Foovo Deep

BioBetterはタバコ植物を活用して培養肉用の成長因子を開発、培養肉のコスト削減に挑む

 

イスラエルのバイオテクノロジー企業BioBetterは、植物のタバコを活用し、培養肉生産の主要ハードルである成長因子を開発している。細胞の分裂・増殖に必要な成長因子を生産するためにタバコを活用することで、培養肉の生産コストを大幅に削減し、スケールアップを目指す。

ヘブライ大学の研究者であり2015年にBioBetterを立ち上げた共同創業者のOded Shoseyov教授は、「当社の成長因子技術により、アニマルフリーな成長因子を年間数千トンの規模で、1グラムあたり1ドルのコストで生産できるようになる。これにより、培養肉の大量生産を進めるうえで最大の障壁の1つを軽減できる」とコメントしている。

タバコ植物を活用した成長因子開発

出典:BioBetter

イスラエル、キリヤットシュモナに拠点を置くBioBetterは、タバコ植物を「バイオリアクター」に変えることで、分子農業技術により成長因子を生産する方法を開発したことを発表した

成長因子の生産に酵母などの微生物、CHO細胞(チャイニーズハムスター卵巣)、昆虫細胞を利用するのではなく、植物細胞を使用して成長因子を生産する。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:BioBetter

 

関連記事

  1. そら豆を原料に代替卵を開発するPerfeggtが約4.9億円を調…
  2. Meweryが微細藻類を活用した最初の培養肉プロトタイプを発表
  3. ImpacFatが世界で初めて培養魚脂肪の試食会を実施
  4. 酵母由来の代替パーム油で2023年上市を目指す英Clean Fo…
  5. 「チキンのテスラ」で知られる植物肉の米SIMULATEが約55億…
  6. 培養魚のBlueNalu(ブルーナル)がヨーロッパ進出へ向け冷凍…
  7. Alt Farmは3Dプリンターで作った植物代替和牛で2023年…
  8. Vivici、欧州企業で初となる精密発酵タンパク質のGRAS自己…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

精密発酵セミナー動画-2023年4月開催-

2023年4月に開催した精密発酵セミナーの視聴用ページです。会員の方だけ視聴いただけます。…

3Dプリンター肉のSavorEatが代替卵に特化したスタートアップEgg’n’upを設立

3Dプリンター肉を開発するイスラエル企業SavorEatが、代替卵に特化した新し…

個人から企業まで|貼るだけで果物の鮮度を保持するシールを開発したRyp Labsとは

アメリカ、ワシントン州を拠点とするRyp Labsは、果物の保存期間を最大14日…

フランス・パリにPazziによるピザロボットレストランがオープン!

フランスを拠点とする食品スタートアップのPazziが、フランス、パリにピザロボッ…

バイオ3Dプリンターで代替肉を開発するスペイン企業Cocuusが約3.5億円を調達

スペインのスタートアップ企業であるCocuusは、プレシリーズAで250万ユーロ…

タイ食品大手のCPフーズがイスラエルの培養肉企業フューチャーミートと培養ハイブリッド肉の開発で提携

イスラエルの培養肉企業フューチャーミート(Future Meat)は23日、タイ…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/23 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/22 21:46時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/23 01:24時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 18:21時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/23 11:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/22 21:18時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP