代替プロテイン

中国の植物肉HEROTEINが米培養油脂Mission Barnsと培養ハイブリッド肉の共同開発で提携

▼10/26培養肉セミナーのご案内(画像をクリック)

-------------

 

中国の植物肉企業HEROTEINが、アメリカの培養肉企業Mission Barnsと戦略的パートナーシップを締結した。2社は培養肉と植物肉をブレンドしたハイブリッド肉の共同開発で協力する。

この提携により、HEROTEINが中国で最初に培養肉を販売する企業となる可能性が高まった。

HEROTEIN(元HERO Protein)は中国を拠点に植物ベースの代替肉を展開している中国企業。2020年に設立され、中国の外食産業で代替豚肉、代替牛肉を販売してきた。今回の発表に合わせ、中国ブランドButler & White’sと共同開発した16種類の植物肉商品を発売したことも明らかにされた。

出典:HEROTEIN

一方、Mission Barnsはシリコンバレーを拠点とする細胞農業スタートアップで、設立は2018年。今年4月にシリーズAで2400万ドル(約26億円)を調達し、現在、サンフランシスコに実証プラントの建設を進めている。

今回のニュースで注目すべき点は2つ。1点は、中国に培養ハイブリッド肉が導入される可能性が高まったこと。2点目は培養肉と植物肉をブレンドしたハイブリッド肉の市販化が近づいてきたことだ。

現在、市場に出回る植物肉の原料は、大豆、えんどう豆、小麦などが主流だが、その風味は本物の動物肉には及ばない。そのため、既存の植物肉を本物に近づけるうえで不可欠とされる「油脂」を細胞ベースで作る企業の登場が近年目立つ。Mission Barnsもその1社となる。

出典:Mission Barns

同社は4月の資金調達時に、培養脂肪「Mission Fat」をまず植物肉に組み込むものとして商用化すると発表していた。その対象国として中国市場が選定されたことは興味深い。

Mission Barnsの培養油脂を使ったハイブリッド肉が中国で販売されるためには、中国当局の承認を得る必要がある。植物ベースの代替肉に組み込む形であっても、細胞培養で作られた油脂を含む代替肉は許認可を受けなければならない。

これまでに培養肉の販売が許可された国はシンガポールに限られており、中国でどのタイミングでハイブリッド肉が販売されるかは定かではない。しかし、2社の提携により、HEROTEINが中国で最初に培養ハイブリッド肉を販売する企業となる可能性は高まったといえる。

直近では精密発酵で代替油脂を開発するNourish Ingredientsとオーストラリアの培養肉企業Vow提携を発表した。今後は代替肉業界のスタートアップ同士による提携、スタートアップ企業と大手との提携事例が増えていくことが予想される。

 

参考記事

Rebranded HEROTEIN Debuts Ready Meal Range, Partners with Mission Barns to Develop China’s First Hybrid Meat Products

HEROTEIN Partners With Mission Barns to Bring First Hybrid Cultivated / Plant-Based Meat Products to China

 

関連記事

 アイキャッチ画像の出典:HEROTEIN

 

▼10/26培養肉セミナーのご案内(画像をクリック)

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラ…
  2. インドの代替卵企業Evo Foodsが約8900万円を調達
  3. イスラエルの培養肉Future Meatが世界初の培養肉生産施設…
  4. イスラエルの培養肉・代替肉企業6社まとめ
  5. じゃがいもを原料に代替チーズソースを開発したLoca Foodと…
  6. 香港培養肉スタートアップAvant Meatsが約3億2千万円を…
  7. 代替肉のRedefine Meatがイスラエルで5つの新商品を発…
  8. スイスの食品大手ジボダン、ビューラー、ミグロスが共同で培養肉の実…

おすすめ記事

スイスの研究チームが研究室で細胞培養によるチョコレートを開発

細胞培養による培養肉の開発が世界的に進んでいるが、今後はチョコレートも工場で作ら…

世界初!シンガポールOsomeFoodが開発したマイコプロテイン由来の代替ゆで卵

シンガポールを拠点とするOsomeFoodは、世界初となるマイコプロテイン由来の…

ネスレがFuture Meatと協業して培養肉参入に向けて準備

ネスレが培養肉事業に参入する準備を進めている。ネスレが培養肉と植物肉をブ…

韓国企業Zikooinは廃棄される穀物を使って代替肉Unlimeatを開発

韓国のスタートアップ企業Zikooinは、ユニークな方法で代替牛肉Unlimea…

培養シーフードを開発するShiok Meatsが資金調達、シンガポールに生産工場建設へ

培養シーフードを開発するシンガポールのShiok Meatsが、Woowa Br…

アイルランド企業Evoccoは食料品レシートから気候変動への影響を可視化するアプリを開発

気候変動に対する問題意識はあっても、普段の生活で自分の行動が気候変動にどのような…

第2回Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(10/25 15:15時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(10/26 09:08時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(10/25 20:00時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP

Fatal error: Uncaught wfWAFStorageFileException: Unable to save temporary file for atomic writing. in /home/xs648694/foodtech-japan.com/public_html/wp-content/plugins/wordfence/vendor/wordfence/wf-waf/src/lib/storage/file.php:35 Stack trace: #0 /home/xs648694/foodtech-japan.com/public_html/wp-content/plugins/wordfence/vendor/wordfence/wf-waf/src/lib/storage/file.php(659): wfWAFStorageFile::atomicFilePutContents('/home/xs648694/...', '<?php exit('Acc...') #1 [internal function]: wfWAFStorageFile->saveConfig('livewaf') #2 {main} thrown in /home/xs648694/foodtech-japan.com/public_html/wp-content/plugins/wordfence/vendor/wordfence/wf-waf/src/lib/storage/file.php on line 35