代替プロテイン

イスラエルのChickPがひよこ豆由来のビーガンマヨネーズを開発

 

イスラエルのChickPが、ひよこ豆を原料とした植物性マヨネーズを開発した。

ChickPは食品会社との共同開発により、マヨネーズやサラダドレッシングなど、卵を使わないレシピを考案した。

ChickPは独自技術でひよこ豆から苦み、非栄養成分を取り除き、タンパク質を90%含む、本物の卵と同等の風味、外観、機能性を備えたひよこ豆単離物を開発している。

現在までにChickP G910ChickP S930を商用化している。ChickP G910はゲル化、乳化し、ChickP S930は発泡、乳化する特性を持つ。

同社のひよこ豆単離物は、マヨネーズを始め、ドリンク、焼き菓子、肉、スナック、シリアルなどさまざまな食品の用途として活用できる。

出典:ChickP

同社によると、代替タンパク質の原料としてひよこ豆に対する需要が高まる理由には2つある。第一に効果があること、第二に期待を上回っていること。

ひよこ豆が卵のような特性をもつことは、数年前からビーガンや卵アレルギーを持つ人々に注目されていた。

2014年、ひよこ豆から出る煮汁を使ってメレンゲを作った記事がインターネットに投稿された。これにより、ひよこ豆には卵白の代替品となる「アクアファバ(ひよこ豆から出る煮汁を指す)」効果があると期待されるようになった。

「ひよこ豆のアクアファバ効果は、多くのビーガンにとって料理のゲームチェンジャーになるものでした」(CEOのRon Klein氏)

しかし、当初のアクアファバには卵のタンパク質のごく一部しか含まれておらず、代替卵としての活用には不十分だった。

ChickPは、ひよこ豆から抽出可能なすべての成分を利用し、90%という高いタンパク質含有量を実現した。

出典:ChickP

ChickPのひよこ豆単離物を使った製品は、長い保存期間と優れた熱安定性を示し、高温・低温の用途に適しているという。

高い溶解性と滑らかな質感により優れた発泡能力を有するため、合成増粘剤、マスキング剤などを使用しなくてすむ。

ChickPは現在、大規模なパイロット生産に移行している。

代替タンパク質の植物原料としては、大豆、えんどう豆が主流だが、ChickPは大豆を使いたくない企業やえんどう豆に不満を持つ企業からの需要が伸びていくとみている。

ひよこ豆は既存のプラントベース食品には欠けていた機能性を提供し、「結合剤、乳化剤として機能し、食感と保存期間を改善」できるという。

ChickPは今年5月、シンガポールにオフィスを開設した。2月にはひよこ豆単離物の生産をスケールアップし、アメリカへ進出することを発表した。

ひよこ豆を原料に代替タンパク質を作る試みとして、イスラエルのInnovoProもひよこ豆由来のタンパク質粉末を開発し、イスラエル、欧州、アメリカで販売している。欧州ではスイスの小売大手ミグロスがInnovoProのタンパク質粉末を使用したヨーグルトを販売している。

ChickPは2016年にRam Reifen教授によってイスラエル、レホボトに設立されたスタートアップ企業。これまでの調達総額は非公開となっている。

 

参考記事

ChickP Develops Plant-Based Mayo with its Proprietary Chickpea Isolate

ChickP shakes up condiments space: 90% protein isolate for plant-based mayonnaise and dressings

 

おすすめ記事

アイキャッチ画像の出典:ChickP

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 2020年の代替タンパク質投資額は31億ドルとGFIが報告、過去…
  2. フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 20…
  3. 【原材料別】代替タンパク質スタートアップ企業まとめ21社
  4. 菌糸体ベーコンを開発するAtlast Foodが社名をMyFor…
  5. インポッシブルフーズが植物性ソーセージを小売で販売開始
  6. 菌糸体ステーキ肉の開発に挑むスペイン企業Libre Foods
  7. 培養油脂のMission Barnsが食肉加工企業と提携、培養ソ…
  8. 米イート・ジャスト、新しい培養鶏肉製品で再びシンガポール当局の販…

おすすめ記事

高級培養肉を開発するOrbillion Bioが約5億4000万円を調達

培養肉を開発するスタートアップ企業Orbillion Bioが、シードラウンドで…

培養肉はどんな産業を生み出すのか?|SKSJ2020参加レポート

培養肉が社会・環境にもたらすインパクトは大きい。動物を殺さずに肉を作れる…

2020年の代替タンパク質投資額は31億ドルとGFIが報告、過去10年の投資額の半分が2020年に集中

GFIは、2020年は植物ベースの肉、卵、乳製品など動物性食品に代わる代替品を開…

米UPSIDE Foodsが培養鶏肉の提供でミシュラン星付きシェフと提携

カリフォルニアを拠点とする培養肉スタートアップUPSIDE Foodsが、ミシュ…

菌糸体から代替肉を作るAtlast Foodが約43億円を調達

菌糸体から代替肉を開発するAtlast FoodがシリーズAで4000万ドル(約…

まだ食べられる食品を定期宅配するImperfect Foodsが約99億円を調達

アメリカ農務省(USDA)によると、アメリカでは供給される食料の30-40%が廃…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/06 18:34時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/06 12:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(07/06 23:47時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/06 14:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP