代替プロテイン

エンドウ豆由来の代替ミルクを展開する米Ripple Foodsが約72億円を調達

 

黄エンドウ豆由来の代替ミルクを開発・販売する米Ripple Foodsが4,920万ドル(約72億円)を調達した。これは2021年9月のシリーズEラウンドでの6,000万ドル(約88億円)に続くものとなり、調達総額は2億7,400万ドル(約402億円)を超えた。

Ripple Foodsは、Amyrisの共同創業者であり元CTO(最高技術責任者)であるNeil Renninger博士Adam Lowry氏により2014年に設立された。同社は植物性ミルク、キッズミルク、プロテインシェイク、非乳製品のハーフ&ハーフなど用途別にさまざまな製品を展開している。

Ripple Foodsの代替ミルクは、市販のアーモンドミルクよりタンパク質を8倍多く含有し、重要な栄養素であるカルシウムを440mg(キッズミルクでは455mg)配合、プロテインシェイクは1本あたり20gのプロテインを含有するほか、無糖タイプも展開するなど、栄養面に配慮したレシピであるのが特徴だ。

Ripple Foodsはエンドウ豆を使う利点として、灌漑が必要なアーモンド、森林破壊や温室効果ガス排出の原因となる牛よりもよりも環境負荷が小さいこと、雨が多い地域でも生育するため、灌漑や肥料がほとんど必要ないことを挙げている

同社は独自手法でえんどう豆からタンパク質を収穫し、不純物を取り除いて、クリーンでニュートラルな味わいを再現している

「爆発的な成長を遂げた」キッズミルク

出典:Ripple Foods

代替タンパク質の普及を推進するGood Food InstituteGFI)によると、アメリカにおける植物性ミルクの売上は、ミルク全体の15%を占める大きなカテゴリーとなるが、2021年から2022年にかけて売上高は横ばいとなった

植物ミルクの原材料別動向では、1位がアーモンド、2位がオーツ麦、3位が大豆、4位がココナッツとエンドウ豆は上位6位には入っていない

GFIはまた、子供がいる家庭では、植物ミルクに支出する可能性が高くなる傾向にあると指摘している

こうしたことから、業界では主流でないエンドウ豆で代替ミルクを開発しているRipple Foodsが、再び大型資金調達に成功した背景には、キッズミルクの成功が関係しているかもしれない。

今年7月のプレスリリースによると、Ripple Foodsは2021年にキッズミルクを発売以来、「爆発的な成長を遂げ、過去1年間、冷蔵植物性ミルクカテゴリーの小売チャネルで最も急成長している製品の1つとなっている」と発表している

保護者からの肯定的なフィードバックをもとに、7月には無糖タイプのキッズミルクを発売した。無糖タイプは48オンス(約1.4L)販売で、240mLあたりタンパク質を8g、カルシウムを445mg含み、砂糖は含んでいない。

出典:Ripple Foods

栄養やミネラルで成長をサポートしつつも、カロリーを抑えた安心できる代替ミルクの選択肢として、Ripple Foodsは子供のいる家庭の幅広い支持を得ている可能性がある。

オーツ麦を原料とした世界的な植物ミルクブランドOatlyの製品は、240mlあたりタンパク質を3g、カルシウムを350mgを含んでいる。

Oatlyはクリーミーさで定評のあるブランドだが、成長サポートと栄養をより強化したRipple Foodsは、「サステナビリティの面だけでなく、子供に飲ませたい栄養のある代替ミルクを作ってほしい」という保護者のインサイトをつかんだのかもしれない。

GFIは、植物性ミルクは植物性食品の中でも最も高いリピート率を誇ると述べている。子供が気に入れば、家庭でリピートする可能性は高まる。大型資金調達を経たRipple Foodsの今後に注目だ。

 

参考記事

Plant-based milk maker Ripple Foods raises $49m on back of ‘explosive growth’ in kids’ products

Female-Led Ripple Foods Raises $49M Amid Soaring Pea Milk Category

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Ripple Foods

 

関連記事

  1. ドバイが次のフードテックハブになる?UAEがドバイにフードテック…
  2. Fooditiveが精密発酵による代替ハチミツ開発を発表
  3. 米Aqua Cultured Foodsがギンコバイオワークスと…
  4. ビールの醸造で発生する廃棄大麦をアップサイクルするReGrain…
  5. バイオテック企業が培養ペットフードを開発するGood Dog F…
  6. KFCがシンガポールで植物肉バーガーの販売を期間限定でスタート
  7. 【世界初】シンガポールの小売店で培養肉の購入が可能に|米GOOD…
  8. アフリカ発の培養肉企業Mzansi Meat、2022年後半の市…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

「麹菌で日本発のマイコプロテインブランドをつくる」|筑波大学・萩原大祐准教授の挑戦

萩原大祐准教授(左)と麹菌マイコプロテインによる試作品筑波大学生命環境系の萩…

グリラス、国産食用コオロギを使用したプロテインバー等をコンビニで販売開始

日本の徳島大学発ベンチャー企業であるグリラスが、国産の食用コオロギを使用した自社…

Zero Cow Factoryが約5.2億円を調達|カゼインタンパク質で上市を目指すインドの精密発酵企業

インド初の精密発酵スタートアップ企業Zero Cow Factoryがシードラウ…

菌糸体肉の米Meati Foodsが約155億円を調達、6000箇所以上の小売店に拡大

菌糸体肉を開発する米Meati Foodsは今月、シリーズC1ラウンドで1億ドル…

カナダ企業のピザ自販機PizzaFornoが北米3ヵ国に進出

北米初のピザ自販機を開発したカナダ企業PizzaFornoがピザ自販機の導入エリ…

植物性代替肉SavorEatがイスラエルでIPO(上場)、2021年夏までに試験販売を開始

このニュースのポイント ●植物性代替肉に取り組むイスラエル企業Sav…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/20 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/20 11:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP