代替プロテイン

精密発酵で乳タンパク質・乳脂肪を開発するPhyx44が約1.7億円を調達

 

アジアに新たな精密発酵企業が登場した。インドのPhyx44は、シードラウンドで120万ドル(約1億7000万円)を調達した

Phyx44は精密発酵によりホエイタンパク質、カゼインタンパク質、乳脂肪の開発に取り組んでいる。ホエイやカゼインに特化して乳タンパク質を開発する精密発酵企業は増えているが、乳タンパク質に加え脂肪というカテゴリーに着目する企業は少ない。

この点で、Phyx44は1社で乳製品に必要な成分をカバーする「フルスタックプレーヤー」といえる。今回のラウンドにはシンガポールの培養シーフード企業Shiok Meatsの共同創業者Sandhya Sriramも参加した。

「脂肪」を含む乳成分開発に取り組む独自アプローチ

出典:Phyx44

Phyx44創業者のBharath Bakaraju氏は、「脂肪には十分な関心が寄せられていません。私たちは主要な乳タンパク質と共に主要成分である脂肪に取り組む数少ない企業の1つです。これは、素晴らしい製品を作成する当社の能力に大変役立つものだと考えています」とコメントし、自社の独自性として「脂肪」の開発を強調している。

微生物を活用して動物由来と同一のタンパク質生成を可能とする精密発酵は、畜産由来のタンパク質と比べ、温室効果ガス排出量、土地利用、水消費を大幅に削減できることから、気候変動対策・食料危機対策として、急速に研究開発が進む代替タンパク質の1分野だ。

早期から精密発酵のポテンシャルに注目しているRethink Xは2019年のレポートで、精密発酵を含む細胞農業の普及により、2030年までに家畜牛数が半減すると予想。同レポートはさらに、2025年頃には精密発酵タンパク質の生産コストと、牛由来の乳タンパク質の生産コストが逆転すると予想している。

インドで2社目の精密発酵プレーヤー

出典:Phyx44

Phyx44はインドに拠点を置いているが、グローバル市場を視野に入れている。アイスクリーム、チーズ、焼き菓子製品などのアプリケーションを検討しており、2024年にシンガポールとインドで最初の製品発売を目指している。

Phyx44は現在、100Lのバイオリアクターまでスケールアップしており、調達した資金で研究開発を加速させ、チームを拡充し、主要パートナーと製品の共同開発に取り組むという。

これまでに精密発酵企業の多くはアメリカ、イスラエル、欧州に集中していたが、昨今、アジアでも複数の設立が確認されている。Foovoが確認している限り、Phyx44はインドで2社目の精密発酵企業となる。1社目は2020年設立のZero Cow Factoryだ。

アジアで精密発酵プレーヤーが増加

パーフェクトデイの乳タンパク質を使用したアイスクリーム(Foovo佐藤撮影)

今年には中国でも最初の精密発酵企業が登場したほか、先月開催されたシンガポールの展示会にはタイからも新たなスタートアップが参加していた。

国内では、不二製油グループが先月、油脂酵母から世界トップレベルの代替パーム油生産を実現した事例が報告されているものの、食用タンパク質の開発については特定のプレーヤーを確認できず、海外に遅れを取っている状況にある。

現状、精密発酵企業の大部分は乳タンパク質を開発しているが、Phyx44のように脂肪に着目するプレーヤーも増えていくだろう。

精密発酵の代表格パーフェクトデイのアイスクリームは、ココナッツオイルやヒマワリ油など植物油脂を使用しているが、植物油脂は土地利用の点で環境負荷を無視できず、生産の大部分を一部の国に依存しているため、持続可能とはいいがたい。

今後は、代替乳製品や植物肉など既存製品をさらに改良するための「脂肪」に注目が集まっていくことは避けられないトレンドになると思われる。

 

参考記事

Phyx44, India’s First Full-Stack Precision Fermentation Dairy Company, Raises $1.2M Seed

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Phyx44

 

関連記事

  1. Esco Asterが培養肉の製造承認をシンガポールで取得
  2. オランダの培養肉企業Meatableが培地の共同開発でDSMと提…
  3. ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio
  4. インポッシブルフーズの脅威になるか?スピルリナ由来のヘムを開発し…
  5. 3Dプリンターを活用した培養肉の自動生産を目指して大阪大学・島津…
  6. バイオ3Dプリンティング技術で培養肉を開発するTissenBio…
  7. 米Wild Earth、2023年に細胞培養によるペットフード製…
  8. 精密発酵チーズのNew CultureがCJ第一製糖と提携、20…

おすすめ記事

米ビール大手のモルソン・クアーズが植物性ミルク市場へ進出

アメリカ大手のビール会社であるモルソン・クアーズ(Molson Coors)は、…

オランダの培養肉企業Meatableが培地の共同開発でDSMと提携

オランダの培養肉企業Meatableは、手頃な培地の共同開発でオランダの総合化学…

イスラエルのPlantishが3Dプリントされた植物性サーモンを発表、2024年に本格販売へ

イスラエルのフードテック企業Plantishは、植物原料を使った代替サーモンの切…

培養フォアグラを開発する仏Gourmeyが約11億円のシード資金を調達、仏政府も支援

培養フォアグラを開発するフランス企業Gourmeyが1000万ドル(約11億円)…

細胞培養でチョコレートを開発するCalifornia Culturedが約4億5000万円を調達

細胞培養によりチョコレートを開発するCalifornia Culturedがシー…

バイオ3Dプリンティング技術で培養肉を開発するTissenBioFarmが約2.2億円を調達

韓国の培養肉スタートアップTissenBioFarmは先月、シリーズAラウンドで…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/30 20:07時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(12/01 13:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(12/01 06:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(12/01 16:05時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP