代替プロテイン

カーギルがマイコプロテインの英ENOUGHと販売契約を締結

 

カーギルは今月、マイコプロテインを開発する英ENOUGHとの提携拡大を発表した。同時に、ENOUGHのシリーズCラウンドに出資し、同社マイコプロテインを使用、販売するための契約を締結したことを発表した。

提携拡大により、カーギルはENOUGHのマイコプロテイン「ABUNDA」を使用した栄養価の高い代替タンパク質製品をクライアント企業と共同開発していく。

(*)2033年までに累積100万トンのマイコプロテイン生産を目標にかかげるENOUGHにとって、カーギルとの提携拡大は世界各地での事業拡大の加速につながるものとなる。

(*)公開当初、2032年と誤表記しておりました。大変失礼いたしました。2024年6月12日修正済み。

カーギルで代替肉・乳製品部長を務めるBelgin Kose氏は、「カーギルがENOUGHとの提携を強化するのは、世界人口の増加に対応するために、より持続可能な方法で作られたより多くのタンパク質が必要とされているからです。マイコプロテインには肉のような食感、タンパク質プロファイル、拡張性、サステナビリティなど多くの利点があり、革新的な役割を持つ新素材です」と述べている。

カーギル、ユニリーバとの提携

出典:ENOUGH

ENOUGHは穀物由来の糖を菌類に供給し、ビール、ワインなどの自然な発酵プロセスでマイコプロテイン「ABUNDA」を生成している。菌類に与える主原料にはカーギルのグルコースシロップを使用し、発酵プロセスでは廃棄物は生じない。

AgFunderの報道によると、発酵で生じる廃液は、近接するカーギルのバイオエタノール施設に供給される。

ABUNDA」は植物由来肉よりもさらに資源効率が良い。大豆と比較して水の使用を29%、炭素排出量を53%削減できるほか、生産に必要な原料(飼料)も40%少ないという

カーギルとENOUGHはすでに多面的な提携を構築している。ENOUGHは2022年10月、オランダのサス・ファン・ゲントにあるカーギルの施設近くに15,000㎡の工場を建設した。この工場は初期では年間1万トンのマイコプロテイン生産能力となるが、5年以内に年産6万トンになる見込みとなる

出典:ENOUGH

ENOUGHはユニリーバとも提携している。2021年5月、ユニリーバの代替肉ブランド・ベジタリアンブッチャーに「ABUNDA」を使用するため二社は提携した

提携から2年以上たつが、ベジタリアンブッチャーの英公式サイトにはマイコプロテイン「ABUNDA」を使用した製品は確認できていないため、発売はまだのようだ。ENOUGHは過去には培養脂肪のPeace of Meatとも提携しているが、Peace of Meatは昨年4月に閉鎖されている

他社が「ABUNDA」を使用した製品を発売したというニュースも確認できていないため、商品開発のために企業向けの原料販売はしていると思われるが、「ABUNDA」を使用した製品が市場に流通するのはこれからだと思われる。

カーギルとの提携拡大により、「ABUNDA」を使用した代替肉製品がCrave Houseなどカーギルのブランドから発売されると、マイコプロテインによる代替タンパク質開発がさらに加速していくだろう。

 

参考記事

Cargill and ENOUGH expand partnership to provide consumers with innovative, sustainable protein options

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:ENOUGH/Cargill

 

関連記事

  1. 精密発酵でカゼインを開発するEden Brewが約37億円を調達…
  2. ミシュラン星付きシェフと再生医療研究者が立ち上げた培養肉企業ダイ…
  3. ネスレも細胞農業による代替母乳産業に参入か?
  4. 微生物を活用してアニマルフリーなチーズを開発するFormo、年内…
  5. 中国の培養肉企業Jimi Biotechnologyが100%培…
  6. 【世界初】TurtleTreeが精密発酵ウシラクトフェリンでGR…
  7. 米イート・ジャスト、年内または2022年に30億ドルのIPOを目…
  8. 植物の葉から食用タンパク質を開発するLeaft Foodsが約1…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

The Food Robotics Summit2021に登場したフードロボット・次世代自販機9社

2021年5月19日、海外フードテックメディアThe Spoon主催のArtic…

EUが出資するFEASTSが発足:欧州における培養肉・培養シーフードの未来を拓く共同研究コンソーシアム

先月、培養肉・培養シーフードに関する欧州のコンソーシアムFEASTS(Foste…

微生物発酵で赤色着色料を開発するChromologicsが約8億円を調達

微生物発酵により着色料を開発するChromologicsが、シードラウンドを60…

「競争よりも共創」代替肉で環境問題に挑むネクストミーツが目指すものとは

メディアの注目を集め続けるフードテック企業がある。「地球を終わらせない」という理…

Hyper-Robotics、「箱」の中でロボットがピザを作る完全自動化レストランをローンチ

イスラエルで完全自律型のロボットレストランを開発するHyper-Robotics…

精密発酵で乳タンパク質を開発するBon Vivantが約24億円を調達、2025年の米国進出を目指す

画像はイメージ精密発酵で乳タンパク質を開発するフランス企業Bon Vivantが今月、シードラウ…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/20 13:06時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/19 22:32時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/20 02:17時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/19 18:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/20 11:33時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/19 21:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP