代替プロテイン

培養脂肪を開発するMission Barnsが約26億円を調達、パイロット工場の建設へ

 

シリコンバレーを拠点とする細胞農業スタートアップのMission BarnsがシリーズAで2400万ドル(約26億円)を調達した。

調達した資金で、培養脂肪の生産を拡大し、サンフランシスコベイエリアにパイロット工場を建設する。

植物肉の欠点を補う培養脂肪

Mission Barnsは牛、豚、鶏から採取した細胞に、ビタミン、砂糖など栄養となる植物性原料を加え、バイオリアクターで培養して脂肪を作る。

こうして作られる培養脂肪は、口当たり、風味ともに動物由来の脂肪そっくりなだけでなく、畜産と比べて使用する土地、水、排出される温室効果ガスがはるかに少ない。

市場にはすでに多種多様な植物肉があるが、植物肉の欠点として指摘されるのが、風味、食感、肉らしさ

本物の動物肉に劣るために、植物肉の購入をためらう消費者もいる。

そこで、植物肉を「本物に近づける」ために、Mission Barnsは培養脂肪の開発に取り組んでいる。

Mission Barnsの培養ベーコン 出典:Mission Barns

同社の培養脂肪「Mission Fat」はまず、植物肉に組み込むものとして商用化される。

「Mission Fatを植物性タンパク質に加えると、どのカテゴリーの代替肉も現在の植物食品をはるかに上回るものになることを何度も目の当たりにしました」(CEOのEitan Fischer氏)

同社は独自に、または他社の食肉企業や植物性タンパク質企業と協業して「Mission Fat」を組み込んださまざまな製品を開発してきた。

これまでにベーコン、パテ、バーガー、ナゲット、ソーセージ、ミートボールなどを開発している。

昨年にはサンフランシスコのレストラン外で細胞培養によるベーコンの試食会を実施している。

2023年には植物肉が動物肉と同等レベルに

植物肉のアップデートを視野において代替脂肪の開発に取り組む企業は増えている。

酵母発酵により動物と同じ脂肪を開発するオーストラリアのNourish Ingredientsは先月、初ラウンドで約12億円を調達した。同社は香港大富豪李嘉誠氏が率いる香港のベンチャーキャピタルHorizons Venturesから出資を受けている。

イギリスのHoxton Farmsは細胞培養による培養脂肪の開発に取り組む。同社も今年になってから約4億円を調達した。

合成生物学のバイオテック企業Ginkgo BioworksのスピンオフベンチャーであるMotif Foodworksは、植物ベースの脂肪を開発している。

出典:Mission Barns

最新のレポートによると、2023年には植物性タンパク質は味、食感、価格の3点で動物性タンパク質と同等レベルに達すると予想されている。

こうした背景には、Mission BarnsやNourish Ingredientsなど、植物肉をアップデートさせる技術開発に取り組む企業が増えていることがあげられる。

今回のラウンドにはLever VCGullspang Re:FoodHumboldt FundGreen Monday VenturesEnfini Venturesが参加した。

ラウンドに参加したLever VCはプレスリリースで次のように述べている。

「私は20年間、世界中のさまざまな植物肉を試食してきましたが、Mission Fatを含む製品ほど肉のようなものを味わったことはありません。

これは代替肉セクターにとってゲームチェンジャーになるものでしょう。

世界中のブランドがほぼ一夜にして劇的に優れた製品を手にするのを助けるわけですから」

Mission Barnsは2018年にカリフォルニアに設立された培養肉スタートアップ。

これまでの調達総額は2820万ドル(約30億円)となる。

 

参考記事

Mission Barns Raises $24M Series A to Scale Up its Cultivated Fat Technology and Build Pilot Production Facility

Cell Ag Startup Mission Barns Raises $24M for its Cultivated Fat

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Mission Barns

 

関連記事

  1. モサミートがEUから助成金を授与、Nutrecoと共同で培地コス…
  2. 6つの豆をベースに代替魚を開発する米Good Catchがシンガ…
  3. 微生物、空気、電気を使ってタンパク質を開発するSolar Foo…
  4. イスラエル企業Remilk、アメリカで精密発酵乳タンパク質の認可…
  5. 微生物とAIで新素材を発見するKingdom Supercult…
  6. 微生物発酵で飲食用のアニマルフリーなコラーゲンを開発する米Gel…
  7. Big Idea Venturesの第3コホートに参加する15社…
  8. 分子農業で代替タンパク質と成長因子を開発するスタートアップ企業4…

おすすめ記事

培養肉でメキシコ初のスタートアップMicro Meatは量産化段階にはいる

細胞農業の進歩により培養肉がスーパーの棚に並ぶ日も近いのかもしれない。M…

えんどう豆由来の代替ミルクを開発するSproudが約6.8億円を調達

えんどう豆を主原料に代替ミルクを開発するSproudが480万ポンド(約6億8千…

植物性代替肉SavorEatがイスラエルでIPO(上場)、2021年夏までに試験販売を開始

このニュースのポイント ●植物性代替肉に取り組むイスラエル企業Sav…

砂糖削減に取り組むBetter Juice、ドイツにパイロット施設の設置を発表

砂糖削減テックに取り組むイスラエルのBetter Juiceは、ドイツにパイロッ…

オレオゲルで植物肉用の代替脂肪を開発するParagon Pureが約5.5億円を調達

アメリカ、ニュージャージー州を拠点とするParagon Pureは植物肉の味・風…

牛を使わずに「本物の」乳製品を開発するイスラエルのRemilkが約139億円を調達

精密発酵によりアニマルフリーな乳製品を開発するイスラエル企業Remilkがシリー…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/28 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/27 20:33時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/28 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/28 06:54時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/28 16:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP