Foovo Deep

All G Foodsが約24億円を調達、細胞農業に特化したVC主導のインフラ構築進む

 

精密発酵による乳タンパク質、植物由来の代替肉を開発するオーストラリア企業All G Foodsは先月、シリーズAラウンドで2500万オーストラリアドル(約24億円)を調達した。All G Foodsは調達した資金で乳タンパク質と植物成分を使った代替食の生産技術を強化する。

このラウンドは細胞農業に特化したイギリスのベンチャーキャピタル(VC)Agronomicsと、Agronomicsの細胞農業専門の系列VC、New Agrarian Companyが主導した。

All G Foodsは2月にもオーストラリアの大手スーパーチェーンWoolworths(ウールワース)から資金調達を実施している。

「今後7年で牛由来の乳製品よりも安くしたい」

出典:All G Foods

オーストラリアメディアFinancial Reviewの報道によると、All G Foodsは精密発酵技術を使用したミルク製品をすでに開発している。同社チームは、水、砂糖、乳タンパク質の遺伝子を挿入した微生物をいれる大型のバイオリアクターを構築したという。

All G Foods創業者のJan Pacas氏は、「今後7年で牛由来の乳製品よりも安く購入できるようにしたいです」とコメントしている。

出典:All G Foods

2021年設立のAll G Foodsはオーストラリアの数少ない精密発酵企業だが、植物肉の製造販売も手掛ける点では、同国で「オンリーワン」といえる。同社は植物肉による収益は、300万ドル以上1000万ドル未満だと明かしている。

精密発酵由来の代替ミルクを中国、シンガポール、オーストラリアで上市したいと考えており、オーストラリアでは年内に認可が取得できるとPacas氏は期待している。同社はまた、世界で初めて培養肉の販売を認めたシンガポールに代替ミルク製品を導入することにも注力するとしている。

細胞農業業界のボトルネック、インフラに投資するAgronomics

出典:All G Foods

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:All G Foods

 

関連記事

  1. 廃棄大麦から代替タンパク質を開発するEverGrain|世界最大…
  2. Finless Foodsが約40億円を調達、培養マグロの製造と…
  3. Veganzが開発したシート状の代替ミルク製品Mililk|環境…
  4. 食品廃棄物を活用してマイコプロテイン由来の代替肉を開発するMyc…
  5. Orbillion Bio、欧州35ヵ国への培養牛肉販売に向けて…
  6. オーストラリアの培養羊肉企業Magic Valley、アニマルフ…
  7. 培養肉企業アレフ・ファームズ、培養コラーゲン事業への参入を発表
  8. フィンランドの研究チームが細胞培養によるコーヒー生産に成功

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

細胞培養によるカキを開発するアメリカ企業Pearlita Foodsとは

細胞を培養して動物肉、魚肉を開発する企業が近年、増加している。培養肉の開発が進む…

バイオテック企業が培養ペットフードを開発するGood Dog Foodを設立

スコットランドのリーディングバイオテック企業Roslin Technologie…

Mycorena、マイコプロテイン由来のバター試作品を発表

マイコプロテインを活用した代替肉を製造、販売するスウェーデン企業Mycorena…

チリのユニコーン企業NotCoが約259億円を調達、アメリカに続き欧州・アジアを目指す

代替ミルクなどプラントベース食品を開発するチリのユニコーン企業NotCoがシリー…

シンガポール・イスラーム評議会、特定条件下で培養肉をハラールと認定

シンガポールで唯一、ハラール認証を発行する権限を有するシンガポール・イスラーム評…

米Bowlton Kitchensの1時間に300の調理が可能な料理ロボット、在庫管理も自動化

このニュースのポイント●Bowlton Kitc…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/15 12:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/15 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/16 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/15 17:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/15 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/15 20:58時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP