アップサイクル

廃棄される果物の皮からドライフルーツを製造するRINDが約6.7億円を調達

>> <<

 

廃棄される果物を活用してドライフルーツスナックを製造するRINDがシリーズAラウンドで610万ドル(約6億7000万円)を調達した。

Forbesによると、RINDの2020年の収益は前年比5倍を記録し、今年は年間売上は3倍になると予想される。

このラウンドはValor Siren Venturesが主導し、既存投資家であるMelitas Venturesが参加した。この調達により、RINDの調達総額は840万ドル(約9億2500万円)となる。

出典:RIND

RINDは、本来あれば廃棄される果物を原料にドライフルーツスナックを製造している。

RINDによると、果物の皮には、皮をむいた果物と比較して約3~4倍の食物繊維が含まれている。

果物の皮には、ほかの部分よりもビタミン、繊維、抗酸化物質が集中して含まれ、健康的な微量栄養素が含まれているにも関わらず、最も廃棄される生ごみとなっている。

公式サイトによると、2020年にRINDは果物の皮をアップサイクルすることで12万ポンド(約54トン)以上の食品廃棄物を節約できたという。

出典:RIND

アメリカでは毎年4000万トン近くの食料が廃棄されており、この大部分を果物と野菜が占めている。これは、農作物を5袋分買って、駐車場に2袋置いていくイメージとなる。

RINDは、果物や野菜には食用の皮があり、熟すことでおいしいドライフルーツスナックになるため、こうした食料廃棄物は発生する必要のないものだと考えている。

さらに、ドライフルーツスナックは栄養に富み、子供の飢餓や栄養不足のソリューションになると考えている。

創業者のMatt Weiss氏(左) 出典:RIND

RINDによると、アメリカの子供の6人に1人が、いつ食べ物を食べられるかわからない状態に置かれている。

同社は昨年、子供の飢餓と栄養不足問題に取り組むために、「Love isRIND」というキャンペーンを立ち上げ、恵まれない地域の子供たちに毎週、定期的にRINDのドライフルーツを届ける活動を行っている。

このプログラムは、子ども達に食品を届けると同時に、栄養価の高いスナックの重要性について教育する啓蒙活動も兼ねている。

「Love isRIND」のキャンペーン開始後、これまでに13,700袋以上のドライフルーツスナックを子ども達に寄付した。

出典:RIND

RINDはMatt Weiss氏が2017年に設立したニューヨークを拠点とするスタートアップ企業。2018年に販売を開始し、2019年には販売箇所は1000箇所を超えた。

RINDのドライフルーツは公式サイト海外Amazonのほか、アメリカでは、ホールフーズ、ウェグマンズ(Wegmans)、マイヤー(Meijers)など現在では、3000箇所を超える小売でも販売されている。RINDは、Imperfect Foods、HungryRootなどのデリバリーサービスとも提携している。

Weiss氏は「ドライフルーツは序章にすぎない」とクランチベースの取材に対してコメントし、今後は野菜バージョンの製品も開発予定であるとしている。

 

参考記事

RIND Raises $6.1M for Upcycled Fruit Snacks

Keeping The RIND On: Fruit Snack Company Chews On $6.1M Series A

 

関連記事

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. ビールの醸造で発生する廃棄大麦をアップサイクルするReGrain…
  2. とうもろこしから作られる砂糖|植物繊維のアップサイクルで砂糖を開…
  3. 廃棄パンからクラフトビールを作る香港企業Breer、4名の香港大…
  4. 廃棄大麦から代替タンパク質を開発するEverGrain|世界最大…
  5. 農作物の残り物を有用成分にアップサイクルするComet Bioが…
  6. 「食べられる」食品包装用フィルムをインド・ロシア研究チームが開発…
  7. 香港IXON社が肉を2年間常温保存できるASAP技術を開発
  8. フードロス削減のために米Surge Alertが開発した気候モニ…

おすすめ記事

ロティ、ピザなどのフラットブレッドを90秒で作る家庭用フードロボットRotimatic

コロナウイルスの影響によりレストランの閉鎖を経験した今、デリバリー、家庭用フード…

3Dプリンター製サーモンを開発するRevo Foodsが約1億9000万円を調達

3Dプリンターで植物性サーモンを開発するRevo Foodsが150万ユーロ(約…

イスラエルのFuture Meatが培養肉の生産コスト削減に再び成功

イスラエルの培養肉スタートアップFuture Meatが、培養鶏肉の生産コスト削…

微生物とAIで新素材を発見するKingdom Superculturesが約28億円を調達

天然の微生物を組み合わせて新しい素材を開発する米Kingdom Supercul…

アニマルフリーなチーズを作るChange Foodsが約2.3憶円のシード資金を調達

精密発酵でアニマルフリーなチーズを開発するChange Foodsが、シードラウ…

ネスレがマレーシアに植物肉工場を建設&乳製品フリー「ミロ」を発売

ネスレ・マレーシアが植物性食品に特化した生産施設をマレーシアに開設した。…

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(10/28 15:18時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(10/28 09:09時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(10/27 20:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP