代替プロテイン

ユニリーバのBen & Jerry’s、アニマルフリー製品の主原料をオーツ麦へ切り替え

 

食品・日用品大手のユニリーバは今月、人気の乳製品ブランドであるBen & Jerry’sのアニマルフリー製品すべての主原料をオーツ麦に切り替えることを発表した

この発表は、ユニリーバが昨年、同社の「主力アイスクリームブランド」に精密発酵技術を採用する計画を発表したニュースに続くものとなる。

ユニリーバはまず、Ben & Jerry’sシリーズのなかでクッキーをアイスにミックスした「Cookies on Cookie Dough」製品からオーツ麦への移行を進める。アイスクリームショップでの取り扱いも含め、「Cookies on Cookie Dough」からオーツ麦へ移行し、他のシリーズも順次、切り替えていく予定だ

Vegconomistの報道によると、2024年春までにオーツ麦を使用した製品への切り替えを行うという。

ユニリーバのBen & Jerry’s、乳製品フリー製品の主原料をオーツ麦へ切り替え

出典:Ben & Jerry’s

Ben & Jerry’sは2016年、乳製品フリー製品の導入として、アーモンドを使用したBen & Jerry’sを発売した。2020年にはヒマワリ油を使用したBen & Jerry’sを発売

Food Diveの報道によると、レシピを変更する取り組みは2年前から始まった。

レシピ変更を決めた背景として、Ben & Jerry’sに2016年から所属し、「フレーバーの第一人者」であるCraig Koskiniemi氏は、「市場にある他の製品と比較してみたところ、実際に私たちの製品には改善の余地があることがわかりました。自社のものに満足していないということを知った内的考察から(レシピ変更の取り組みが)始まりました」とFood Diveのインタビューで述べている。

出典:Ben & Jerry’s

研究チームは主要な植物原料として約10種類の選択肢を検討した。

研究チームは各自の知見に基づき、製品の風味に影響を及ぼすココナッツなどは検討の初期段階で除外し、最終的にオーツ麦が、求めていたクリーミーさを最大限に実現できることを見出した。オーツ麦が味に与える影響は最小限であり、これはアーモンドやヒマワリでは不可能だという。

Ben & Jerry’sはプレスリリースで、数年にわたる試験と試食、学習を経て、「オーツ麦ベースという、最高の乳製品フリーアイスクリームのレシピ」を発見したと述べている。

ユニリーバが精密発酵アイスクリームへの参入を言及してからもうすぐ1年になるが、こちらについては新たな動向は確認されていない。

その対象製品は、ユニリーバの「大きなグローバルブランドの1つ」「北米ブランドの1つ」になると報じられていたため、Ben & Jerry’sMagnumなどに使用されるかもしれない。

精密発酵による乳製品開発では、ネスレが昨年、精密発酵ミルクを試験販売するなど多くの大手メーカーが関心を寄せており、一部企業では長期導入が確認されている

 

参考記事

Our Best Non-Dairy Recipe Yet! A Smooth and Decadent NEW Oat-Based Recipe is Coming Soon to Your Freezer!

Unilever’s Ben & Jerry’s relaunches plant-based line with oat recipe

Ben & Jerry’s Announces Major Shift to Oat Based Formula

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Ben & Jerry’s

 

関連記事

  1. Nowadaysが約9億円を調達、健康的な植物性チキンナゲットの…
  2. MeaTechの子会社Peace of Meat、培養肉の実証プ…
  3. Remilk、イスラエルで精密発酵タンパク質の認可取得が間近
  4. 植物分子農業でジャガイモから卵白タンパク質を開発するPoLoPo…
  5. Fazerがソレインを使用した世界初のチョコレートバーをシンガポ…
  6. 米Checkerspot、微細藻類を活用したヒト乳脂肪類似体を開…
  7. 菌糸体由来のブロック肉を開発するMeati FoodsがD2C販…
  8. 菌糸体からステーキ肉を開発するMeati Foodsが約55億円…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

マクドナルドが植物肉バーガー「マックプラント」の試験販売をスウェーデン・デンマークで開始

マクドナルドはデンマークとスウェーデンで植物肉バーガー「マックプラント」の販売を…

Calystaの単細胞タンパク質FeedKind、水産養殖への使用で米国GRAS認証を取得

動物飼料や食品向けの微生物タンパク質を開発・製造する米Calystaは、同社の主…

【現地レポ】シンガポール展示会(Agri-Food Tech Expo Asia 2023)参加レポート

2023年10月31日~11月2日の3日間、シンガポールのマリーナベイ・サンズに…

Redefine Meatが3Dプリントされた植物ステーキ肉を欧州で発売

3Dプリンターで代替肉を開発するイスラエル企業Redefine Meatが、欧州…

ビーガンハチミツのMeliBio創業者に聞く|精密発酵によるハチミツの開発とターゲット市場

「地球上からミツバチが消えたら、人間は4年しか生きられない」というアインシュタイ…

イート・ジャストが中国ファンドから約34億円を調達、代替卵JUST Eggで高級鶏卵と同等価格を実現

代替卵と培養肉を手掛ける米フードテック企業イート・ジャストが中国のプライベート・…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/23 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/22 21:46時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/23 01:24時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 18:21時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/23 11:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/23 21:18時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP