Foovo Deep

パーフェクトデイ、精密発酵の「biology-as-a-service」を本格始動

 

食用タンパク質で精密発酵をリードする米パー​​フェクトデイ(Perfect Day)が、新しいサービスの立ち上げを発表した。

新サービスは製品ではなく、同社が数年蓄積した専門知識・技術・インフラへのアクセスを他社に提供するための、「nth Bio」というバイオロジービジネスとなる。

パーフェクトデイ、精密発酵の「biology-as-a-service」を本格始動

出典:Perfect Day

パーフェクトデイは過去2年間、2020年に買収したユタ州のScalable Bio Facility(SBF)を通じて、菌株の開発、最先端設備の利用、パイロットスケールの発酵(1L~2000L)、下流プロセスの開発、規制当局の申請支援などのサービスをパートナー企業に提供してきた

nth Bio」はこれまでパーフェクトデイが舞台裏で提供してきた「biology-as-a-service」を正式にしたもので、より環境に優しい食品ソリューションを求める企業に対し、分子開発から商業生産までエンドツーエンドのサービスを提供する。

遺伝子組換え微生物を使用して動物由来と同等のタンパク質を生産する精密発酵は、インスリンをはじめ、医薬品分野では30年以上前から使用されてきた技術であり、新しいものではない。しかし、乳タンパク質など食用タンパク質への適用は、パーフェクトデイの誕生により初めて実現した。

出典:Perfect Day

精密発酵は食品業界で多くのスタートアップの登場を牽引する分野となり、設立企業数は急増している。GFIによると、2021年には新たに9社の精密発酵企業が設立され、計39社になった。現在はさらに多くの企業が登場している

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Perfect Day

 

関連記事

  1. モサミートが培養肉の工業生産に向けて生産施設を拡大
  2. 精密発酵レポート販売開始のお知らせ
  3. シンガポール展示会(Agri-Food Tech Expo As…
  4. 携帯可能なアレルギーセンサーを開発するAllergy Amule…
  5. 2020年の代替タンパク質投資額は31億ドルとGFIが報告、過去…
  6. 藻類で培養肉用培地のコストダウンを図る東京女子医科大学、培養廃液…
  7. イート・ジャストがカタールへの培養肉工場の建設でQatar Fr…
  8. インドの代替卵企業Evo Foodsが約8900万円を調達

おすすめ記事

草食動物の腸内細菌で代替タンパク質を開発する米SuperBrewed Food、今年中にビーガンチーズの市販化へ

アメリカ企業SuperBrewed Foodは、今年中に微生物発酵により開発され…

中国の植物肉HEROTEINが米培養油脂Mission Barnsと培養ハイブリッド肉の共同開発で提携

中国の植物肉企業HEROTEINが、アメリカの培養肉企業Mission Barn…

藻類を活用した代替タンパク質製品を開発するAlgama Foodsが約2.6億円を獲得、ビーガンシーフード分野へ注力

藻類や微細藻類の力を利用して代替タンパク質製品を開発するフランスのAlgama …

Steakholder Foodsが3Dプリンティングによる培養霜降り牛肉を発表

イスラエルの培養肉企業Steakholder Foods(旧称MeaTech)は…

米Wild Earth、2023年に細胞培養によるペットフード製品を市販予定

細胞培養で代替ペットフードを開発するWild Earthは先月、細胞由来のミート…

アイルランド企業Evoccoは食料品レシートから気候変動への影響を可視化するアプリを開発

気候変動に対する問題意識はあっても、普段の生活で自分の行動が気候変動にどのような…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/07 17:04時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/07 20:40時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/07 14:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/07 07:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(02/07 16:42時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP