Foovo Deep

All G Foodsが約34億円を調達、細胞農業に特化したVC主導のインフラ構築進む

 

精密発酵による乳タンパク質、植物由来の代替肉を開発するオーストラリア企業All G Foodsは先月、シリーズAラウンドで2500万ドル(約34億9000万円)を調達した。All G Foodsは調達した資金で乳タンパク質と植物成分を使った代替食の生産技術を強化する。

このラウンドは細胞農業に特化したイギリスのベンチャーキャピタル(VC)Agronomicsと、Agronomicsの細胞農業専門の系列VC、New Agrarian Companyが主導した。

All G Foodsは2月にもオーストラリアの大手スーパーチェーンWoolworths(ウールワース)から資金調達を実施しており、調達総額は4100万ドル(約57億円)となった

「今後7年で牛由来の乳製品よりも安くしたい」

出典:All G Foods

オーストラリアメディアFinancial Reviewの報道によると、All G Foodsは精密発酵技術を使用したミルク製品をすでに開発している。同社チームは、水、砂糖、乳タンパク質の遺伝子を挿入した微生物をいれる大型のバイオリアクターを構築したという。

All G Foods創業者のJan Pacas氏は、「今後7年で牛由来の乳製品よりも安く購入できるようにしたいです」とコメントしている。

出典:All G Foods

2021年設立のAll G Foodsはオーストラリアの数少ない精密発酵企業だが、植物肉の製造販売も手掛ける点では、同国で「オンリーワン」といえる。同社は植物肉による収益は、300万ドル以上1000万ドル未満だと明かしている。

精密発酵由来の代替ミルクを中国、シンガポール、オーストラリアで上市したいと考えており、オーストラリアでは年内に認可が取得できるとPacas氏は期待している。同社はまた、世界で初めて培養肉の販売を認めたシンガポールに代替ミルク製品を導入することにも注力するとしている。

細胞農業業界のボトルネック、インフラに投資するAgronomics

出典:All G Foods

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:All G Foods

 

関連記事

  1. 主食のイノベーションに挑む日本企業ベースフード、目指すのは「健康…
  2. 食肉生産者を培養肉生産者に変えるドイツ企業Innocent Me…
  3. 細胞培養により牛乳を開発するBrown Foodsが約3.2億円…
  4. Avant Meatsが中国バイオ医薬品企業QuaCellと提携…
  5. イスラエルのMeaTechが新たに培養豚肉の開発始動を発表
  6. Motif FoodWorksが約249億円を調達、植物肉をアッ…
  7. 中国企業HaoFoodのピーナッツを原料とする代替肉が上海レスト…
  8. UPSIDE Foodsが培養シーフード企業Cultured D…

おすすめ記事

韓国企業Zikooinは廃棄される穀物を使って代替肉Unlimeatを開発

韓国のスタートアップ企業Zikooinは、ユニークな方法で代替牛肉Unlimea…

パーソナライズ化された次世代自販機のBolkが約5億円のシード資金を調達

次世代自販機を開発するBolkが、シードラウンドで400万ユーロ(約5億2000…

ビールの醸造で発生する廃棄大麦をアップサイクルするReGrainedとは

アメリカ、デラウェア州を拠点とするReGrainedは、ビールの醸造で発生する大…

MeaTechの子会社Peace of Meat、培養肉の実証プラント建設を年内に開始

イスラエルの培養肉企業MeaTechは、子会社のPeace of Meatが新た…

Nature’s Fyndが菌類由来の代替肉を米ホールフーズで発売、来年には大規模工場を稼働

微生物発酵により代替肉や代替乳製品を開発するアメリカ企業Nature's Fyn…

米UPSIDE Foodsが培養鶏肉の提供でミシュラン星付きシェフと提携

カリフォルニアを拠点とする培養肉スタートアップUPSIDE Foodsが、ミシュ…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/07 17:04時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/07 20:40時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/07 14:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/07 07:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(02/07 16:42時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP