Foovo Deep

ScaleUp Bio 、食品用途の2つの精密発酵施設を来年シンガポールで開設

 

精密発酵の受託製造を行うシンガポール企業ScaleUp Bioは、2023年中に食品専用の2つの精密発酵施設を開設することを発表した。

ScaleUp Bioによると、世界の大部分のCDMO(医薬品受託製造)施設は製薬業界やバイオ燃料業界のニーズに適合したものとなっている。食品領域のスタートアップ企業は多くの場合、「食品向けではない環境で、高価で予測できない実験設備に頼らなければならない」状況にあると同社は指摘している。

独自にパイロット施設を建設するには多額の資金が必要となるため、財政面で制約の多いスタートアップ企業にとってスケールアップは主要課題となっている。ScaleUp Bioのビジネスモデルは、スタートアップ企業がスケールアップを実現し、成功するために必要な施設、生産能力、リソースにアクセスする権限を提供することだ。

ScaleUp Bio 、食品用途の精密発酵施設を来年シンガポールで開設

出典:Biopolis

ScaleUp Bioが2023年前半に開設する1つ目の施設は、シンガポール科学技術研究庁 (A*STAR)傘下のシンガポール食品・バイオテクノロジー・イノベーション研究所(SIFBI)と共同で立ち上げる研究所となる。

この施設はスタートアップの研究開発用に特別に設計されたもので、100Lの発酵槽、関連する下流処理設備、試験、最適化のための分析機器をスタートアップ企業に提供する場となる。バイオポリスにあるNurasa(旧称Asia Sustainable Foods Platform)のフードテックイノベーションセンター(FTIC)に設置される。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Nurasa

 

関連記事

  1. 「代替タンパク質大国」を目指すイスラエルの今をクローズアップ-2…
  2. BioBetterはタバコ植物を活用して培養肉用の成長因子を開発…
  3. ゲノム編集で野菜・果物に新しい命を吹き込む米Pairwiseが約…
  4. Alt Farmは3Dプリンターで作った植物代替和牛で2023年…
  5. 米MycoTechnologyが約105億円を調達、菌糸体発酵プ…
  6. MeaTechが低コストな培養脂肪の生産方法で米国仮出願を提出
  7. アレフ・ファームズがアジアへの培養肉導入加速に向けてタイ・ユニオ…
  8. 精密発酵でカカオバターを開発する米Seminal Bioscie…

おすすめ記事

キッチンOSのイニットがGoogleクラウドと提携、食料品購入のパーソナライズ化を強化

パーソナライズ化された食品購入ソフトを提供する米イニット(Innit)がGoog…

アレフファームズがブラジル食肉大手BRFと培養肉の開発・ブラジル導入で提携

イスラエルのアレフファームズとブラジル大手の食肉メーカーBRFは、培養肉の開発と…

培養油脂のPeace of Meatと英ENOUGH、マイコプロテインを使った培養ハイブリッド肉の開発で提携

イスラエルの培養肉企業MeaTechは19日、傘下の培養油脂を開発するベルギーの…

高級培養肉を開発するOrbillion Bioが約5億4000万円を調達

培養肉を開発するスタートアップ企業Orbillion Bioが、シードラウンドで…

グリラス、国産食用コオロギを使用したプロテインバー等をコンビニで販売開始

日本の徳島大学発ベンチャー企業であるグリラスが、国産の食用コオロギを使用した自社…

代替マグロの米Kuleanaが販路拡大、オンラインストアでの販売を開始

サンフランシスコを拠点に代替マグロを開発するKuleanaの製品が、オンラインで…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/30 20:07時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(12/01 13:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(12/01 06:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(11/30 16:04時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP