代替プロテイン

Avant Meatsがシンガポールに新しい研究施設・パイロット工場建設を発表

 

シンガポールにおけるフードテックが加熱している。

シンガポールは昨年12月に世界で初めて培養肉の販売許可を承認した。承認された米イート・ジャストの培養肉はレストランで販売され、今月からは培養肉料理の宅配サービスも開始されている。

シンガポールはフードテックを成長産業と位置付け、世界の培養肉企業に早期の承認申請を奨励している。この「招き」に応じ、もう1社の培養肉スタートアップがシンガポールでの足固めに乗り出した。

Avant Meatsがシンガポールに新しい研究施設・パイロット工場建設を発表

香港発の培養魚に取り組むAvant Meatsはシンガポールに新しい研究施設・パイロット工場を建設することを発表した。

これはシンガポール経済開発庁(EDB)の支援によるもの。

Avant Meatsは細胞培養により中国で人気のある魚肚(魚の浮き袋のこと)・ナマコを開発している。昨年11月には培養魚の切り身を発表した。

今回発表された新施設の建設計画は、培養魚の生産コスト削減成功のニュースに続くものとなる。

出典:Avant Meats

Avant Meatsは先月、培養魚の生産コストを90%削減したことを発表

さらに、中国のバイオ医薬品企業QuaCellとの提携も公表。製造基盤のあるQuaCellのプラットフォームを活用し、さらに75%のコストダウン、大量生産実現のタイムライン短縮化を目指すと発表していた。

シンガポールに研究施設・パイロット工場の建設を決めたことにより、シンガポールが現時点で世界で「最初に」、かつ「唯一」培養肉の販売を許可している国であることを考えると、Avant Meatsの商用化の時期がさらに早まることが予想される。

共同創業者でありCEOのCarrie Chan氏は今回の発表について次のように述べている。

「シンガポールは次のステップであるスケールアップのために、明確な規制、国際的な資質、十分な可能性を私たちに提供してくれます」(Carrie Chan氏)

シンガポールは海外フードテック企業の飛躍の場に

シンガポールは都市国家であり、農業用地は国土のわずか1%。

同国の食料自給率は10%で、これまで食料の90%を輸入に頼っていた。しかし、現在は細胞から作る培養肉や、アグテックに取り組む企業に積極的に投資している。

その背景には、新型コロナウイルスの感染拡大により、世界の食品サプライチェーンが遮断されたことが大きく関係する。

農業用地が国土のわずか1%であるシンガポールは、フードテック・アグテックを次の成長産業と位置付け、2030年までに食料自給率を30%まで引き上げる新たな目標を打ち出している

こうした成長戦略に乗じて、Avant Meatsのほかにもシンガポールに拠点を構えるスタートアップは増えている。

Avant Meatsの創業者Carrie Chan 出典:Avant Meats

培養肉のほかに代替卵を開発するイート・ジャストは、シンガポールに建設する工場で高まる植物性代替卵の需要にこたえる。同社も工場建設でEDBの支援を受けている。

アニマルフリーな乳製品を開発するパーフェクトデイは、昨年12月にシンガポールに研究開発拠点を開設することを発表した。

スイスのプロセステクノロジーに特化したBuhler(ビューラー)とスイスの世界最大の香料メーカーGivaudan(ジボダン)は、植物ベース食品のためのイノベーションセンターをシンガポールに建設することで協業している。

海外企業だけでなく、シンガポールで登場した細胞農業スタートアップには、代替母乳を開発するTurtleTree Lab、培養ロブスターに取り組むShiok Meatsがいる。

2023年に培養魚を市場へ投入

Avant Meatsのパイロット工場建設の発表は、培養魚の業界では最新のニュースとなる。

同じく細胞培養により培養魚を開発するアメリカのBlueNaluは今年1月、年内にパイロット工場を開設すると発表した。

これが完成すると、1週間に約90kg~22kgの代替水産物の生産が可能となる。

Avant Meats

Avant Meatsが予定するパイロット工場の生産能力の詳細は不明だが、培養魚の生産がスケールアップすれば、販売価格の低下にもつながる。

昨年の報道では今年の商品化を目指していたが、今回の発表によると、市場投入のタイムラインを2023年に設定している。

Green queenの報道によると、同社は昨年12月の約3億2000万円の資金調達に続き、現在、資金調達を実施している。

新たな資金調達とシンガポール政府のバックアップを武器に、Avant Meatsは約604億ドル規模のシーフード市場の破壊に乗り出す。

 

参考記事

Avant Meats Announces New R&D and Pilot Manufacturing Facilities in Singapore

Cell-Based Seafood Maker Avant Meats To Build R&D Lab & Pilot Factory In Singapore

アイキャッチ画像の出典:Avant Meats

 

関連記事


 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 二酸化炭素から動物飼料用のタンパク質を作るDeep Branch…
  2. イート・ジャストがシンガポールにアジア初の生産拠点を建設、培養肉…
  3. 中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植…
  4. ケーキも作れる代替卵のスタートアップZero Eggが約5億2千…
  5. イート・ジャストが中国上海に初の料理スタジオをオープン、中国市場…
  6. 培養肉スタートアップのモサミートが約58億円を資金調達
  7. 2020年の代替タンパク質投資額は31億ドルとGFIが報告、過去…
  8. SuperMeatの培養肉試食に特化したレストランがオープン|顧…

おすすめ記事

バイオミメティクスに着想を得た代替肉企業Plantedが約19億円を調達

スイスの代替肉企業Plantedが今月、シリーズAラウンドで1700万フラン(1…

世界初!イート・ジャストが培養肉料理のデリバリーをシンガポールで開始

培養肉を使った世界初の食品デリバリーが始まる。代替卵・培養肉をてがける米…

バイオ3Dプリンターで植物性代替サーモンを開発するLegendary Vish

このニュースのポイント●オーストリアのLegen…

ビヨンドミートが新しいビヨンドバーガーを5月に全米小売で発売

代替肉巨人のニュースが止まらない。ビヨンドミートが新しい植物肉バーガーを…

ビヨンドミートが欧州での小売展開を拡大

ビヨンドミートが欧州全土での小売展開の拡大を発表した。同社はこの春、欧州…

青果物の鮮度保持期間を延ばすHazel Technologiesが約76億円を調達

アメリカ農務省(USDA)によると、アメリカでは供給される食料の30-40%が廃…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP