アップサイクル

農作物の残り物を有用成分にアップサイクルするComet Bioが約24億円を調達

 

農業廃棄物をアップサイクルしてさまざまな成分に変えるComet BioがシリーズCラウンドで2200万ドル(約24億円)を調達した。

このラウンドはOpen Prairieが主導し、the Louis Dreyfus CompanyBDC CapitalBDC Capitalが参加した。

カナダ、アメリカ、イタリアに拠点を構えるComet Bioは独自の抽出技術により、農作物の残り物を機能的で健康なさまざまな成分にアップサイクルしている。

商品には、宿主の健康を改善する食物繊維アラビノキシランであるArrabina、代替シロップのSweeterraがある。

出典:Comet Bio

Arrabinaアラビノキシランという成分で、1日3.4グラムで、血糖値を健康に維持し、腸内の有益なビフィズス菌の増殖に役立つことが臨床的に証明されている。

Sweeterraは従来のシロップよりカロリー、糖分が少なく、食物繊維が多く含まれている。

特に、Arrabinaを構成するアラビノキシランは、並外れたプレバイオティクス的効果があるにもかかわらず、効率的に抽出することができず、広く使用されてこなかったものだという

 プレバイオティクスとは、宿主に有利な影響を与え、宿主の健康を改善する難消化性食品成分のことをいう。(出典:腸内細菌学会

 

天然資源保護協議会(Natural Resources Defense Council)によると、現在、世界で生産される食品の40%が廃棄されている。同時に、米国では人口の30%以上が栄養不足、肥満、太りすぎであると考えられている。

つまり、現在のフードシステムが、かつてないほど多くの食料廃棄物を出しながら、十分な栄養を提供できていないという課題を抱えている。

Comet Bioはフードシステムで生じる廃棄物から栄養を抽出することで、食品廃棄物・栄養不足という2つの課題に取り組む。特許取得済みの独自技術により、環境問題に対処しながら、栄養価の高い新しい成分を生み出している。

出典:Comet Bio

廃棄される食品をアップサイクルして、新しい素材に変える試みは増えており、さまざまな事例が登場している。

Supplantはとうもろこしや小麦の非食用部分を活用して植物繊維由来の砂糖を開発している。

RINDは廃棄される果物からさまざまなドライフルーツスナックを開発。昨年には売上が前年比5倍を記録し、急成長を遂げている。

デンマークのKaffe Buenoはコーヒー副産物(かす)を使って化粧品や食品を開発している。ポーランドのNapiFerynはなたね油粕からタンパク質粉末を開発している。

Comet Bioは調達した資金を生産施設に充て、成分の供給量を増やす。

プラントベース食品への移行は世界的に高まりを見せており、GFIによると、アメリカの小売売上高は2020年に70億ドルにまで成長している。

プラントベース食品が増えると、使用する植物原料が増えるため、生産過程で発生する「廃棄物」も増える。

農業廃棄物を原料とするComet Bioにとって、プラントベース食品の高まりは成長要因となりそうだ。

 

参考記事

Comet Bio Raises $22M Series C for its Upcycled Ingredients

Comet Bio Announces $22M Round of Equity Financing

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Comet Bio

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 米NovoNutrients、牛タンパク質と同品質のCO2由来タ…
  2. Mycorena、マイコプロテイン由来のバター試作品を発表
  3. 小麦胚芽由来の低コスト成長因子を開発する名大発スタートアップNU…
  4. ショウジョウバエで成長因子を開発し、培養肉のコスト削減に挑むFu…
  5. 食品製造で発生する廃糖水で菌糸体粉末を作るHyfé Foodsが…
  6. ビールの醸造で発生する廃棄大麦をアップサイクルするReGrain…
  7. オーストラリア政府がChange Foodsに約1.2億円の助成…
  8. 精密発酵でカカオを使わずにチョコレートを開発する独QOAとは

おすすめ記事

Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の市場アクセス改善を本格支援

このニュースのポイントApeel Science…

豆を使わずに合成生物学でコーヒーを開発するCompound Foodsが約5億円を調達

コーヒー豆を使わずにコーヒーを生産する米Compound Foodsがシードラウ…

ビヨンドミートが新しいビヨンドバーガーを5月に全米小売で発売

代替肉巨人のニュースが止まらない。ビヨンドミートが新しい植物肉バーガーを…

世界初!アレフ・ファームズが3Dプリンターで培養リブロース肉を開発

イスラエルのアレフ・ファームズ(Aleph Farms)が培養リブロース肉の3D…

香港培養肉スタートアップAvant Meatsが約3億2千万円を資金調達、2021年の市販化を目指す

このニュースのポイント 香港培養肉企業Avan…

キッチンOSのイニットがGoogleクラウドと提携、食料品購入のパーソナライズ化を強化

パーソナライズ化された食品購入ソフトを提供する米イニット(Innit)がGoog…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/05 18:34時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/06 12:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(07/05 23:47時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/06 14:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP