代替プロテイン

子どもが培養肉を知るための絵本のクラファンがスタート

 

動物を殺さずに、動物から採取した細胞を培養して生産される動物肉を培養肉という。

培養肉はあと5年~10年ほどで動物肉と同等価格になるといわれており、2040年には消費される肉の6割が、培養肉か植物肉になると予想されている。

10年後には、「畜産肉を食べたことがない」子どもが出現してもおかしくないし、いま小学生の子どもたちが親になる頃には、畜産肉を食べる機会が希少になるかもしれない

培養肉が求められる背景には、畜産による温室効果ガスが全体の約15%を占めること、畜産には広大な土地と水を必要とすることがある。2050年に約100億人に達する世界人口の胃袋を満たすには、現在の畜産には限界があり、新しいタンパク質の生産方法が求められている。

この解決方法として期待されている細胞農業技術について、子どもでも理解できる絵本を制作する取り組みが海外で行われている。

ホットドッグはどこから来た?

出典:Where Do Hot Dogs Come From?

Where Do Hot Dogs Come From?」は、3歳~7歳を対象に、動物の細胞から食肉を作る新しい生産方法と技術の仕組みについて知ってもらうことを狙いとしている。

本は、共同制作者Anita Broellochs氏の幼少時代の経験がベースとなっている。

ドイツ南部の農場で育ったAnitaは、裏庭で飼育されている牛たちと「友達」だと思っていたが、ある時、自分が食べるソーセージや肉がすべて「彼ら」からやってくることを知る。

本は、家族がバーベキューする様子を通じて、細胞農業の仕組みに触れる内容となっている。

昨年12月にシンガポールのレストランで世界で初めて培養肉が販売されたことは記憶に新しい。

出典:Where Do Hot Dogs Come From?

共同制作者は、培養肉が大衆化するまではあと10年~15年と聞いた時、若い世代にとって、このテーマがいかに重要であるか考え始めたという。

「今の若者が、世界を劇的に変えうるこの技術に取り組むよう促されたらどうなるでしょうか?」

今の子どもたちは次の世代の科学者、イノベーター、起業家になる。彼らがSTEM教育とともに細胞農業の仕組みを知り、理解することは、より良い食品システムを構築すううえで欠かせない。

子どもたちが早期から細胞農業技術に親しむことで、食料危機と地球環境問題を解決する新しい方法を思いつくかもしれない。

クラウドファンディングを実施中

Alex Shirazi氏(左)、Anita Broellochs氏(中央)、Gabriel Gonzalez氏(右)出典:Where Do Hot Dogs Come From?

「Where Do Hot Dogs Come From?」を制作したのは、フードテックなどに関する会議・イベントを主催するSVCMSの共同創業者であり、培養肉と未来の食に関するポッドキャストを配信するAlex Shirazi氏、培養肉スタートアップBalleticFoodsのCEO・創業者Anita Broellochs氏、イラストレーターのGabriel Gonzalez氏の3名。

現在、「Where Do Hot Dogs Come From?」のクラウドファンディングがキックスターターで実施されている。

20ドルで支援すると、PDFなどE-Book版と印刷された冊子(A4)が発送される。25ドルで支援すると、E-Book版、冊子に加え、初版の絵本(フルカラー)をもらえる。

ほかにも、ファミリー用、学校教育用のプランが用意されている。いずれも今年10月に発送され、対象エリアは世界各国となる。

Foovoは25ドルの初版付きで支援したので、届いたら改めてレビューしたい。

 

参考記事

This Children’s Book Wants To Inspire Future Cell-Based Meat Makers

 

おすすめ記事

アイキャッチ画像の出典:Where Do Hot Dogs Come From?

 

関連記事

  1. ユニリーバ、植物性の代替肉・代替乳製品の年間売上目標を約1200…
  2. Novameatがスペイン政府から約3100万円を調達、世界トッ…
  3. Orbillion Bio、欧州35ヵ国への培養牛肉販売に向けて…
  4. ScaleUp Bio 、食品用途の2つの精密発酵施設を来年シン…
  5. 「食品発酵業界のボトルネック解消」を目指すplanetaryが約…
  6. チリのユニコーン企業NotCoが約259億円を調達、アメリカに続…
  7. タバコ植物で培養肉のコスト削減を目指すBioBetterが約14…
  8. ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio

おすすめ記事

【参加レポート】第1回フードテックジャパン展示会

日本初となる第1回フードテックジャパン展示会が開催された(2020年11月25-…

培養魚のWanda Fishがタフツ大学と独占的ライセンス契約を締結

イスラエルの培養魚スタートアップWanda Fishは、培養魚の開発でタフツ大学…

個人から企業まで|貼るだけで果物の鮮度を保持するシールを開発したRyp Labsとは

アメリカ、ワシントン州を拠点とするRyp Labsは、果物の保存期間を最大14日…

代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替マグロ寿司の提供を目指す

サンフランシスコのフードテック企業Kuleanaは、クロマグロを使わない「リアルな寿司」を開発中だ。…

食料品配達のパーソナライズ化を実現するHungryrootが約44億円を調達|AIで買い物を予測

AIを活用してパーソナライズ化された食料品デリバリーを提供するHungryroo…

夕飯の準備は出社前の2分で完了!冷蔵機能のあるスマート調理器具Suvie

仕事の帰宅途中、スーパーによって食材を購入し、自宅で夕飯の支度をする…そ…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/28 20:05時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(11/28 13:42時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(11/28 06:07時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(11/28 16:02時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP