代替プロテイン

黄身・白身・殻を再現した植物性代替卵を開発するNeggstが約6.9億円を調達

 

ドイツ、ベルリンを拠点とする代替卵スタートアップのNeggstは、シードラウンドで500万ユーロ(約6億9400万円)を調達した。

アーリーステージのフードテック企業に出資するドイツのベンチャーキャピタルGreen Generation Fundが主導した。これはNeggstにとって初の資金調達となり、同社は次の資金調達ラウンドに向けて、投資家と話し合いをしているという。

Neggstは、白身、黄身、殻を持つ植物由来の代替卵を開発している。

イート・ジャストが製造販売する植物性液体卵JUST EggYO-EggFloat Foodsなどの企業が開発した黄身と白身が分かれた代替卵など、代替卵の開発では多様化・差別化が進むが、殻まで再現した企業はNeggstが初だと思われる。

共同創業者のVeronica Garcia-Arteaga氏 出典:Neggst

Neggstは、フラウンホーファー研究所所属のVeronica Garcia-Arteaga氏と、ドイツの室内農場スタートアップINFARMに所属していたPatrick Deufel氏が2021年に設立した。

Neggstは単なる卵の置き換えではなく、改良された代替卵の開発を目標としている。同社の代替卵は栄養、味、外見、機能性で従来の鶏卵と区別できないものだという。

成分のほとんどは植物性で、防腐剤、香料、着色料は使用していない。殻には生分解性バイオプラスチックを使用しているため、鶏卵のように壊れやすいという。

代替卵が消費者に受け入れられるためには、味・食感で納得のいくものでなければならない。Neggstは2年間にわたる集中的な研究開発、高度な技術、複雑なプロセスによってこれを実現した。

約100名を対象とした最初のブラインド試食会では、85%の参加者が鶏卵とNeggstの代替卵どちらを使用したか判断できなかったという。さらにキッシュの場合、参加者全員がNeggstの代替卵を使用したものをより高く評価したという

出典:Neggst

海外メディアによると、卵黄、卵白、殻の開発は完了しているが、殻に充填する技術はまだ業界標準に達していない。代替卵の市場投入は2023年末を予定しているが、それに先立ち、容器に入った液体製品として市場投入を考えているようだ

外食産業とのパイロットプロジェクトは進行しており、将来は小売店での販売も視野に入れている。

 

参考記事

Neggst Raises €5M for Whole Vegan Egg With Shell

Berlin-based Neggst pecks into €5 million for its pioneering plant-based egg

Start-up entwickelt vegane Ei-Alternative, die Hühnerei täuschend ähnlich ist

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Neggst

 

関連記事

  1. Biftekがシンガポールの培養肉企業へ最初の増殖培地サンプルを…
  2. 食品製造で発生する廃糖水で菌糸体粉末を作るHyfé Foodsが…
  3. 世界初|スペインの乳製品メーカー、細胞農業による乳製品開発を支援…
  4. 「競争よりも共創」代替肉で環境問題に挑むネクストミーツが目指すも…
  5. 小麦胚芽由来の低コスト成長因子を開発する名大発スタートアップNU…
  6. 中国の植物肉企業Starfieldが約114億円を調達、湖北省に…
  7. 植物を活用してアニマルフリーな乳製品を開発するMirukuが約3…
  8. 3Dプリンター製サーモンを開発するRevo Foodsが約1億9…

おすすめ記事

MeliBio、高級レストランで蜜蜂フリーなハチミツの提供を期間限定で開始

精密発酵により蜜蜂を使うことなくハチミツを開発する米MeliBioが、サンフラン…

培養牛肉バーガーで早期の米国上市を目指すSCiFi Foodsが約30億円を調達

細胞培養による培養牛肉を開発する米SCiFi Foodsは、最初の商品として培養…

タイ食品大手のCPフーズがイスラエルの培養肉企業フューチャーミートと培養ハイブリッド肉の開発で提携

イスラエルの培養肉企業フューチャーミート(Future Meat)は23日、タイ…

中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植物肉バーガーを全国で一斉発売

中国のファーストフード大手Dicosが植物由来代替肉に取り組む中国企業Starf…

タイソンが出資するNew Wave Foodsが代替エビをアメリカの飲食店で発売

アメリカのスタートアップ企業New Wave Foodsは、アメリカの飲食店で植…

夕飯の準備は出社前の2分で完了!冷蔵機能のあるスマート調理器具Suvie

仕事の帰宅途中、スーパーによって食材を購入し、自宅で夕飯の支度をする…そ…

精密発酵レポート販売のお知らせ

代替脂肪セミナー開催のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/30 19:31時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(09/30 13:11時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(10/01 05:30時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(09/30 15:33時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP