代替プロテイン

ビヨンドミートが代替鶏肉ビヨンドチキンテンダーを北米で発売

>> <<

 

ビヨンドミートが北米で代替鶏肉商品を発売した。

そら豆・えんどう豆を原料にした代替鶏肉・ビヨンドチキンテンダーは、今月から400店舗を超えるアメリカ・カナダのレストランで販売される。

1食あたりタンパク質を14g含み、既存の代替チキンと比べて飽和脂肪酸は40%少ない。遺伝子組換え成分、抗生物質、ホルモン剤を使用せず、コレステロールフリーな商品となる。

出典:ビヨンドミート

ビヨンドミートといえば、ハンバーガーの「ビヨンドバーガー」でおなじみだが、2009年に設立された同社が最初に開発した商品は代替鶏肉(チキンストリップ)だった。

2012年に販売された代替チキンストリップは、翌年にはホールフーズに導入され、ビル・ゲイツ氏など著名人からの支持を受けるまでに注目を集める。

しかし、一般の人々の反応はいまひとつだったため、ビヨンドミートは2019年に生産を中止した

ビヨンドミートの代替チキンが外食産業に導入されるのは、今回が初めてではない。

ビヨンドミートは2019年にカナダ、アトランタのケンタッキーフライドチキン(KFC)と提携して、1日限定でビヨンドフライドチキンを発売した。

この試験販売では2種類(ナゲットと骨なし手羽先)が提供され、5時間かからずに売り切れとなった(下記写真)。試験販売の成功により、KFCは2020年2月にも複数店舗で期間限定でのビヨンドフライドチキンの導入を実施している。

アトランタKFCで列に並ぶ人たち 出典:ビヨンドミート

新商品であるビヨンドチキンテンダーは、2021年のNational Restaurant Association Show食品・飲料賞を受賞している。受賞時には、「消費者が試食したところ、ビヨンドチキンテンダーは、主要な動物ベースの鶏肉ささみと同様に好まれた」とコメントされている(太字はライター)。

競合のインポッシブルフーズより早くに上場を果たした同社の商品は、アメリカでは28,000箇所以上の小売で販売されており、アメリカの「プラントベース肉」として主要ブランドの地位を確立している。

この中には、ウォルマート、クローガー、コストコといった大手小売チェーン店が含まれる。

アメリカの外食産業39,000箇所にも導入されるほか、販売範囲は世界80カ国に広がり、名実ともに代替肉のグローバル企業に成長している。

出典:ビヨンドミート

2020年以降、コロナウイルスで飲食業界が打撃を受ける中、ビヨンドミートは躍進をつづけた。

新商品を次々とリリース、D2Cサイトをオープン、全米のピザハットでビヨンドの代替肉がメニュー導入に加え、中国では新作・豚ひき肉を上海のレストランで期間限定で提供した。

今年になってからは、マクドナルド、ヤム・ブランズペプシコなど大手との提携を相次いで発表。

4月には中国現地の工場を開設し、巨大な代替肉市場である中国に本上陸を果たす。ヨーロッパでの展開も加速しており、年内にはオランダに自社工場が開設する予定

商品の改良も続け、5月には新しいビヨンドバーガーを発売、年内にはさらに飽和脂肪酸をカットしたバージョンをリリースするとしている。

新商品ビヨンドチキンテンダーは消費者にどのような評価を受けるだろうか?今後の展開が注目される。

 

参考記事

Vegan Beyond Meat Chicken Tenders Are Coming to 400 Restaurants

Beyond Meat Launches Vegan Chicken Tenders at 400 Restaurants in North America

 

おすすめ記事

アイキャッチ画像の出典:ビヨンドミート

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 卵黄・卵白に分かれた植物ベースの全卵を開発するFloat Foo…
  2. 米国IPOを目指すMeat-Techが3Dプリンターで10mmの…
  3. ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio
  4. チリのNotCoが米国進出、全米のホールフーズで代替ミルクの販売…
  5. 植物性チーズを開発するスウェーデン企業Stockeld Drea…
  6. 動物を使わないチーズを作るChange Foodsが約9100万…
  7. イスラエルの培養肉・代替肉企業6社まとめ
  8. 代替肉はなぜ必要なのか?代替肉の必要性、分類、現状をわかりやすく…

おすすめ記事

AIを活用するチリ企業The Live Green Coが植物性アイスクリームを発売

代替タンパク質に使われる原料は、大豆、えんどう豆、ひよこ豆から、菌糸体など菌類を…

アニマルフリーなチーズを作るChange Foodsが約2.3憶円のシード資金を調達

精密発酵でアニマルフリーなチーズを開発するChange Foodsが、シードラウ…

草食動物の腸内細菌で代替タンパク質を開発する米SuperBrewed Food、今年中にビーガンチーズの市販化へ

アメリカ企業SuperBrewed Foodは、今年中に微生物発酵により開発され…

中国代替肉企業Hey MaetがプレシリーズAで数百万ドルを資金調達

コロナ後に誕生した中国発の代替肉スタートアップ企業Hey Maetが再び資金調達…

えんどう豆由来の代替ミルクを開発するSproudが約6.8億円を調達

えんどう豆を主原料に代替ミルクを開発するSproudが480万ポンド(約6億8千…

スイスの培養肉企業Mirai Foodsがシードで約2億3千万円を追加調達

スイスの培養肉企業Mirai Foodsが追加で180万ユーロ(約2億3千万円)…

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(08/03 13:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(08/04 07:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(08/03 18:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています

Foovoによる【今月のピックアップ本】

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

鈴木健吾
1,650円(08/04 08:01時点)
発売日: 2021/04/16
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP