代替プロテイン

アフリカ発の培養肉企業Mzansi Meat、2022年後半の市販化を目指す

>> <<

 

アフリカに2社目の培養肉企業が登場した。

2020年に設立された南アフリカ共和国を拠点とするMzansi Meatは、現在はまだ研究段階にあるが、年内に最初のプロトタイプを発表し、来年後半には販売したいと考えている。

培養肉が昨年12月にシンガポールで販売されて以降、ほかの国ではまだ販売は許可されていない。

培養肉は、動物の体の外で、動物から採取した細胞をバイオリアクターで培養し、成長させたものをいう。採取された細胞はバイオリアクターの中で筋肉や脂肪へと分化していく。

この過程で使用される、培地に添加する栄養成分「血清」が高額であるため、8年前に発表された培養肉ハンバーガーは3000万円を超える高額なものだった。

出典:Mzansi Meat

このように動物由来の血清は、培養肉の生産コストが高い要因の1つとなっていたが、現在では技術のイノベーションが進み、アニマルフリーな血清の開発が進んでいる

最初に培養肉を販売したイート・ジャストを始め、現在存在するほとんどの培養肉企業がアニマルフリーな血清の使用に取り組んでおり、Mzansi Meatもその中に含まれる。

Mzansi Meatはアフリカに登場した2社目の培養肉企業。Brett Thompson氏Jay Van Der Walt氏が共同で立ち上げたMzansi Meatは、当面は牛ひき肉の開発に注力する。

南アフリカ共和国などアフリカの比較的都市部では、ソーセージやバーガー用パテなど西洋寄りの肉が好まれる。そこで、Mzansi Meatは、最初はソーセージ、パテなどにできる商品を開発し、いずれアフリカの伝統的な肉を開発したいと考えている。

出典:Mzansi Meat

Mzansi Meatは南アフリカ共和国のシリル・ラマポーザ大統領の牛から細胞を採取したいと、大統領に申し出をしている。

今年9月24日の南アフリカ共和国の伝統文化継承日に先立ち、大統領の牛から細胞を採取したいと考えている。これには、一般の人々に(Mzansi Meatが)農家と協力する姿勢を示す狙いがある。

南アフリカの食肉産業の大部分は、自給的農業が占めている。Mzansi Meatは農家と提携して、サステイナブルかつ倫理的に肉な生産の生産を目指している。

「細胞農業に関していくつかの否定的な認識があることを知っています。

スタートアップ企業として、自分の国を細胞農業に参加させるベストな方法は、この土地で最高の承認を得ることだと私たちのチームは考えました。

私たちは大統領に、受賞歴のあるアンコーレ牛の細胞のサンプルをお願いしています。これは、この地で最も有名で人気のある品種です」

アンコーレ牛の細胞採取にあたっては、獣医が麻酔を施した上で動物に危害を加えることなく行われるとしている。

もしラマポーザ大統領が細胞の採取を承諾すれば、地元農家の細胞農業に対する反発を和らげる可能性もあり、細胞の提供者となる農家が現れる可能性もある。

共同創業者・CEOのBrett Thompson氏 出典:Mzansi Meat

Foovoの認識では、アフリカにはMzansi Meatのほかに、もう1社培養肉企業がいる。

同じく南アフリカを拠点とするMogale Meatは、培養肉を推進する官民イノベーションの地域的な枠組みの確立を目指すMeat Our Futureのパートナー企業。

Meat Our Futureは今月にアフリカの代替肉企業としては唯一、非営利団体X Prizeによる1500万ドル規模のコンテスト「Feed the Next Billion」のセミファイナリスト企業に選出されている。

このコンテストのセミファイナリストには、日本の培養肉企業インテグリカルチャーダイバースファームも選ばれており、2022年終わりまでに最大10社のファイナリスト企業が選ばれ、出資を受けることとなる。

出典:Mzansi Meat

培養肉企業はMzansi MeatMogale Meat、植物ベースの代替肉企業はナイジェリアのVeggieVictoryと、代替肉に取り組むアフリカ企業はまだ非常に限られている。

現在はアフリカの代替肉市場はがら空きの状態だが、2100年には世界人口トップ10の半分がアフリカになると予想される。

環境意識の高まりとともに、代替肉市場の競争の場がアフリカに移行するのは時間の問題になりそうだ。

 

参考記事

Mzansi Meat Co. is Bringing Cultured Meat to Africa

This South African Startup Wants To Cultivate Meat From The President’s Ankole Cattle Cells

 

おすすめ記事

アイキャッチ画像の出典:Mzansi Meat

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 【完全保存版】代替魚・代替シーフードベンチャー企業25社まとめ【…
  2. 代替肉のビヨンド・ミートがマクドナルド、ヤム・ブランズとの提携を…
  3. インドEvo Foodsが代替卵を年内に販売開始、2021年4月…
  4. スロベニア企業Juicy Marblesは世界初の植物性フィレミ…
  5. ナイジェリア初の植物肉企業VeggieVictoryに世界の投資…
  6. 中国発の培養肉企業CellXが資金調達、2021年に試作品発表へ…
  7. イート・ジャスト(Eat Just)の培養肉が世界で初めてシンガ…
  8. スイスのフードテック企業Plantedが世界初の植物性ケバブを開…

おすすめ記事

イート・ジャストがシンガポールにアジア初の生産拠点を建設、培養肉の協業も

植物性代替卵のイート・ジャストがアジア進出拡大に乗り出した。投資機関Pr…

Aleph Farmsと三菱商事が日本での培養肉導入に向けて協業

イスラエルの培養肉スタートアップAleph Farms(アレフファームズ)と三菱…

スイス初の培養肉企業Mirai Foodsが初の資金調達、培養肉の市販化を目指す

スイスの培養肉企業Mirai Foodsが初となるシードラウンドで210万スイス…

Avant Meatsが中国バイオ医薬品企業QuaCellと提携、培養魚の生産コスト90%削減を発表

Avant Meatsは培養タンパク質の生産コストを90%削減することに成功した…

サケ・マス・コイを開発する欧州初の培養魚Bluu Biosciencesが約9億円を調達

ドイツの培養魚スタートアップ企業Bluu Biosciencesが700万ユーロ…

二酸化炭素から動物飼料用のタンパク質を作るDeep Branchが約10億円を調達

二酸化炭素から代替タンパク質を開発するDeep BranchがシリーズAで800…

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(08/03 13:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(08/04 07:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(08/03 18:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています

Foovoによる【今月のピックアップ本】

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

鈴木健吾
1,650円(08/04 08:01時点)
発売日: 2021/04/16
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP