Foovo Deep

Esco Aster、2025年までにシンガポールに新たな培養肉工場建設へ

 

世界で最初に培養肉製造認可を取得したシンガポール企業Esco Asterが、2025年までにシンガポール、チャンギ地区に約7400平方メートル(80,000平方フィート)の培養肉生産工場を建設予定であることが明らかになった。

この工場の生産能力は年間400~500トンとなる予定で、シンガポールで建設中の工場と比較して、同国最大の培養肉工場になると見込まれる。The Strates Timesが報じた

Esco Aster、2025年までにシンガポールに新たな培養肉工場建設へ

出典:Esco Aster

シンガポールは2020年12月の培養肉販売を皮切りに、世界の培養肉業界をリードしてきた。

2021年には、Esco Asterがシンガポール食品庁(SFA)から培養肉の製造認可を取得。Esco Asterは現時点で、培養肉の製造認可を取得した世界で最初かつ唯一の受託製造施設となる。

The Strates Timesの報道によると、Esco Asterの現生産施設はAyer Rajah Crescentにある。同地区にある80平方メートルほどの施設で、GOOD Meatの培養肉が生産されている。

現施設の100倍近い広さのチャンギ工場が完成すると、シンガポールにおける培養肉の流通拡大につながる。

オランダ、イスラエル、韓国企業と提携するEsco Aster

シンガポールの培養肉工場分布(Esco AsterとGOOD Meatに限定) Foovo作成

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Esco Aster

 

関連記事

  1. インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、…
  2. 3Dプリンターを活用した培養肉の自動生産を目指して大阪大学・島津…
  3. 植物を活用してアニマルフリーな乳製品を開発するMirukuが約3…
  4. 微細藻類で代替タンパク質を開発するBrevelが約25億円を調達…
  5. タバコ植物で培養肉のコスト削減を目指すBioBetterが約14…
  6. 【8/9】培養肉動向セミナー開催延期のお知らせ
  7. ヘンプシードとかぼちゃの種から生まれた植物性チーズ: Seedu…
  8. 魚の培養脂肪を開発するインパクファット|日本人研究者がシンガポー…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

クラフト・ハインツがAIを活用するフードテック企業NotCoと合弁会社を設立

クラフト・ハインツ(Kraft Heinz)は、フードテックのスタートアップTh…

細胞農業で脱カカオを進めるフィンランドのチョコレートメーカーFazer

フィンランドのチョコレートメーカーFazerは、持続可能なカカオ生産に向けて細胞…

Picnicがピザ組み立てロボットの予約注文受付をスタート

ピザ組み立てロボットを開発するPicnicが、予約注文の受付を開始したことを発表…

ピザ自販機のカナダ企業PizzaFornoがアメリカへ進出

新型コロナの発生により、自動販売機が新しく生まれ変わろうとしている。日本…

代替肉の米インポッシブルフーズが約560億円を調達、調達総額は2000億円を超過

代替肉企業インポッシブルフーズが最新のラウンドで5億ドル(約560億円)を調達し…

韓国企業Zikooinは廃棄される穀物を使って代替肉Unlimeatを開発

韓国のスタートアップ企業Zikooinは、ユニークな方法で代替牛肉Unlimea…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/27 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/27 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/27 00:17時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/27 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/27 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/27 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP