Foovo Deep

主食のイノベーションに挑む日本企業ベースフード、目指すのは「健康が当たり前の社会」

 

世界的にはフードテックのブームは高まる一方で、代替肉、代替卵、代替ミルク、さらには代替母乳を開発する企業が登場している。

日本でも「フードテック」という言葉は広がりを見せているものの、ハンバーガーではなく米を主食とする日本人の中には、まだピンとこない人もいるだろう。

こうした日本人の食文化の本質をとらえ、日本人にあったフードテック革命に挑む企業がいる。

日本発のベースフードだ。

ベースフードは「健康を当たり前に」というコンセプトで、ただの炭水化物ではない完全栄養食としての「主食」の開発に取り組んでいる

同社が実現を目指すのは、栄養のインフラ

出典:ベースフード

パンを食べるだけで、パスタを食べるだけで、知らないうちに健康になっていくそれでいて、食体験はこれまでと変わらない。しかも、美味しくて、リピートしたくなる。

そのために、必要な栄養がすべて盛り込まれた「主食」のアップデートに取り組んでいる。

サラダ、スープ、総菜などには手の届かないフードハンガーでも、完全栄養な食品にアクセスできるようにしたいという願いがある。

日本版ビヨンドミートともいえるスタートアップだが、創業当初から海外展開も視野にいれ、今年4月にはアメリカで完全栄養パンの販売を開始している。

SKSジャパン2020で18日、シグマクシスの田中宏隆氏とベースフード代表取締役社長の橋本舜(しゅん)氏の対談が行われた。

田中宏隆氏(左)と橋本社長(右) SKS2020ジャパンにて

2016年の創業時、同社の挑戦は完全栄養のパスタ(BASE PASTA)から始まった

今では、BASE BREAD(ベースブレッド)が加わり、プレーン、メープル、チョコレート、シナモンの味が揃っている。

※本記事で記載する「完全栄養食」は、栄養素等表示基準値に基づき、

脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含むものを指します。

主食だけで健康になれる食品を

ベースフードが大切にしているのは、栄養が取れればOKではなく、食べる大切さ・楽しさを重視した商品開発

10種類の栄養素を、サラダのように混ぜ合わせることで、完全栄養なパスタ、パンを開発している。

つまり、主食だけで健康になれる食品づくりに注力している。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

  1. イスラエルの培養肉Future Meatが世界初の培養肉生産施設…
  2. ダノンとBrightseedが提携を拡大、AIを活用して植物の隠…
  3. 大豆ミートを食べてみた感想【意外とおいしい】
  4. 米The Better Meat Co.がマイコプロテイン由来の…
  5. ADMが精密発酵スタートアップNew Cultureと戦略的パー…
  6. ゲノム編集で野菜・果物に新しい命を吹き込む米Pairwiseが約…
  7. フルーツジュースの砂糖を減らすイスラエルのBetter Juic…
  8. カナダのBurcon NutraScienceはヒマワリの圧搾粕…

おすすめ記事

ネスレがマレーシアに植物肉工場を建設&乳製品フリー「ミロ」を発売

ネスレ・マレーシアが植物性食品に特化した生産施設をマレーシアに開設した。…

インド発!ドーサ、ロティ、ビリヤニを作るMukunda Foodsの自動調理ロボット

日本でも人気の高いインド料理。このインド料理を自宅で手間をかけずに作れる…

廃棄大麦から代替タンパク質を開発するEverGrain|世界最大の醸造会社の大麦をアップサイクル

世界で1年間に醸造で使用される大麦は900万トンとされる。使用済みの大麦…

肉屋出身者が立ち上げたIvy Farm|2023年までに英国で培養ソーセージの市販化を目指す

イギリスの培養肉スタートアップIvy Farmは、2023年までにイギリスの小売…

ビーガンペットフードのWild Earthが約25億円を調達、来年に細胞培養ペットフード発売へ

ビーガンペットフードを販売する米Wild Earthが、シリーズAで2300万ド…

ネスレ、アニマルフリーな乳製品開発で精密発酵スタートアップと提携

ネスレが精密発酵市場に参入する。ネスレは12日、精密発酵により乳タンパク…

精密発酵レポート販売のお知らせ

代替脂肪セミナー開催のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/27 19:30時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/27 13:11時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(09/28 05:27時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(09/27 15:31時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP