代替プロテイン

中国の植物肉HEROTEINが米培養油脂Mission Barnsと培養ハイブリッド肉の共同開発で提携

 

中国の植物肉企業HEROTEINが、アメリカの培養肉企業Mission Barnsと戦略的パートナーシップを締結した。2社は培養肉と植物肉をブレンドしたハイブリッド肉の共同開発で協力する。

この提携により、HEROTEINが中国で最初に培養肉を販売する企業となる可能性が高まった。

HEROTEIN(元HERO Protein)は中国を拠点に植物ベースの代替肉を展開している中国企業。2020年に設立され、中国の外食産業で代替豚肉、代替牛肉を販売してきた。今回の発表に合わせ、中国ブランドButler & White’sと共同開発した16種類の植物肉商品を発売したことも明らかにされた。

出典:HEROTEIN

一方、Mission Barnsはシリコンバレーを拠点とする細胞農業スタートアップで、設立は2018年。今年4月にシリーズAで2400万ドル(約26億円)を調達し、現在、サンフランシスコに実証プラントの建設を進めている。

今回のニュースで注目すべき点は2つ。1点は、中国に培養ハイブリッド肉が導入される可能性が高まったこと。2点目は培養肉と植物肉をブレンドしたハイブリッド肉の市販化が近づいてきたことだ。

現在、市場に出回る植物肉の原料は、大豆、えんどう豆、小麦などが主流だが、その風味は本物の動物肉には及ばない。そのため、既存の植物肉を本物に近づけるうえで不可欠とされる「油脂」を細胞ベースで作る企業の登場が近年目立つ。Mission Barnsもその1社となる。

出典:Mission Barns

同社は4月の資金調達時に、培養脂肪「Mission Fat」をまず植物肉に組み込むものとして商用化すると発表していた。その対象国として中国市場が選定されたことは興味深い。

Mission Barnsの培養油脂を使ったハイブリッド肉が中国で販売されるためには、中国当局の承認を得る必要がある。植物ベースの代替肉に組み込む形であっても、細胞培養で作られた油脂を含む代替肉は許認可を受けなければならない。

これまでに培養肉の販売が許可された国はシンガポールに限られており、中国でどのタイミングでハイブリッド肉が販売されるかは定かではない。しかし、2社の提携により、HEROTEINが中国で最初に培養ハイブリッド肉を販売する企業となる可能性は高まったといえる。

直近では精密発酵で代替油脂を開発するNourish Ingredientsとオーストラリアの培養肉企業Vow提携を発表した。今後は代替肉業界のスタートアップ同士による提携、スタートアップ企業と大手との提携事例が増えていくことが予想される。

 

参考記事

Rebranded HEROTEIN Debuts Ready Meal Range, Partners with Mission Barns to Develop China’s First Hybrid Meat Products

HEROTEIN Partners With Mission Barns to Bring First Hybrid Cultivated / Plant-Based Meat Products to China

 

関連記事

 アイキャッチ画像の出典:HEROTEIN

 

関連記事

  1. アジア初の精密発酵CDMO企業ScaleUp Bioが間もなく施…
  2. Forsea Foodsが初の培養うなぎ試食会をイスラエルで開催…
  3. 米Aqua Cultured Foodsがギンコバイオワークスと…
  4. 培養肉の法整備を目指す議員連盟が発足、年内に試食実現のための提言…
  5. 香港培養肉スタートアップAvant Meatsが約3億2千万円を…
  6. 培養油脂のPeace of Meatと英ENOUGH、マイコプロ…
  7. 分子農業企業Moolec Scienceが豚タンパク質を作る大豆…
  8. 米コストコがビヨンドミートボールの取り扱いを一部店舗で開始

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

米Wild Earth、2023年に細胞培養によるペットフード製品を市販予定

細胞培養で代替ペットフードを開発するWild Earthは先月、細胞由来のミート…

Avant Meatsが中国バイオ医薬品企業QuaCellと提携、培養魚の生産コスト90%削減を発表

Avant Meatsは培養タンパク質の生産コストを90%削減することに成功した…

ファーストフードレストランの買収を目指すfriesDAOが登場

friesDAOは、ファーストフード店の買収を目指すイーサリアムの分散型自律組織…

香港グリーンマンデーの代替豚肉オムニポークが米国上陸

グリーンマンデーが今年後半にもアメリカ市場へ本格参入する。具体的には、グ…

フランスのピザロボットレストランPazziが操業停止

フランス、パリに設置されていたピザロボットレストランPazziが操業を停止した。…

Quornの親会社Marlow Foods、マイコプロテインを他社へ販売するため原料部門を設立

有名なマイコプロテインブランドQuornの親会社であるMarlow Foodsは…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/19 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/19 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/20 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/19 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/19 11:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/19 21:33時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP