Foovo Deep

ScaleUp Bio 、食品用途の2つの精密発酵施設を来年シンガポールで開設

 

精密発酵の受託製造を行うシンガポール企業ScaleUp Bioは、2023年中に食品専用の2つの精密発酵施設を開設することを発表した。

ScaleUp Bioによると、世界の大部分のCDMO(医薬品受託製造)施設は製薬業界やバイオ燃料業界のニーズに適合したものとなっている。食品領域のスタートアップ企業は多くの場合、「食品向けではない環境で、高価で予測できない実験設備に頼らなければならない」状況にあると同社は指摘している。

独自にパイロット施設を建設するには多額の資金が必要となるため、財政面で制約の多いスタートアップ企業にとってスケールアップは主要課題となっている。ScaleUp Bioのビジネスモデルは、スタートアップ企業がスケールアップを実現し、成功するために必要な施設、生産能力、リソースにアクセスする権限を提供することだ。

ScaleUp Bio 、食品用途の精密発酵施設を来年シンガポールで開設

出典:Biopolis

ScaleUp Bioが2023年前半に開設する1つ目の施設は、シンガポール科学技術研究庁 (A*STAR)傘下のシンガポール食品・バイオテクノロジー・イノベーション研究所(SIFBI)と共同で立ち上げる研究所となる。

この施設はスタートアップの研究開発用に特別に設計されたもので、100Lの発酵槽、関連する下流処理設備、試験、最適化のための分析機器をスタートアップ企業に提供する場となる。バイオポリスにあるNurasa(旧称Asia Sustainable Foods Platform)のフードテックイノベーションセンター(FTIC)に設置される。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Nurasa

 

関連記事

  1. アレフ・ファームズがアジアへの培養肉導入加速に向けてタイ・ユニオ…
  2. 全自動のパン製造ロボットBreadBot、昨年より米スーパーに本…
  3. 精密発酵でアロマを開発するEvodiaBioが約8.6億円を調達…
  4. 「競争よりも共創」代替肉で環境問題に挑むネクストミーツが目指すも…
  5. 精密発酵で乳タンパク質・乳脂肪を開発するPhyx44が約1.7億…
  6. 精密発酵カゼインで乳製品業界の変革を目指すFermifyが約6.…
  7. 独Nosh Biofoodsが赤身肉のようなマイコプロテインの開…
  8. フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 20…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

アレフ・ファームズがスイス当局に培養肉の申請を提出、欧州で初

イスラエルの培養肉企業アレフ・ファームズ(Aleph Farms)は欧州連合(E…

ベルがパーフェクトデイと提携、精密発酵タンパク質の代替チーズを来月発売

Kiri(キリ)やBoursin(ブルサン)などで有名なチーズ大手ベルグループの…

アレフ・ファームズがアジアへの培養肉導入加速に向けてタイ・ユニオン、CJ第一製糖と提携

イスラエルの培養肉企業アレフ・ファームズが、アジアの食品大手2社と基本合意書(M…

フードロス削減のために米Surge Alertが開発した気候モニタリングデバイス

フードロスを減らすため、ニューヨークを拠点とするSurge Alertは24時間…

菌糸体で代替ステーキ肉を開発する英Adamo Foodsが約2.7億円を調達

菌糸体から代替肉を作るイギリスのスタートアップ企業Adamo Foodsは先月、…

デンマークの精密発酵企業21st.BIO、持続可能な乳タンパク質生産を可能にするB2Bプラットフォームの提供を発表

デンマークの精密発酵企業21st.BIOは食品・原料メーカーに向けて、乳タンパク…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/20 11:39時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/20 20:45時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/21 00:11時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/20 17:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/20 10:22時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/20 20:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP