分である脂肪に取り組む数少ない企業の1つです。これは、素晴らしい製品を作成する当社の能力に大変役立つものだと考えています」とコメントし、自社の独自性として「脂肪」の開発を強調している。

微生物を活用して動物由来と同一のタンパク質生成を可能とする精密発酵は、畜産由来のタンパク質と比べ、温室効果ガス排出量、土地利用、水消費を大幅に削減できることから、気候変動対策・食料危機対策として、急速に研究開発が進む代替タンパク質の1分野だ。

早期から精密発酵のポテンシャルに注目しているRethink Xは2019年のレポートで、精密発酵を含む細胞農業の普及により、2030年までに家畜牛数が半減すると予想。同レポートはさらに、2025年頃には精密発酵タンパク質の生産コストと、牛由来の乳タンパク質の生産コストが逆転すると予想している。

インドで2社目の精密発酵プレーヤー

出典:Phyx44

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Phyx44

 

関連記事

  1. タイ食品大手のCPフーズがイスラエルの培養肉企業フューチャーミー…
  2. 微生物を活用してアニマルフリーなチーズを開発するFormo、年内…
  3. 精密発酵スタートアップ9社が精密発酵組合を設立
  4. 培養シーフードのShiok Meatsが培養肉企業Gaia Fo…
  5. インドEvo Foodsが代替卵を年内に販売開始、2021年4月…
  6. カンガルーの培養肉を開発するオーストラリア企業Vow、食の変革に…
  7. 香港グリーン・マンデーが約73億円の資金調達に成功、年内に広東に…
  8. 培養マグロを開発するWanda Fishが約10億円を調達

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

DSM・フォンテラが設立した精密発酵企業Vivici、資金調達を経てアニマルフリー乳タンパク質の開発を加速

精密発酵でアニマルフリーな乳タンパク質を開発するオランダ企業Viviciは今月、…

ドイツのBluu Seafoodが欧州で初めて培養魚製品を発表、2023年にアジア上市を目指す

ドイツの培養魚企業Bluu Seafood(旧称Bluu Biosciences…

イスラエルのForsea Foodsが世界で初めて培養うなぎの試作品を発表

イスラエルの培養魚企業Forsea Foodsが培養うなぎの開発に成功し、初とな…

スペイン政府がBioTech Foodsの主導する培養肉プロジェクトに約6億5千万円を出資

スペインの培養肉スタートアップBioTech Foodsはスペイン政府から520…

代替母乳のBiomilqがシリーズAで約24億円を調達

細胞培養により代替母乳を開発するBiomilqがシリーズAで2100万ドル(約2…

奇跡の植物肉「ミラクルミート」を開発したDAIZに国内外から引き合いが止まらない理由

動物肉に代わる肉として代替肉に注目が集まっている。代替肉は、畜産による環境負荷を…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/15 12:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/15 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/16 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/15 17:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/15 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/15 20:58時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP