代替プロテイン

黄身・白身・殻を再現した植物性代替卵を開発するNeggstが約6.9億円を調達

 

ドイツ、ベルリンを拠点とする代替卵スタートアップのNeggstは、シードラウンドで500万ユーロ(約6億9400万円)を調達した。

アーリーステージのフードテック企業に出資するドイツのベンチャーキャピタルGreen Generation Fundが主導した。これはNeggstにとって初の資金調達となり、同社は次の資金調達ラウンドに向けて、投資家と話し合いをしているという。

Neggstは、白身、黄身、殻を持つ植物由来の代替卵を開発している。

イート・ジャストが製造販売する植物性液体卵JUST EggYO-EggFloat Foodsなどの企業が開発した黄身と白身が分かれた代替卵など、代替卵の開発では多様化・差別化が進むが、殻まで再現した企業はNeggstが初だと思われる。

共同創業者のVeronica Garcia-Arteaga氏 出典:Neggst

Neggstは、フラウンホーファー研究所所属のVeronica Garcia-Arteaga氏と、ドイツの室内農場スタートアップINFARMに所属していたPatrick Deufel氏が2021年に設立した。

Neggstは単なる卵の置き換えではなく、改良された代替卵の開発を目標としている。同社の代替卵は栄養、味、外見、機能性で従来の鶏卵と区別できないものだという。

成分のほとんどは植物性で、防腐剤、香料、着色料は使用していない。殻には生分解性バイオプラスチックを使用しているため、鶏卵のように壊れやすいという。

代替卵が消費者に受け入れられるためには、味・食感で納得のいくものでなければならない。Neggstは2年間にわたる集中的な研究開発、高度な技術、複雑なプロセスによってこれを実現した。

約100名を対象とした最初のブラインド試食会では、85%の参加者が鶏卵とNeggstの代替卵どちらを使用したか判断できなかったという。さらにキッシュの場合、参加者全員がNeggstの代替卵を使用したものをより高く評価したという

出典:Neggst

海外メディアによると、卵黄、卵白、殻の開発は完了しているが、殻に充填する技術はまだ業界標準に達していない。代替卵の市場投入は2023年末を予定しているが、それに先立ち、容器に入った液体製品として市場投入を考えているようだ

外食産業とのパイロットプロジェクトは進行しており、将来は小売店での販売も視野に入れている。

 

参考記事

Neggst Raises €5M for Whole Vegan Egg With Shell

Berlin-based Neggst pecks into €5 million for its pioneering plant-based egg

Start-up entwickelt vegane Ei-Alternative, die Hühnerei täuschend ähnlich ist

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Neggst

 

関連記事

  1. イート・ジャストが中国ファンドから約34億円を調達、代替卵JUS…
  2. 2020年の代替タンパク質投資額は31億ドルとGFIが報告、過去…
  3. 米UPSIDE Foodsが培養鶏肉の提供でミシュラン星付きシェ…
  4. 代替母乳のTurtleTree、カリフォルニアに研究施設開設を発…
  5. 草食動物の腸内細菌で代替タンパク質を開発する米SuperBrew…
  6. 培養ウナギ肉の開発に取り組む北里大学・池田大介准教授にインタビュ…
  7. 培養魚を開発するBlueNaluが史上最大の約62億円を調達、パ…
  8. 培養シーフードのAvantが約14億円を調達、来年パイロット工場…

おすすめ記事

【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020年】

この記事では、培養肉開発に取り組む国内外のベンチャー企業20社を紹介する。培養肉とは、牛…

二酸化炭素からタンパク質を作る英ディープ・ブランチ、アイスランド国営電力会社と提携

二酸化炭素を原料に持続可能で高品質な食品・飼料用タンパク質を開発するイギリス企業…

韓国の代替肉企業Zikooinが約26億円を調達、植物肉工場を来年稼働

韓国の代替肉スタートアップZikooinは先月、2300万ドル(約26億円)を調…

香港グリーンマンデーの代替豚肉オムニポークが米国上陸

グリーンマンデーが今年後半にもアメリカ市場へ本格参入する。具体的には、グ…

青果物の鮮度保持期間を延ばすHazel Technologiesが約76億円を調達

アメリカ農務省(USDA)によると、アメリカでは供給される食料の30-40%が廃…

中国の培養肉業界の今をクローズアップ-2021年11月-【政策/企業の開発動向/投資動向/法規制】

今年、中国の培養肉企業2社に対し資金調達が実施された。この記事では、中国…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/07 17:04時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/07 20:40時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/07 14:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/07 07:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(02/07 16:42時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP