Foovo Deep

タイ食品大手のCPフーズがイスラエルの培養肉企業フューチャーミートと培養ハイブリッド肉の開発で提携

 

イスラエルの培養肉企業フューチャーミート(Future Meat)は23日、タイ最大の農業・食品企業チャロン・ポカパン・フーズ(Charoen Pokphand Foods、以下CPフーズ)との提携を発表した

2社は、CPフーズの市場需要と広大な流通ネットワークに関する知見を活用し、アジア市場に向けた培養ハイブリッド肉の開発で提携する。

培養ハイブリッド肉は、植物肉と培養肉をブレンド配合したもので、生産規模・価格面において、完全な培養肉よりも早期の市場参入が見込めるものとして、フューチャーミートは創業当初から開発を進めてきた

タイの主力植物肉ブランドMEAT ZEROを展開するCPフーズが培養肉に参入

出典:CPフーズ

CPフーズは大豆と小麦粉をベースとした代替肉ブランドMEAT ZEROをタイで展開している。2年かけて開発されたMEAT ZEROは、ナゲット、ハム、バーガーパテ、ひき肉など複数のラインナップが展開されている。

「本物の肉のような味わい」を再現するため、CPフーズの研究者・スタッフ数百人が動員され、2000回を超える実験が繰り返された

同社は開発にあたり、日本の

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:フューチャーミート

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 「発酵」で免疫力のある代替母乳の開発に挑むアメリカ企業Helai…
  2. 植物食品のゲームチェンジ:Motif FoodWorksが植物性…
  3. BioBetterはタバコ植物を活用して培養肉用の成長因子を開発…
  4. ケーキも作れる代替卵のスタートアップZero Eggが約5億2千…
  5. ネクストミーツが代替肉でアメリカ市場に本格進出、代替ミルクの国内…
  6. ゲイツ氏、ベゾス氏が支援するNature’s Fyn…
  7. 【完全保存版】代替魚・代替シーフードベンチャー企業25社まとめ【…
  8. 培養肉企業モサミートが約20億円を調達、三菱商事も出資に参加

おすすめ記事

まだ食べられる食品を定期宅配するImperfect Foodsが約99億円を調達

アメリカ農務省(USDA)によると、アメリカでは供給される食料の30-40%が廃…

「競争よりも共創」代替肉で環境問題に挑むネクストミーツが目指すものとは

メディアの注目を集め続けるフードテック企業がある。「地球を終わらせない」という理…

カンガルーの培養肉を開発するオーストラリア企業Vow、食の変革に挑む

培養肉といえば、牛、豚、鶏、魚を思い浮かべることが多いが、オーストラリアのフード…

幅広い植物肉製品を開発するHungry Planetが約27億円を調達

植物性の代替肉を開発するHungry PlanetがシリーズAラウンドで2500…

携帯可能なアレルギーセンサーを開発するAllergy Amuletが約4億5000万円を調達

食品のアレルギー物質を調べるポータブルデバイスを開発するAllergy Amul…

代替油脂のパイオニアCUBIQ Foodsが約7.8億円を調達、カーギルと戦略的パートナーシップを締結

写真はイメージ植物肉の需要増加に伴い、サステイナブルで本物に近い代替油脂の開…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/22 18:01時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/22 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP