代替プロテイン

ドイツのBluu Seafoodと中国のCellXが「細胞農業を現実のものとする」ために協業

 

ドイツの培養魚企業Bluu Seafoodと中国の培養肉企業CellXは今月、持続可能なタンパク質を生産するために戦略的パートナーシップを結んだことを発表した

2社は認可取得、原材料調達、スケールアップ、生産施設建設など培養肉製品の商用化にむけて協業する。

ドイツと中国の培養肉企業が協業

出典:Bluu Biosciences

Bluu Seafood(旧称Bluu Biosciences)は欧州で最初に設立された培養魚企業であり、年内に最初の製品発表を予定している。現在は2つ目の拠点であるドイツ、リューベックで研究開発を行っているが、年内にハンブルクに生産施設を開設するという。

CellXは中国をリードする培養肉企業で、昨年には培養豚肉のプロトタイプを発表した。中国のバイオテクノロジーとイノベーションのハブである上海に拠点を置き、中国国内で需要の高い豚肉の開発から着手し、牛肉、家禽へと開発対象を拡大している。

二社はそれぞれの地域で、規制当局の認可取得の最前線にいるとみなされている。

Bluu SeafoodのCOO(最高執行責任者)であるChris Dammann氏は、Cellular Agriculture Europeの副会長兼取締役を務めている。

Cellular Agriculture Europeは培養肉企業から構成されるコンソーシアムで、モサミートHigherSteaksCubiq Foodsなど欧州の培養肉企業のほか、アレフ・ファームズスーパーミートなどイスラエル企業も参画している。

出典:CellX

CellXの創業者兼CEOのZiliang Yang氏は、アジアの培養肉スタートアップ企業11社から構成されるコンソーシアム(the APAC Society for Cellular Agriculture、APAC-SCA)の事務局長を務めている。

このコンソーシアムには、シンガポールのShiok MeatsGaia Foods、イスラエルのアレフ・ファームズSuperMeatMeaTech、香港のAvant Meats、中国のCellXJoes Future Food、韓国のDaNAgreenSeaWith、日本のインテグリカルチャーと、アジアの主要培養肉企業が参加している。

バリューチェーン全体で協力する

Bluu Seafood共同創業者のSebastian Rakers氏(左)とSimon Fabich氏(右) 出典:Bluu Biosciences

二社は今後、各市場に拡大するにあたり、原材料の調達、生産施設の建設、販売パートナーなどバリューチェーン全体で互いをサポートしていく。また、供給パートナーシップを共同で確立し、培養肉製品の消費者受容の向上を図ることも計画している。

各社の開発対象は異なるが、同じゴールに向かって類似の技術を活用し、細胞農業を現実のものにしようと取り組んでいる。

Bluu Seafoodの創業者であるSimon Fabich氏は「中国は世界最大のシーフード消費国であり、Bluu Seafoodにとって特に重要な市場だ。CellXと協力して、原料・スケールアップ・認可取得の課題を克服し、手頃で美味しい製品を市場に届けていく」とコメントしている。

日本企業と海外培養肉企業との協業が拡大

出典:CellX

細胞培養によるタンパク質生産におけるパートナーシップは拡大しており、最近では日本企業が海外の培養タンパク質企業と提携する事例が増えている。

味の素は先月、イスラエルのスーパーミートとの提携を発表した。提携の一環として同社への出資も行い、2年以内の培養肉商用化に向けて協業していく。

明治ホールディングスは昨年、細胞培養によりチョコレートを開発するCalifornia Culturedに出資した。細胞農業技術に明治グループが持つ知見や技術を掛け合わせ、商品や原料調達の持続可能性を高めていくとしている

三菱商事は培養肉のアレフ・ファームズ、培養魚のブルーナルと提携し、アジアへの導入に向けて提携している。三菱商事はまた、培養肉のパイオニアとされるオランダのモサミートに出資をするなど、培養タンパク質への関わりを加速させている。

 

参考記事

CellX and Bluu Seafood join forces: China’s pioneer in cultivated meat and Europe’s pioneer in cultivated fish kick off strategic partnership

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:CellX

 

関連記事

  1. Those Vegan Cowboysが精密発酵で作成されたチー…
  2. 培養シーフードのShiok Meatsが培養肉企業Gaia Fo…
  3. じゃがいもを原料に代替チーズソースを開発したLoca Foodと…
  4. 培養脂肪の英Hoxton Farmsが約32億円を調達、ロンドン…
  5. Orbillion Bio、欧州35ヵ国への培養牛肉販売に向けて…
  6. 食肉大手JBSが培養肉に参入、培養肉企業BioTech Food…
  7. ドバイが次のフードテックハブになる?UAEがドバイにフードテック…
  8. ピーナッツから代替肉を作る中国企業HaoFood、2021年に中…

おすすめ記事

ネスレが精密発酵によるミルク「Cowabunga」の試験販売を開始

ネスレは今月、精密発酵企業パーフェクトデイの乳タンパク質を使用したミルク製品「C…

Evo Foodsとギンコ・バイオワークス、アニマルフリーな卵タンパク質の開発で提携

海外では動物に頼らずに食品成分を作る手法として、精密発酵が人気の手法になりつつあ…

連続細胞培養技術を開発する英CellulaREvolutionが約1億4千万円を調達

イギリスを拠点とする培養肉スタートアップCellulaREvolutionが今月…

BioBetterはタバコ植物を活用して培養肉用の成長因子を開発、培養肉のコスト削減に挑む

イスラエルのバイオテクノロジー企業BioBetterは、植物のタバコを活用し、培…

精密発酵乳タンパク質を使用したミルクを試食@シンガポール|精密発酵ミルクの現在地を確認

精密発酵技術で生成された食品がアメリカ、シンガポールなどで販売されている。…

個人から企業まで|貼るだけで果物の鮮度を保持するシールを開発したRyp Labsとは

アメリカ、ワシントン州を拠点とするRyp Labsは、果物の保存期間を最大14日…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/29 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/29 20:35時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/30 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/30 06:55時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/29 16:38時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP