Foovo Deep

BioBetterはタバコ植物を活用して培養肉用の成長因子を開発、培養肉のコスト削減に挑む

 

イスラエルのバイオテクノロジー企業BioBetterは、植物のタバコを活用し、培養肉生産の主要ハードルである成長因子を開発している。細胞の分裂・増殖に必要な成長因子を生産するためにタバコを活用することで、培養肉の生産コストを大幅に削減し、スケールアップを目指す。

ヘブライ大学の研究者であり2015年にBioBetterを立ち上げた共同創業者のOded Shoseyov教授は、「当社の成長因子技術により、アニマルフリーな成長因子を年間数千トンの規模で、1グラムあたり1ドルのコストで生産できるようになる。これにより、培養肉の大量生産を進めるうえで最大の障壁の1つを軽減できる」とコメントしている。

タバコ植物を活用した成長因子開発

出典:BioBetter

イスラエル、キリヤットシュモナに拠点を置くBioBetterは、タバコ植物を「バイオリアクター」に変えることで、分子農業技術により成長因子を生産する方法を開発したことを発表した

成長因子の生産に酵母などの微生物、CHO細胞(チャイニーズハムスター卵巣)、昆虫細胞を利用するのではなく、植物細胞を使用して成長因子を生産する。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:BioBetter

 

関連記事

  1. マイコプロテインの英ENOUGHが年産1万トンの工場をオランダに…
  2. ユニリーバが精密発酵によるアイスクリーム発売計画を発表
  3. 培養肉企業MeaTechが約100グラムの3Dプリントされた培養…
  4. 動物肉と同等価格の植物肉が生産可能な自動化技術をシアトルの企業が…
  5. ベルギーの精密発酵企業Paleoが約2.5億円のシード資金を調達…
  6. Remilkがイスラエル食品大手CBCグループと提携、1年以内の…
  7. 牛を使わずに乳製品を開発するDe Novo Dairy|南アフリ…
  8. プラントベース×精密発酵を手掛けるAll G Foodsにオース…

おすすめ記事

ベルギーの精密発酵企業Paleoが約2.5億円のシード資金を調達

ベルギーのフードテック企業Paleoはシードラウンドで200万ユーロ(約2億57…

中国Dicosが米イート・ジャストの代替卵をメニューに追加、500店舗以上で販売を開始

↓音声はこちらから↓(登録不要・ワンクリックで聴けます)…

培養肉生産用のアニマルフリーな血清を開発するMultus Mediaが約2.4億円のシード資金を調達

培養肉開発に使用するアニマルフリーな血清を開発するMultus Mediaが16…

インポッシブルフーズの脅威になるか?スピルリナ由来のヘムを開発したBack of the Yards Algae Sciences

Back of the Yards Algae Sciences(BYAS)とい…

培養油脂のPeace of Meatと英ENOUGH、マイコプロテインを使った培養ハイブリッド肉の開発で提携

イスラエルの培養肉企業MeaTechは19日、傘下の培養油脂を開発するベルギーの…

スロベニア企業Juicy Marblesは世界初の植物性フィレミニヨンステーキを開発

スロベニアのスタートアップ企業Juicy Marblesは100%植物原料ででき…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/28 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/27 20:33時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/28 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/28 06:54時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/28 16:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP