代替プロテイン

ドイツのBluu Seafoodが欧州で初めて培養魚製品を発表、2023年にアジア上市を目指す

 

ドイツの培養魚企業Bluu Seafood(旧称Bluu Biosciences)が2023年末までにシンガポールでの上市を目指していることを明らかにした。これにあわせ、Bluu Seafoodは魚の細胞を培養して作られた市場向けの培養魚製品を発表した。欧州で培養シーフード製品が発表されたのはこれが初となる。

この製品は市場向けに準備されたもので、まもなく規制当局による承認プロセスが開始されるという。

同社はドイツを拠点とするが、承認プロセスが明確化されているシンガポールを最初のターゲット市場としている。シンガポールでは2020年末にイート・ジャスト(現在は培養肉部門GOOD Meat)の培養肉が世界で初めて販売された

刺身の試作品 出典:Bluu Seafood

シンガポール以外の国では培養肉の販売はまだ認可されていないため、Bluu Seafoodが最初にシンガポール市場を狙うのは理にかなっていると言える。同社はシンガポールのほかに、アメリカ、イギリス、欧州での申請も計画している。

同社のフィッシュボールとフィッシュフィンガーは培養魚を主原料に、食感の最適化に豊富な植物タンパク質を組み合わせて作られている。生産プロセスでは動物血清を含まない培地を使用しており、マス・鮭の独自の非遺伝子組換え細胞株をもとに作られている。

今回発表した製品のほかに、刺身や切り身の試作品も開発している(上記写真)。

Bluu Seafoodは欧州で最初に設立された培養魚企業であり、以前の報道によると、年内にドイツで生産施設の開設を予定している。

フィッシュフィンガー 出典:Bluu Seafood

共同創業者兼CEOのSebastian Rakers氏は「最初の製品を完成させたことで、創業から2年経たずに目に見える、そして食べられる結果をお示しできました。これによって私たちは正式に、培養魚を生産する欧州初の企業となりました。現在、上市に向けて規制当局と密に交渉をしており、スケールアップにも注力しています」とコメントしている。

共同創業者のSimon Fabich氏はテッククランチの取材に対し、シンガポールとアメリカの規制当局は「交渉にオープンで、必要になる書類の要件について非常にオープンだ」とコメントしている

同氏は、アメリカでは今後9ヵ月で培養シーフード製品が初めて認可されると見る見方が一般的だとしたうえで、たとえ認可を取得しても、長期間にわたる試験販売が続くと予想している。アメリカで、スーパーマーケットなど一般消費者が手に取れる小売に導入されるのは2025年頃と予想しているようだ。

Bluu Seafoodは4月、中国の培養肉企業CellXと戦略的パートナーシップを締結した。2社の提携は認可取得、原材料調達、スケールアップ、生産施設建設など培養肉製品の商用化にむけたものとなる。

 

参考記事

Bluu Seafood presents first cultivated seafood products in Europe – ready to enter regulatory approval process in Asia, the U.S., the UK, and the EU

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Bluu Seafood

 

関連記事

  1. ネスレがヴィーガンキットカットの販売を欧州で開始!
  2. プラントベース×精密発酵を手掛けるAll G Foodsにオース…
  3. オレオゲルで植物肉用の代替脂肪を開発するParagon Pure…
  4. 子どもが培養肉を知るための絵本のクラファンがスタート
  5. イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが約184億円を調…
  6. ネクストミーツが代替肉でアメリカ市場に本格進出、代替ミルクの国内…
  7. 培養肉用の安価な足場を開発するGelatexが約1.3億のシード…
  8. 細胞培養でチョコレートを開発するCalifornia Cultu…

おすすめ記事

Nowadaysが約9億円を調達、健康的な植物性チキンナゲットの展開を加速

「普段買い物をする消費者は、『動物福祉や持続可能性などについて関心を持っている』…

イスラエルのドローン企業Flytrexが約8億7000万円を調達

ドローンスタートアップFlytrexは800万ドル(約8億7000万円)を調達し…

イスラエルのFuture Meatが培養肉の生産コスト削減に再び成功

イスラエルの培養肉スタートアップFuture Meatが、培養鶏肉の生産コスト削…

Upside Foodsが業界史上最大の約510億円を調達、年内の培養肉市販化を目指してスケールアップを加速

アメリカの培養肉企業Upside Foods(アップサイド・フーズ)がシリーズC…

微生物発酵でシーフードを開発するAqua Cultured Foods、2022年の市場投入を目指す

アメリカを拠点とするAqua Cultured Foodsは、微生物発酵技術によ…

ネスレが精密発酵によるミルク「Cowabunga」の試験販売を開始

ネスレは今月、精密発酵企業パーフェクトデイの乳タンパク質を使用したミルク製品「C…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/27 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/27 20:33時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/27 14:14時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/27 06:53時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/27 16:35時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP