Foovo Deep

牛を使わずに乳製品を開発するDe Novo Dairy|南アフリカ初の精密発酵プレーヤー

 

南アフリカで代替タンパク質に取り組む企業が増える中、今年設立されたDe Novo Dairy(デノボデイリー)は、精密発酵によりアニマルフリーな乳製品を開発している。

同社は、昆虫由来の乳製品を展開するスタートアップGourmet Grubbの共同創業者であるJean Louwrens氏・Leah Bessa氏に、Joni SymonRichard Grievesが加わり2021年に設立された。

牛を使わずに分子的に同等な乳タンパク質を開発するDe Novo Dairy

南アフリカ、ケープタウンを拠点とするDe Novo Dairyは精密発酵という技術を使い、牛ではなく酵母を使うことで、分子的に同等な乳タンパク質を開発している。

この背景には、動物を犠牲にすることなく、従来の乳製品と同じ栄養、食感、機能性を備えた代替乳製品を再現したいという考えがある。これにより、環境負荷を軽減し、高まる世界人口の需要を満たす食料供給を実現できる可能性がある。

De Novo Dairyは、ベーキングからヨーグルト、チーズなどに使用できる製品の開発を目指している。精密発酵で生産される乳製品は、乳糖を含まないほか、本物の牛乳と同じ食感と栄養素を備える。

「本質的にはビールの醸造に似ていますが、アルコールを作る酵母の代わりに、非動物性乳製品を作る酵母を作ることで、チーズ、アイスクリーム、ミルクなど真の機能性を備えた乳製品を作ります」(共同創業者・Jean Louwrens氏)

このアイディアを最初に思いついたのはアメリカのパーフェクトデイだった。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像はイメージ

 

関連記事

  1. 米Matrix F.T.が独自マイクロキャリアで作成した培養鶏肉…
  2. 代替ハチミツの米MeliBioが約6.7億円を調達、今春より生産…
  3. 米Nepra Foods、製パン用の代替卵白粉末の商用生産を開始…
  4. 米ビール大手のモルソン・クアーズが植物性ミルク市場へ進出
  5. チョコレート大手のマース、精密発酵由来の乳タンパク質を使ったチョ…
  6. アメリカのマクドナルドがマックプラントを導入!11月から8店舗で…
  7. Yali Bioが精密発酵による代替乳脂肪を使用したアイスクリー…
  8. オランダのFarmless、約7.5億円を調達し農地不要のタンパ…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

MycorenaとRevo Foodsが3Dプリント用マイコプロテインの開発で約2.1億円の欧州助成金を獲得

マイコプロテインで代替肉や代替バターを開発するスウェーデン企業Mycorenaは…

Aqua Cultured Foodsが微生物発酵による代替イカを今年後半に発売

シカゴを拠点とするフードテック企業Aqua Cultured Foods(アクア…

ビールの醸造で発生する廃棄大麦をアップサイクルするReGrainedとは

アメリカ、デラウェア州を拠点とするReGrainedは、ビールの醸造で発生する大…

誰もが食べられるグルテンを開発するUkko、食品アレルギーにパラダイムシフトを起こす

Beyond Celiacによると、1800万人のアメリカ人がグルテンアレルギー…

細胞を培養して代替母乳を開発するTurtleTreeが約6億3千万円を調達

このニュースのポイント●代替母乳を開発するシンガ…

ソーラーフーズが約13億円を調達、来年前半に商用工場Factory 01を稼働

二酸化炭素と微生物を活用して代替タンパク質ソレインを開発するソーラーフーズ(So…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/14 12:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/14 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/15 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/14 17:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/14 10:45時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/14 20:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP