Foovo Deep

菌糸体生産のB2Bソリューションを開発するKyndaがドイツ政府から助成金を獲得

 

ドイツのバイオマス企業Kyndaは、ドイツ連邦食糧農業省から非希薄化(Non-dilutive)*による助成金を獲得したことを発表した

*非希薄化な資金調達とは、資金調達後に既存株主の株比率が減らないものをいう。

助成金は、ドイツ食品技術研究所(DIL Deutsches Institut für Lebensmitteltechnik e.V.)と共同で実施する「画期的な」プロジェクトにあてられる。

Kyndaは2022年12月、DILに自社のバイオリアクター1基を研究用に納入したこのプロジェクトでは、Kyndaのバイオリアクターと食品業界の副産物を利用して食用菌糸体を大量生産するためのプロセスの最適化を目指すとしている。

今年にはドイツ、Olaf Lies(オラフ・リース)・ニーダーザクセン州経済・運輸・建設・デジタル化大臣がDILにあるKyndaのバイオリアクターを視察し、菌糸体を使用したソーセージ、サラミを試食するなど、政府からの関心の高さがうかがえる。

食品・原料メーカーを菌糸体生産者に変えるB2Bソリューション

出典:Kynda

キノコの「根」としての役割を果たす菌糸体は、土壌の下に生い茂る長く微細な繊維からなる広大なネットワークであり、自然の隠れた宝物のひとつとして、昨今は食品開発に活用されている。

菌糸体が持続可能な未来の食生産の鍵を握ると確信するKyndaは、Daniel MacGowan- von Holstein氏Franziskus Schnabel氏によって2019年に設立された。

Holstein氏は、菌糸体からクリーンで地元産の持続可能な代替肉を作るため、2020年に経営していたハンバーガーレストランを売却した。

「市場が求めているのは別の代替肉ブランドではなく、バイオマス発酵のためのプラグアンドプレイのバイオリアクターを供給する企業だ」と認識した両氏は、バイオリアクターの不足を解決するためKyndaを設立する。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Kynda

 

関連記事

  1. GOOD Meatが培養肉生産に無血清培地を使用する認可をシンガ…
  2. オランダ企業The Protein Brewery、マイコプロテ…
  3. 昆虫由来の代替タンパク質に取り組むTebritoが約1億円を調達…
  4. 二酸化炭素からタンパク質を作る英ディープ・ブランチ、アイスランド…
  5. マレーシアの培養肉企業Cell AgriTechが2024年末ま…
  6. 農作物の残り物を有用成分にアップサイクルするComet Bioが…
  7. 廃棄される果物の皮からドライフルーツを製造するRINDが約6.7…
  8. 代替肉ビヨンドミートが初の海外工場となる中国生産施設をオープン

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

菌糸体肉の米Meati Foodsが約155億円を調達、6000箇所以上の小売店に拡大

菌糸体肉を開発する米Meati Foodsは今月、シリーズC1ラウンドで1億ドル…

砂糖削減に取り組むBetter Juice、ドイツにパイロット施設の設置を発表

砂糖削減テックに取り組むイスラエルのBetter Juiceは、ドイツにパイロッ…

TiNDLE Foodsが米スーパーで代替鶏肉製品を発売、来年には全米の小売店で発売へ

シンガポールの代替肉企業TiNDLE Foods(旧Next Gen Foods…

代替母乳を開発するTurtleTreeがシリーズAで約34億円を調達

シンガポール、アメリカを拠点とする代替母乳企業TurtleTreeがシリーズAラ…

精密発酵チーズのNew CultureがCJ第一製糖と提携、2023年に上市を計画

精密発酵でチーズを開発する米New Cultureは今月、韓国のCJ第一製糖から…

菌糸体で代替ステーキ肉を開発する英Adamo Foodsが約2.7億円を調達

菌糸体から代替肉を作るイギリスのスタートアップ企業Adamo Foodsは先月、…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/21 21:45時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/22 01:23時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/22 11:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/21 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP