Foovo Deep

レタスを活用して乳タンパク質を開発するイスラエル企業Pigmentum

 

植物を使った代替乳製品や、微生物を活用した精密発酵による代替乳製品の開発が進むなか、レタスを活用して乳タンパク質を開発する企業が登場した。

その手法とは、植物に遺伝子を導入し、植物を「バイオリアクター」「ミニ工場」として目的の成分を生産する分子農業だ。

Tal Lutzky氏Amir Tiroler氏Alexander Vainstein教授の3名により設立されたイスラエル企業Pigmentumは、ロメインレタスを使って乳タンパク質の1つ、カゼインタンパク質を生産している。

レタスを活用して乳タンパク質を開発するPigmentum

出典:Pigmentum

Pigmentumは遺伝子組換えしたロメインレタスを温室に植え、特別な肥料で栽培し、数週間後に収穫する。通常のレタスにはもちろん、カゼインタンパク質は含まれていない。

一見すると普通に見えるレタスがカゼインタンパク質を生産できるのは、遺伝子組換えされているからだ。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Pigmentum

 

関連記事

  1. 肉屋出身者が立ち上げたIvy Farm|2023年までに英国で培…
  2. ジャガイモで卵白タンパク質を開発するPoLoPoが約2.3億円を…
  3. ADMがAir Proteinと空気タンパク質を使用した代替肉の…
  4. オランダのFarmless、約7.5億円を調達し農地不要のタンパ…
  5. 機械学習でタンパク質収量を増やす英Eden Bioが約1.6億円…
  6. バイオ3Dプリンターで植物性代替サーモンを開発するLegenda…
  7. 香港発の植物肉企業TN Meatが代替肉製品の販売をスタート、中…
  8. プラントベース×精密発酵を手掛けるAll G Foodsにオース…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

代替肉の米インポッシブルフーズが約560億円を調達、調達総額は2000億円を超過

代替肉企業インポッシブルフーズが最新のラウンドで5億ドル(約560億円)を調達し…

アレフ・ファームズ、イギリスで培養肉の申請書類を提出

イスラエルの培養肉企業アレフ・ファームズは今月、イギリスで培養ステーキ肉を販売す…

【2021年10月】代替シーフードの投資動向/大手、スタートアップの参入・提携状況

本記事は、2021年1月~9月までの代替シーフードの投資状況、大手×スタートアッ…

誰もが食べられるグルテンを開発するUkko、食品アレルギーにパラダイムシフトを起こす

Beyond Celiacによると、1800万人のアメリカ人がグルテンアレルギー…

米Thrilling Foods、層状の脂肪を含んだビーガンベーコンで特許を取得

アメリカ、ポートランドの代替タンパク質企業Thrilling Foodsは、植物…

精密発酵でカカオを使わずにチョコレートを開発する独QOAとは

ドイツ、ミュンヘンを拠点とするスタートアップ企業QOAは、カカオを使わないチョコ…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/20 11:39時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/20 20:45時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/21 00:11時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/20 17:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/20 10:22時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/20 20:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP